企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

男性社員の育児休業取得率9割を実現
バリューを徹底し、社員を信頼することで急成長したメルカリ

株式会社メルカリ HRグループ マネージャー

石黒卓弥さん

株式会社メルカリ HRグループ マネージャー 石黒卓弥さん Photo

フリマアプリ「メルカリ」のサービスを展開し、急成長している株式会社メルカリ。「バリューに基づく評価制度」や「積極的なリファラル採用」など、人事関連で先進的な取組みを行っていることで知られます。中でも注目されるのは、男性社員の育児休暇取得率が9割を超えるほど高いこと。同社ではどのようにして、この数字を実現しているのでしょうか。「メルカリで働くのは、本当に楽しい」と断言する、同社HRグループマネージャーの石黒卓弥さんに、その秘訣をお聞きしました。
(聞き手:株式会社natural rights代表取締役 小酒部さやか)

プロフィール
石黒卓弥さん
石黒卓弥さん
株式会社メルカリ HRグループ マネージャー

いしぐろ・たかや/成長期のNTTドコモに新卒入社、ドコモでは営業、人事、新規事業会社立ち上げ、その後に新規サービスの企画運営を担当。2015年より現職。メルカリでは採用を中心とした人事企画を担当。
Twitter:https://twitter.com/takaya_i

なぜ男性社員の育休取得9割を実現できたのか

貴社の小泉文明社長が2ヵ月の育児休業を取得することが話題になっていますね。また、貴社では育児休業を取得した男性社員の割合が該当者の9割以上になるともうかがっています。

男性で育児休業を取得した人は、昨年だけで26人です。該当者のうち92%以上が育児休業を取得。エンジニアや管理職など、職責にかかわらず幅広い層が取得しています。

男性社員が育休を取得する際に、仕事の穴埋めはどのように行っているのですか。

弊社は現在、急速に変化している状況なので、必要に応じてプロジェクトの再構成があり、メンバーも柔軟性をもって配置されています。そのため、プロジェクトメンバーにとっては、育休取得者の仕事をフォローするために別のメンバーを再配置したり、新たにメンバーを採用したりすることは自然な変化のひとつです。このような弊社の柔軟な働き方を支えるものとして、全社員がスケジュールをWeb上で共有していることや、チャットを使ってリアルタイムに人の動きがわかることなど、さまざまなツールの活用があげられます。

育休中の給料を保障する制度があるそうですが、その概要をお聞かせください。また、育休期間はどのくらいですか。

出産・育児・介護を目的として休暇を取得する男性社員の場合、2ヵ月間を目安に給料を保障します。国からの手当は最大6割程度なので、その差額を保障する金額を復帰時に一時手当として支給します。育休の期間は法律通りですが、給料保障期間の2ヵ月がひとつの目安になっていますね。中には、1年間の取得を希望する社員もいます。

企業によっては、長期間の離職で仕事の能力が下がると考え、育休取得を敬遠する経営者もいます。

弊社では、そのようなことはありません。IT業界は技術の変化がめまぐるしいのは確かですが、キャッチアップはできると考えています。それに、育児や介護に携わることで幅が広がり、成長することができるとも考えています。

育休が取得しやすく、期間も長期にわたると、会社全体が人手不足になるなど影響は出ませんか。

育休に関係なく、やりたいことが多すぎて常に人手不足です(笑)。それでも、休まれては困る、というメンバーはほとんどいないのではないでしょうか。情報が簡単に共有できるので、誰かが代わりに仕事を遂行できるようになっているからです。また、困難な状況だからこそ楽しもう、と考える人ばかりです。

手厚い支援制度を整えたのは、メルカリの理念に共感し、目的を遂行できる情熱をもった人は貴重で、失いたくないからです。復帰してもらうメリットの方が採用コストと比べても圧倒的に大きく、理にかなっています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

編集部注目レポートのバックナンバー

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第12回】
1日10分、プロティアン瞑想がオススメ!
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/10/28掲載
職場のモヤモヤ解決図鑑【第8回】
在宅勤務で部下の成績が低下!? どうフォローしたらいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/10/23掲載
酒場学習論【第13回】立石「ブンカ堂」と健全で猥雑な職場
「コの字酒場」という言葉をご存じでしょうか。私が敬愛する呑み手で「コの字酒場評論家」としても知られる加藤ジャンプ氏は、コの字酒場について次のように語っています。...
2020/10/22掲載

関連する記事

社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載編集部注目レポート
「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載編集部注目レポート
男性の育児休業取得における阻害要因として最も多いのは、「業務を代替する人員の手配」で57.2%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。男性が育児休業を取得する際、どのようなことが阻害要因となっているのか。最も多かったのは「業務を代替す...
2016/07/15掲載人事白書 調査レポート
【用語解説 人事キーワード】
出生時両立支援助成金

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。