企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

Report

6割以上の採用担当者が、
学生に直にアプローチできる採用手法を検討
~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2014/11/26

『日本の人事部』は、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者など)に対して「2016年卒の新卒採用」に関するWEBアンケートを実施し、その結果をまとめました。(調査期間:2014年9月22日~10月7日、回答社数:220社)
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降と後ろ倒しになります。スケジュールの変更に伴い、採用計画の見直しを迫られる企業は少なくありません。新卒採用は、企業が持続的に発展・成長する上で欠かせないものです。将来、事業の中核を担い経営の中心となるコア人材の獲得は、採用担当者の大きなミッションといえます。企業は、目の前に迫った2016年卒の採用活動をどのように乗り越えようとしているのでしょうか。「2016年卒の新卒採用、選考開始時期」「2016年卒の新卒採用における採用手法」「2016年卒の新卒採用の後ろ倒しにより、懸念されること」について聞きました。

「採用選考の指針」に基づいて採用活動を行う企業が半数。
大手以外の企業では、後ろ倒しのスケジュールが不利に働くと懸念

2016年卒 新卒採用の選考開始時期を聞いたところ、「2015年3月」(27.1%)、「2015年4月」(15.3%)、「2015年8月」(11.8%)と、半数の企業が経団連の「採用選考の指針」に基づいて動くとの結果でした。「あまりに早い採用選考は大学教育への支障をきたす。経団連の採用指針に従う」とのコメントもあり、法を順守した上で、採用活動に臨む企業が多いようです。一方で、「指針には従うが、不人気企業なので苦戦が予想される」「2015年8月前に、インターンシップ、リクルーターによる実質的な選考活動が行なわれると予想している。大手企業の選考過程が不透明になることを懸念」という声も。認知度の低い企業や中小企業は、選考スケジュールの後ろ倒しにより、採用活動が困難になると感じているようです。

■図表1 2016年卒の新卒採用、選考開始時期は?
図表1 2016年卒の新卒採用、選考開始時期は?

学生との直接的な接点を強化。採用担当者の行動量が重要に

後ろ倒しのスケジュールで採用活動を行うにあたって、どのような採用手法を考えているかについて聞いたところ、「学内セミナーへの参加」(20%)、「インターンシップの実施」(18.5%)、「大学訪問の強化」(16.9%)、「合同説明会などの外部イベント参加」(12.3%)が上位を占めました。「これまでも学内セミナーには出展していたが、今年はさらに数を増やす」「待ちの採用をするのではなく、求める人物像に出会える可能性のあるイベントや説明会への参加を考えている」「今年はすでに9月から業務体感型のインターンシップを導入している。集客できる学生は対応する手間分少なくなるが、学生の反応は良い」などの声からも分かるように、採用担当者が積極的に動き、学生との直接の接点を増やそうとする動きが見られます。

■図表2 2016年卒の新卒採用における採用手法は?
図表2 2016年卒の新卒採用における採用手法は?

他社の動向を注視しながら、柔軟にスケジュールを見直す必要あり

2016年卒の新卒採用の後ろ倒しにより、懸念されることについて聞いたところ、「他社とのバッティングの増加」(22.4%)が最も多く、続いて「採用予定数の確保が困難」(17.9%)、「学生との接触機会の減少」(14.9%)という結果になりました。「各社のにらみあい、ばかしあいになってしまいそうで、スケジュールが立てにくい」との声もあり、採用担当者は、例年以上に他社の動向に気を配りながら、自社の採用計画を都度見直し、柔軟に対応できるよう準備していくことが求められそうです。

■図表3 2016年卒の新卒採用の後ろ倒しにより、懸念されることは?
図表3  2016年卒の新卒採用の後ろ倒しにより、懸念されることは?

回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014g

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :2014年9月22日~10月7日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:220社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアッ...
2019/08/01掲載
社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載
どういう生き方をするのか、そもそもなぜ働くのか――。
人生そのものを考えさせる教育が社員の仕事への意欲を高める
長時間労働の削減が叫ばれる現在、仕事を選んで効率的に利益を上げたい、と考える企業も多いのではないでしょうか。そんな中、小さな工事でも断らず、顧客の信頼を得ること...
2018/06/19掲載

関連する記事

配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート
2020年卒採用では、大学3年の6月以前に学生との接触を開始した大手企業が、大幅に増加
2019年卒採用において、選考に影響を与えることを前提に学生との接触を開始した時期を聞いたところ、最も多かったのは「2018年3月」で18.9%。「2017年6...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
インターンシップを効果的に実施するポイントと
外部ソリューション活用のヒント
新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあるインターンシップについて、効果的な実施方法をまとめました。メリットを確認するとともに、種類や取り組み事例、外部サー...
2019/06/12掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用向け採用管理システム」導入のポイントとおすすめサービス9選
業務効率化を図るとともに選考スピードをあげ、採用活動の質を向上させる「採用管理システム」について、導入する際に押さえておくべきポイントをまとめました。導入するメ...
2019/05/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
2020新卒採用の“傾向”と“対策”
大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9.91倍と過去最高を記録するなど(リクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」2018年4月...
2018/08/30掲載注目の記事
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。