企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

環境型、対価型のほかに「制裁型」「妄想型」が!
最近増えている新型セクハラの類型と、企業がとるべき対処&未然防止策

「セクシュアル・ハラスメント」(以下、「セクハラ」という)は男女雇用機会均等法(以下、「均等法」という)11条で、「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」と規定されています。これは、多くの場合「相対的強者から相対的弱者へ行われる迷惑行為」です。しかし、近年では、この定義が必ずしも適切とは言えない状況も見受けられるようになってきました。

そこで、本記事では、「新型セクハラ」について解説するとともに、その対策を考えてみたいと思います。

1. 従来型のセクハラ類型とその特徴

セクハラについては、これまで「環境型」と「対価型」という分類が一般的でした。

「環境型」とは、就業環境として望ましくない状態が恒常的に続いている場合を指します。例えば、以下のような事例がそれに該当します。

「職場の目につく場所に他者が見て不快と思われるヌード写真が貼られている」、「自席で週刊誌のヌードグラビアをしげしげと眺めている」、「職場で 卑猥な話題を大きな声で話す」等、不特定多数の人に不快感をもたらし、職場の士気を損なうおそれのある行為。さらには「身体を触る」、また、「性的な情報 を意図的に流して、本人に苦痛を与える」といった特定の人を対象とした行為も含まれます。

一方「対価型」の場合、 該当するのは以下のような事例です。

「自分と性的な関係を持てば、昇進させてやると持ちかける」、「付き合わなければ査定を低くすると脅す」、「性的な関係を拒んだ相手を解雇する」などといった特定の相手に関係を強要するケースで、いわゆる典型的なセクハラとしてイメージしやすいタイプです。

しかし、筆者はこの2分法だけではセクハラの実態を十分に反映しているとは言えず、先に挙げた「環境型」と「対価型」のほかに、「制裁型」と「妄想型」を付け加える必要があるのではないかと考えます。

2. 新型セクハラその(1)―「制裁型」の特徴とケーススタディ

「制裁型」は、セクハラの加害者が持つ性差別的な価値観に端を発するものです。

例えば、「女性はサポート役に徹すべきで積極的に提案をすべきではない」、「女性は昇進を目指すべきではない」などという発言、さらには、そこから 外れた人を「指導」の名の下に抑圧するというものです。この場合、加害者は「自分の考えに異を唱えることは許さない」とばかりに、高圧的・独断的に振る舞 います。しかも、それを「教育」や「職場の秩序を守る」という感覚で行い、セクハラ行為をしているという自覚がまるでないのです。

この場合、「身体を触る」「性的関係を強要する」といった行為はないものの、加害者の行動や言動によって被害者の自己肯定感は著しく損なわれ、就業意欲も失われてしまいます。

(1)ケーススタディ

A子さんの上司であるB課長は「母親は子育てに専念すべき」という考えの持ち主で、育児休業から職場復帰してきたA子さんに対し、「どうして子どもがいるのに仕事をしたいのか? 子どもが可哀そうではないか?」と言う一方で、「仕事をするからには一人前に働くべきだ」と主張し、時短勤務を希望したA子さんに対して「仕事に対する姿勢がなっていない」と非難しました。

(2)解説

育児・介護休業法は、23条で、3歳未満の子を養育し、または要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者について、事業主に、勤務時間の短縮等の 措置を講じる義務を課しています。また、同法24条では、3歳から小学校就学前の子を養育し、または家族を介護する労働者についても、育児・介護休業制度 または勤務時間の短縮等の措置に準じた措置を講じるよう努力義務を課しています。

したがって、A子さんの時短勤務は当然認められるべきものです。また、「子どもがいる女性は仕事をすべきではない」という個人的な価値観を押し付ける態度は、上司として決して望ましいものとは言えません。

(3)とるべき対応

企業の相談窓口等が女性従業員からこのような相談を受けた場合にとるべき対応として、次のことが挙げられます。

【1】時短勤務の利用申出

育児・介護休業法に定める要件を満たす従業員からの申出である場合には、会社所定の申請書類等を提出してもらい、利用期間等を記載した短時間勤務取扱通知書等を手渡します。

【2】一方的な価値観の押付けの排除

管理職等でセクハラ・パワハラや産前・産後、育児期間中に労働者が利用できる諸制度に関する知識が不足している人については、研修等を実施することにより、自分の価値観を押し付けることのないよう指導する必要があると言えます。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理
令和2年の通常国会に提出された法改正の内容と企業実務への影響について、ビジネスガイドでは、4月号で「雇用保険、労災保険、高年齢者の雇用等の労働関係」の改正、5月...
2020/07/17掲載
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載

関連する記事

待ったなしのハラスメント対策 防止と早期解決に役立つおすすめサービスと選び方
2020年6月から、いわゆる「パワハラ防止法」が施行され、企業には雇用上必要な措置を講じることが義務付けられます。職場におけるハラスメントは企業の組織風土を悪化...
2020/03/03掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ハラスメントのないクリーンな職場への第一歩
管理職が自らのコミュニケーションを客観視する
管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」導入の手応え
パワーハラスメント対策の難しさは、当事者にその意識がなくても結果的にハラスメントになってしまうケースが多いことにあります。そこで注目されるのが、管理職がパワハラ...
2019/11/29掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?(後編)
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載人事マネジメント解体新書
「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアッ...
2019/08/01掲載編集部注目レポート
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

産業カウンセラー養成講座 無料体験会開催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...