企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

無期転換ルールの対応~企業は? 有期労働者は? 最新調査報告

アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士 岸川 宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに、無期転換権を行使すると回答した者が、労働条件・待遇の向上を求めている割合を見てみると、パート・アルバイトでは70.9%、契約社員の85%が、「現状よりも正社員に近い労働条件・待遇になりたい」と回答しています。

■ 無期雇用転換後の労働条件・待遇の希望

現在では、法改正への認知は低いものの、法改正の認知が高まれば無期転換を希望する労働者が多く発生しそうです。

特に、契約社員においては、改正についての認知も高く、無期転換権の行使、さらに労働条件・待遇向上への期待値が高い結果となっています。

企業は無期転換後の待遇について消極的?

労働者にしてみれば、転換後の労働条件・待遇の向上を期待するところですが、企業側はどのように考えているのでしょう。

■ 無期雇用転換後の労働条件・待遇の希望

無期雇用に転換した後の労働条件(労働時間、賃金、仕事内容、福利厚生)について、パート・アルバイト雇用では概ね5割前後が、契約社員雇用では概ね4割前後が、「無期雇用転換する前と変えない」と回答しています。パート・アルバイト雇用では、今まで通りの労働条件とする傾向がやや高く、契約社員雇用については「今まで通り」と「正社員に近づける」が拮抗しています。

転換後の労働条件については、単に、無期雇用の典型であった「正社員」に近づければ、良いということでは無いかもしれません。

労働契約法20条では、無期雇用者と有期雇用者で、不合理に労働条件(待遇)を相違させることを禁止しています。

有期から無期に転換しただけで、容易に賃金やその他待遇を上げることは、他の有期雇用者との不合理な待遇の差につながり、労働契約法違反となる可能性があります。

反面、不合理な差としないために、労働時間や仕事の内容を正社員に近づけることなどを無期転換の条件とすることは、不利益な変更、もしくは無期転換をさせないための行為と、とられてしまうかもしれません。

今まで、短時間で働く事がメリットでパート・アルバイトで働いていたにもかかわらず、無期転換するならフルタイムで働けと言われるとどうでしょうか?人によっては嬉しい、また別の人にとっては嬉しくない事かもしれません。

企業は、「優秀な人材が定着する」ことをメリットとし、「長期勤続を期待しない人材が無期雇用となる」ことをデメリットと感じています。

このようなジレンマを回避するには、どのような人材に、無期雇用に転換してもらい、どのように働いてもらうかを事前に設計しておく必要がありそうです。

そして、その設計に基づいた採用、契約、更新が行なわれる事が重要となります。

■ 無期雇用転換ルールのメリット・デメリット

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム WEBサイト
アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。
パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所
文/岸川 宏(きしかわ ひろし)
アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士
大学卒業後、リゾート開発関連会社へ入社。飲食店部門での店舗運営を経験後、社会保険労務士資格を取得。社会保険労務士事務所にて、主に中堅・小規模企業の労務相談、社会保険関連手続きに従事した。
1999年、アイデム人と仕事研究所に入社。労働環境の実態に迫る情報提供を目指し、社内・外への情報発信を続けている。2015年4月より現職。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

パート採用の成否は、職場のムード(雰囲気)しだい?
多くの企業が、人材不足を感じ、採用活動を行っても十分な手応えを感じることができていません。手応えを感じられないのは、なぜなのでしょう。労働人口の減少だけではなく...
2018/06/07掲載
パートが定着する上司、定着しない上司
人材不足で求人難の現在。“採用”という入口から人が入ってこないのであれば、出口つまり“退職”を防ぐ=定着させることで、企業内の人員を維持していくという視点も重要...
2018/05/10掲載
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結...
2018/04/09掲載

関連する記事

仕事と家庭、どっちが大事?
働く女性と働く男性。家事・育児にどのくらいの時間を費やしている?また、配偶者の協力体制に働く女性は満足している?女性活躍の現状と課題について聞いた調査結果から、...
2017/07/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
パート募集 超短時間シフト増加中?
生産年齢人口が縮小して行く中で、女性労働者の雇用は増加中。しかし、増えているのはパート雇用のみです。各社パートタイマーの奪い合いとも言える状況の中、募集条件には...
2017/06/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
パート賃金10年史~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者に占める非正規労働者の割合は4割に近づいています。今回は環境...
2017/02/22掲載新卒・パート/アルバイト調査
106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~
2016年10月、社会保険の適用範囲が拡大されました。社会保険の対象となる労働者が増えれば、その分企業側の負担も増えます。そのため、適用基準以下になるように、労...
2017/01/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
既卒者を新卒扱いで採用する
3月に経済同友会は新卒採用に関する提言を発表しました。新卒採用の手法の一つとして、卒業後5年までの既卒者を新人として通年で採用、従来の新卒一括採用に既卒者も含め...
2016/11/10掲載新卒・パート/アルバイト調査
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...