企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「退職金」関連のコンテンツ

27件中 2127件を表示

記事・コラム2006/11/06
人事・労務の『時効』とは?~基礎知識と裁判例にみるトラブル事例~
賃金や時間外手当などの支給に絡むトラブルが起こった場合、いつまでさかのぼって支払わなければならないのかについて、裁判例とともに解説しています。

記事・コラム2006/01/30
高い「年収」をオファーする会社が魅力的に見える、というわけでもない
安い「年収」をオファーする会社が内定者に冷たい、というわけでもない
プロスポーツのFA(フリーエージェント)などの影響だろうか。「自分を一番高く評価してくれたところで働きたい」という人が増えている。この場合の「高い評価」とは、すなわち年収を指していることがほとんど。「給料がたくさん欲しい」というと、何となく嫌らしいと...

記事・コラム2005/09/12
松井道夫さん
「個の時代」のための自由な組織
「20世紀が『組織の時代』だったとすれば、21世紀は『個の時代』になるだろう」と松井証券の松井道夫社長は言います。「会社とはプロジェクトであり、そこで働く人たちはフリーランスの存在になっていく」と言い切る松井社長の組織論について、詳しくうかがいました...

用語集2005/07/25
役職退職慰労金とは―株主が支払に反対するケースも
在任中の会社への貢献・功労をねぎらう意味で、取締役や監査役に支給される退職金のことです。「お手盛り」の危険があるため、金額、支払時期、方法などについては会社の定款に定めるか、株主総会の決議によらなければならない、とされています。(2005/7/25掲...

記事・コラム2005/06/13
江上剛さん
「企業不祥事」が繰り返されるのはなぜか
なぜ企業は不祥事を繰り返すのか。組織の内部にどんな問題があるからなのか。1997年に起きた第一勧銀総会屋事件で広報部次長として混乱収拾に尽力し、映画『金融腐蝕列島呪縛』のモデルにもなった江上剛さんに聞きます。

記事・コラム2005/05/23
久田恵さん
定年後の「シスクティーズ」は夫婦の大危機
近著『シクスティーズの日々』(朝日新聞社)で、定年後の「60代」を生きる夫婦を取材したノンフィクション作家、久田恵さんにうかがいました。

用語集2004/11/08
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。(2004/11/8掲載)

27件中 2127件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会