企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15102件   回答数32484

通勤経路の届け出について

当社においては、通勤手当の申請書で通勤経路を明記するようにしております。
通勤経路については、たびたび通勤労災の認定の問題で取り上げられ、合理的な経路・方法であれば、届出した経路と異なっていても認定されることは理解しています。
今回ご相談させていただきたい内容は、通勤労災認定への対応ということではなく、会社としての安全配慮や従業員管理、万が一の自然災害・不慮のアクシデント(通勤途上で連絡が取れなくなるなど)を考慮して、通勤経路を会社が把握する必要があるかについて、アドバイスいただきたくお願い申し上げます。

なお、通勤手当については、公平性および事務効率の観点から、地図検索を使って、合理的な最短距離を基準に手当を支給しております。(自動車通勤の場合、通勤経路が分からなくても本人の住所をもとに地図検索で通勤距離を算定)

  • *****さん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2014/06/17 20:37
  • ID:QA-0059276
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/17 20:58
  • ID:QA-0059277

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤に関しましては原則業務外の事柄になりますし、現実問題としまして通勤中の行動管理を行う事も困難といえます。従いまして、そうした管理責任を果たすといった主旨で通勤経路を把握する義務まではないものといえるでしょう。

しかしながら、会社としまして通勤手当を支給している以上、全くノータッチというわけにはいかないものといえます。それ故、手当支給の妥当性を担保し不正を防止する為にも、法的義務はなくとも実際の通勤経路把握は当然行われるべきです。またご認識の通り、非常時の連絡を行い易くして従業員の安全確保に寄与するといった観点からも把握されておくのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2014/07/11 22:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/17 22:08
  • ID:QA-0059278

人事・経営コンサルタント

登録と更新

おっしゃる通り、会社が業務外の通勤全過程の安全保障など現実的には不可能ですし、自ずと限界があります。また交通費の不正請求などは、小さなモラルハザードが大きくなる恐れがありますので、年に一度くらい、年度替わりあるいは逆に管理部門の比較的閑散期などに登録を更新するなどいかがでしょうか。

  • 投稿日:2014/07/11 22:17
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。
定期的なメンテナンスを検討します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/18 10:38
  • ID:QA-0059285

代表者

非常事態における通信手段の確保の観点からの検討を

通勤途上の安全管理は個人の問題です。 通勤手当の支給目的で、 合理的な通勤経路の把握までは必要ですが、 それ以上のことは必要ありません。 むしろ、 災害発生等の非常事態における、 全社員との通信手段の確保の観点からの仕組みとしてご検討されるのが望ましいと思います。

  • 投稿日:2014/07/11 22:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
安全面も考慮して対応致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...