人事のQ&A<解決済み>

相談数11661件   回答数24157

事業場附属寄宿舎の「男女別」の解釈について

事業場附属寄宿舎規程
第八条  男性と女性とを同一のむねの建物に収容してはならない。ただし、完全な区画を設け、かつ、出入口を別にした場合には、この限りでない。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22F04101000007.html
とありますが、例えば同一棟内で3Fは女性のみ、2Fは男性のみを居住させており、かつ各居室に施錠できる扉が付いているというケースは適切と言えるでしょうか。(居室は1室1名の個室です)
普通に考えると出入口というのは建物外から建物内へ行き来するための場所で、これが男女共用という点で問題ではないかと思います。
ちなみにトイレは3Fが女性専用、2Fが男性専用で分けています。浴室は1Fで男女別に設置されています。
よろしくお願いします。

  • 投稿日:2016/12/28 15:30
  • ID:QA-0068602
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/12/30 12:23
  • ID:QA-0068607

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件について明確な取り決めは見当たりませんが、おっしゃる通り当事案では出入り口を男女別にしているとまではいえないものと考えられます。

つまり、各居室の出入り口のみが男女別であって、他は階数等での区画は認められても男女が自由に行き来出来るような状況といえますので、法令を厳格に解すれば適切な状態ではないものと思われます。

但し、今すぐ施設を改めるのも困難が予想されますので、具体的な対応につきましては、所轄の労働基準監督署へご相談されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/01/05 19:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

さっそくの回答ありがとうございました。この条文はおそらく大部屋形式の寄宿舎を想定しているのだと思いますが、条文に書かれている以上は仕方がありません。アドバイスに沿って管轄労基署に相談してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/30 18:17
  • ID:QA-0068609

代表者

「完全な区画設営」と「別出入口化」の2点のクリアーが難しそう

▼ 正直な処、「事業附属寄宿舎規程」に始めて目を通しました。当然と云えば、当然すぎる内容ですが、収容上のトラブル防止上、企業にとって、かなり、厳しい内容となっていますね、
▼ ざっと拝見して限りでは、矢張り、男女用間の「完全な区画設営」と「別出入口化」の2点だと見受けました。
▼ 現建造物の骨格構造が分りませんのが、少々の手直しでは構造変更が難しいのではないかとの印象を受けています。最寄り(管轄)の総合労働相談コーナーか、基準監督署に意見を求められては如何がでしょうか。

  • 投稿日:2017/01/05 19:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

さっそくのご回答ありがとうございました。個室であればプライバシーや衛生面では良好な環境だと思ったのですが、条文に照らす限り適切ではないという判断ですね。アドバイスをいただいた通り、管轄の労基署に相談してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
【無料体験会】全く新しい研修スタイル
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...