企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

昼休憩について

当社の昼休憩は12時-13時の1時間です。13時からの他事業部での打ち合わせのため、所定休憩時間以前に休憩に行く部下に注意が出来るかという質問が上司の方からありました。対象となる事業部から打ち合わせのある他事業部までは(同じ敷地内ではありますが)15分程度かかるため、早めに休憩に行っているということのようです。

投稿日:2010/10/22 09:44 ID:QA-0023464

*****さん
東京都/その他メーカー

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

休憩時間は原則として所定の時間に一斉に与えなければなりませんし、通常は労働者もそれに従う義務がございます。

しかしながら、そうした休憩時間のルールは労働者保護及び職場の秩序維持の為必要とされるものです。まして業務遂行の為に法定の1時間休憩が取れないというのは明らかに法律上問題になります。

従いまして、勝手に休憩時間を早目に取る行為に関しては当然注意すべきですが、文面のように特別な事情で所定の時間に休憩が取れないような場合には、むしろ事前(やむを得ない場合は事後)に申告してもらった上で前後にずらして1時間分をしっかり取得してもらうことが必要です。

投稿日:2010/10/22 11:13 ID:QA-0023469

相談者より

早々のご回答ありがとうございます。
上司に申告せず、勝手に休憩に行っているようですので「事前に申告して休憩をきちんと取る」よう上司の方にご指導頂くように致します。

投稿日:2010/10/22 11:31 ID:QA-0041478大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

休憩一斉付与の例外には「労使協定の締結」が必要

.
■ 休憩の与え方には、一斉付与の原則がありますが、2種類の例外が認められています。

▼ 例外 ① ⇒ 業種による例外
これは、運送・販売・理容・飲食店など、業態が、一斉付与に適さない場合に適用されます。

▼ 例外  ⇒ 業務の実態からみて、休憩を一斉に与えることが業務の円滑な運営に支障をきたすと客観的に判断される場合の例外

■ ご相談は、例外 ② に該当すると思いますが、これには、書面による 「 労使協定の締結 」 が必要です。締結事項は、次の2点を含んでいなければなりません。

1.一斉に休憩を与えない労働者の範囲
2.一斉に休憩を与えない労働者に対する休憩の与え方

■ 堅苦しいようですが、法としては、この歯止めを設けておかないと、何百万とある事業所レベルでは、特定の労働者だけが、ゆっくりと休めないから状況が発生することを予防できないと考えているのです。

投稿日:2010/10/22 12:08 ID:QA-0023471

相談者より

早々にご回答頂きありがとうございます。
実態を正しく確認し、例外2に該当すると判断した場合には、労使協定を締結する方向で進めたいと思います。

投稿日:2010/10/22 14:03 ID:QA-0041479大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

休憩一斉付与の例外には「労使協定の締結」が必要 訂正

.
先刻の回答の一部の訂正をお願いします。失礼しました。

▼ 例外  ⇒ 業務の実態からみて、・・・

▼ 例外 《 ② 》 ⇒ 業務の実態からみて、・・・

投稿日:2010/10/22 12:15 ID:QA-0023472

相談者より

 

投稿日:2010/10/22 12:15 ID:QA-0041480大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

ご返事頂き有難うございます。

こちらこそご返事頂き感謝しております。

勝手に休憩時間を変更しているということですので、やはり注意される事が必要といえますね‥

ちなみに、この度の件は臨時の打ち合わせ等における対応としまして回答させて頂いております。

仮に常時文面の時刻・場所で打ち合わせがあるとすれば、そもそも休憩時間を守る事自体不可能です。そのような場合には、川勝様の回答にもございますように労使協定の締結によって一斉休憩の対象から外されることが必要になりますのでご注意下さい。

投稿日:2010/10/22 12:18 ID:QA-0023473

相談者より

度々のご回答ありがとうございます。
臨時の打ち合わせとの解釈でお問い合わせさせて頂きましたが、常時であることを確認した場合は、労使協定の締結をするよう対応致します。

投稿日:2010/10/22 13:53 ID:QA-0041481大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/12
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...