無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HR調査・研究 厳選記事 掲載日:2016/07/14

そもそも「正社員」って何?

岸川 宏(きしかわ・ひろし)

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

正社員登用や限定正社員等、正社員化についての制度運用の成功事例を聞いていると、「この人と働きたい」「この人が働き続けられるにはどうしたら良いのか」が、制度作りのきっかけであることが多いように感じます。

あらためて、これが様々な制度つくる上での本質だと感じました。法律などによって強制される制度の導入は、必要と思っていない企業にとっては窮屈なものでしかありません。制度を活かすも殺すも、いかに「運用できる」「利用する側にメリットがある」にかかっているようです。

一方、正社員化・正社員雇用を進める上でのデメリットとして、「コスト増」というキーワードも良く耳にします。下記、平成26年度版パートタイマー白書の調査結果です。

正社員登用・転換で感じるデメリット<複数回答>
正社員登用・転換で感じるデメリット<複数回答>

非正規労働者の雇用が「人件費の節約」という論点から考えれば、正社員雇用は=「人件費増」となってしまうのも“当たり前”なのでしょうか。

そもそも、賃金等を含む待遇は、労働力を提供する事による対価のはず。「正社員」として雇用するのですから「コスト(人件費)増」と捉えるには違和感を感じないでしょうか。

そもそも「正社員」って何?

それでは、そもそも正社員に求められるもの、正社員とはどういった存在なのでしょう?「無期雇用でフルタイム」もしくは、「会社の中で最も多い、通常の労働者」「能力のある人」「転勤できる人」「残業できる人」?

みなさんでしたら、どのように定義するでしょうか。意外に「これだ!」と定義することが難しいものです。人と仕事研究所で調査した過去のデータをピックアップしながら、探ってみたいと思います。

●「人柄」は従業員としての必須要件

まずは、平成26年版パートタイマー白書より。

企業に「前職が非正規雇用だった20代、30代の労働者を自社の正社員として採用するとしたら、何を重視するか」を聞いたものです。

若年非正規雇用者を自社の正社員にする際に何を重視するか<複数回答>
若年非正規雇用者を自社の正社員にする際に何を重視するか<複数回答>

採用選考とする意識が強いので、「本人の性格・人柄」が圧倒的に高い結果となっています。それ以外では、「職業経験」「正社員での就労経験」等と続きます。「人柄」については、通常の採用と同じで常に求められるもの。「職業経験」は、自社で発揮できる能力があるかどうかを測るもの。この次に「正社員経験」とありますので「正社員」であったことに、何らかの期待、価値を認めているということになりそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
雇用保険
休業支援金
ロックダウン世代
メンバーシップ型雇用
70歳定年制
従業員シェア
就労定着支援
黒字リストラ
就労パスポート
デジタル報酬