企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14433件   回答数30687

中途採用者の人事考課について

お世話になります。

中途採用者の人事考課についてご相談いたします。

当社はMBOを採用しております(業績目標は賞与へ、能力評価
を昇級に反映させています。4月-3月の通期評価)。

中途採用者にも人事考課を適用すべきと考えておりますが、入社
時期や能力を発揮するまでの期間(試用期間6ヵ月)について
どのように考えるべきかご教示をお願いいたします。

例えば、
①3月までに半年以上ある場合は、業績目標および能力評価の
 いずれも通常通り行う
②3月までに半年以上ない場合は、能力評価のみ行う。
 業績目標の評価は、中間評価
③3月までに半年以上ない場合は、能力評価のみ行う。
 業績目標の評価は、行わない(中間点)
④3月までに半年以上ない場合は、評価を行わない
 (中間点)
などが考えられるかと思いますが、いかがでしょうか。

若手の中途採用者もおり、必ずしもキャリア採用ではないため
業績・能力ともにいきなり評価してよいものかとの意見もあり
ます。

よろしくお願いします。

  • ネームニックさん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2019/04/28 17:02
  • ID:QA-0084154
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/05/07 20:25
  • ID:QA-0084195

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、人事評価制度につきましては各会社の運営状況や方針に基づいて独自の判断で決めるべき事柄ですので、こちらでどれが妥当か判断は出来かねますし、逆に言えば①~④のいずれでも御社側で実務上問題がないという事でしたら特に差し支えないものといえます。

その上で申し上げるとすれば、後段に示されている採用者のキャリアによって幾つかのパターンを設けて評価されますと実態に即した評価が可能といえるでしょう。つまり、画一的なやり方ではなく、採用者の経歴等に見合った中身の伴った評価が出来る仕組みを整備されるのもよいものと考えられます。

  • 投稿日:2019/05/08 18:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
細かい運用が良いのは認識しておりますが、都度の見極めは難しいのではないかと感じております。
例えば本人の希望があれば、、、なども検討するようにしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/08 11:19
  • ID:QA-0084213

人事・経営コンサルタント

MBO

MBO成功の鍵は査定される社員以上に、査定する上司の能力です。中途入社があるのであれば、その期間毎の評価方針も決めておくのは欠かせません。
貴社業務がわからないので一般的な見方ですが、評価の性質から言って通常は半年、短くとも3ヶ月程度評価対象期間は必要になるのではないでしょうか。
その期間に合わせて入社時に目標設定することになります。いずれにしても短期間での評価というのは通常たいへん難しいものなので、半年未満については次年度から本格評価となるように説明の上で入社してもらうなど、ていねいな説明は必要です。

  • 投稿日:2019/05/08 18:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

具体的なご回答ありがとうございます。~半年が目安との認識を得ました。助かります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....