企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15397件   回答数33255

インフルエンザ個人代金の補助について

 インフルエンザワクチンの集団予防接種を行います。健保組合が2,000円の接種補助券を用意し、希望者は約1,800円の給与引き(個人負担)で接種可能です。会社としては接種する社員数を募集していますが、今一歩増えません。強制的に命じることはできないことは承知しておりますが、接種者の内、もしインフルエンザに罹患したら、個人負担金を返金するという制度を設けたら、これは違法となりますか。
 いくらマスクの着用やうがい・手洗いを推奨しても、家庭で罹患するケースも多く、万全とはならなくてもワクチン接種が一番有効と考えます。
 接種しても罹患しない者、接種せず罹患した者には金銭面で何らケアするつもりはありません。

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/11/12 18:16
  • ID:QA-0088361
プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/13 17:19
  • ID:QA-0088390

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

罹患したら返金ということは、罹患しなければ返金しないということになり、
会社として、どちらを推奨しているのか混乱し、ロジックがどうかなと思います。
返金処理の扱いも複雑になります。

結果論ではなく会社としては、
予防接種を受けてもらいたいわけですから、希望者は全て会社負担とされた方がすっきりしてわかりやすいと思われます。

  • 投稿日:2019/11/18 12:52
  • 相談者の評価:参考になった

ご意見ありがとうございます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/14 07:33
  • ID:QA-0088397

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

インフル接種補助

米国のCDC(疾病予防管理センター)のデータでは、予防接種有効率は70%に止まっています。
つまり、接種しても、インフルに罹患するということです。

インフルに罹患すると発熱してから5日間から7日間の自宅待機が必要です。つまり5日程度の労働力の損失が発生します。接種費用1800円が労働力損失の期待値以下であることは明らかであり、費用対効果でいえば有効で経営的にはとるべき施策です。

よって接種者がその冬に罹患しなかったら、1800円を会社が負担する(本人に返金)という制度となります。
すでにヘルスケアポイントとして、健康管理(ウオーキング)に気を使っている従業員にポイントを付与する制度はかなり普及しています。それと同様の趣旨と考えます。

本制度の詳細としては、
・制度趣旨は、本人が健康管理を行ったことに対する褒賞とする(あまりインフル罹患との関係性を明確にしない)
・返金した額は会社の福利厚生費で処理可能
検討点としては、
・その冬の期間をいつまでとするか
・罹患したことを会社に申告しない場合どうするか。または別の理由で休暇取得した場合

  • 投稿日:2019/11/18 12:54
  • 相談者の評価:参考になった

ご意見ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/14 09:26
  • ID:QA-0088403

代表者

重症化と拡散を考えれば、接種忌避は、バカな選択

▼インフルエンザワクチンに関しては、「感染後に発症する可能性を低減させる効果」と、「発症した場合の重症化防止に有効」と報告されてだけであり、罹患したら、金返せといった類のものではありません。
▼然し、罹患した場合の自分自身の辛さ(重症化)、周辺への感染(拡大)の可能性を考えれば、受診しないとしている人も、強い再考が必要ではありませんかね。

  • 投稿日:2019/11/18 12:56
  • 相談者の評価:参考になった

ご意見ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/14 17:09
  • ID:QA-0088417

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、個人負担金の返金については従業員にとりまして有利な措置になりますので、違法性はないですしそれ自体特に差し支えございません。

但し、接種して羅患しなかった方から見れば、自分の方が羅患者よりもしっかりと健康管理が出来ていたのに返金されないというのでは不公平感を招きかねないものといえるでしょう。従いまして、そうした方についても別途何らかの報奨金を支給される等、不満解消につながる策を取られる事が望ましいものといえます。

  • 投稿日:2019/11/18 12:56
  • 相談者の評価:参考になった

ご意見ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/14 20:24
  • ID:QA-0088427

人事・経営コンサルタント

人事考課

予防接種が完全な予防ではない以上、本制度では病気になった者が優遇ともとれるちぐはぐさがあります。
むしろ接種を受ける行為=評価というような間接的なものにすべきではないでしょうか。また体質や体力差もありますので、一律に罹患者に責めを負わせるのは人事的に好ましいものとはいえない気がします。

  • 投稿日:2019/11/18 12:58
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...