企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15054件   回答数32348

通勤経路調査について

初めて質問させていただきます。
当社では従業員の自宅から会社までの通勤経路を毎年3月に提出させています。
ちなみに、会社までの交通手段が発達していないため、全社員マイカー通勤です。
労災関係の資料として通勤経路を確認するとともに、通勤手当の計算にも利用しています。

従業員から「毎年提出はわずらわしいので変更があった場合のみ提出でいいのではないか」
という要望が多々あります。

総務としては通勤経路に変更がない場合でも提出させておかないと万一通勤途上で事故が
起きた際の労災認定に時間がかかってしまうのではと考えて提出させております。

毎年、通勤経路の調査をする必要があるのでしょうか。それとも変更した場合のみ
報告させればよいのでしょうか。

  • 投稿日:2014/04/01 11:02
  • ID:QA-0058324
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/01 11:46
  • ID:QA-0058325

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社に届け出た通勤経路以外であっても通勤途上の事故で相違なければ労災認定は行われます。時間的にも通常であれば大きな差までは生じないものと考えられます。さらに、最初の経路確認さえきちんと行っていれば、経路自体滅多に変わるものではございませんので、事務的にも無駄な仕事を増やすこととなってしまいます。

従いまして、毎年通勤経路の記載を改めてさせる必要性はなく、変更有無の確認を行い変更した場合のみ記載してもらえばよいでしょう。

ちなみにマイカー通勤ですと、より重要な事柄は、交通事故で加害者になった際のリスク防止の為、任意保険の加入状況について定期的に保険証のコピーを提出してもらう等確認を怠らない事といえます。

  • 投稿日:2014/04/01 13:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速の回答ありがとうございます。
確かに届け出た通勤経路を外れても通勤途上であれば労災認定は受けられる場合があることは承知していました。
そもそも通勤経路を提出させる目的が何なのかを改めて見直して、毎年提出するにしても内容をシンプルにしていく必要もありそうです。

参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/01 12:39
  • ID:QA-0058326

代表者

少々、 箍 ( タガ ) が緩んでいるのでは・・

多くの私有車通勤規程では、 会社への届出は、 「 通勤経路を変更したとき 」 と定めているようです。 然し、 問題は、「 常に発生してからでは遅い 」 ものです。 届出洩れによる、 支給通勤費の調整や、 事故発生時の経路合理性の判定問題など、 意外と煩わしい手間が発生します。「 どうせ変わらないのだから・・ 」 といった弛んだタガを締め直す意味も含め、「 年一度は、変更がなくても、提出する 」 という現行の定めを徹底するようお勧めします。

  • 投稿日:2014/04/01 13:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

確かに、社内の統制を担う総務が楽な方にあわせてしまうと会社自体の期の緩みに繋がりかねませんね。
社員を律するためにはある程度面倒なことは必要なことかと感じました。
参考になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/01 12:46
  • ID:QA-0058327

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

マイカー通勤について

マイカー通勤で、年1回は確認した方がよろしいのは「運転免許証」です。
無免許状態で通勤して事故を起こしたという事件もありましたので、
そうなると会社の信用にも影響します。

通勤経路については、運転免許証を確認する際に、変更があった方のみ提出
ということでよろしいのではないでしょうか。お互い無意味な負担はないほうが
よろしいでしょう。労災認定の時間に影響があるとは思われません。

  • 投稿日:2014/04/01 13:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。

運転免許証の提出は毎年していませんでした。むしろこちらの方が大事なことですね。
以前、社員が免許停止になっていたことが運転記録証明を取ったことで発覚したことがありました。

リスク回避のためにも定期的な提出が必要ですね。
気付かせていただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...