無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
となりの人事部人事制度掲載日:2017/03/08

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)[前編を読む]

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 ヒューマン・リソーシス マネージャー

小川 琴音さん

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 ヒューマン・リソーシス マネージャー 小川 琴音さん

日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期から取り組んできた背景や、その取り組み内容についてお話をうかがいました。後編では、今回受賞した「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」を中心にインタビュー。なぜ、門外不出だった「スキル」を身につけるトレーニングを他社に無償で提供することを決めたのか。提供しているトレーニングの具体的な方法や内容はどのようなものなのか――。スタートから半年で160社以上にノウハウを提供しているという革新的なプロジェクトの裏側には、メンバーのきめ細やかな努力とトレーニングの徹底した質の担保があることがわかりました。

Profile
小川 琴音さん
小川 琴音さん
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
ヒューマン・リソーシス マネージャー

おがわ・ことね●2011年東京大学経済学部経営学科卒業後、新卒で入社。研究開発部門の担当人事として約1年半就事。その後、人材採用・ 開発部門にて新卒採用と社内トレーニング開発・運用を担当。2014年より広報部門・IT部門・消費者市場戦略部門の部門担当人事を担当し、2015年に産休・ 育児休職取得。復職後、休職前と同じ部門担当人事を担当しつつ、コーポレート・ダイバーシティ・アンド・インクリュージョン、東京オフィス担当人事を兼任し、現在に至る。

新社長が日本企業の現状を知り、プログラムの社外提供を決意

「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」は、自社のダイバーシティ&インクルージョンを推進するだけでなく、その考え方やノウハウを他社に提供し、世の中に広めていくことも目的としていますが、とても画期的ですね。プロジェクト発足の背景について教えてください。

これまでお話ししてきたように、当社の「ダイバーシティ&インクルージョン」に関する取り組みは女性活躍推進から始まり、最終的にはインクルージョンの「スキル」がないと多様性を現場で生産性や業績に結びつけることができない、というところに行き着きました。その結果、多くの企業から、「25年かけて積み重ねてきた経験についてヒアリングしたい、講演してほしい」といったご要望をいただくことが増えました。そのご要望に対して、時間的にも人員的にも受けられる体制になっていないため、ずっと悩み続けていたんです。

また、インクルージョンの「スキル」を教えるトレーニングそのものを他社に提供してはいけない、という当社のグローバルの規定もありました。25年間取り組んできたことで「ダイバーシティ&インクルージョン」の答えがわかっていて、スキルが伸ばせる、ということをお伝えしたいのに、できない。そのもどかしさがありました。

そうした状況が続く中、2015年、チェコ出身のスタニスラブ・ベセラが当社の社長に就任しました。彼は、当社グループの叩き上げで、多様性が生産性やイノベーションにつながることを実感してきた人間です。そんな彼が当社の社長に就任したときに、日本の現状を見て驚いたのです。「政府が女性活躍推進の号令をかけ、企業も女性活躍推進の段階で止まっている。当社で言うと、まだステージ1の状況ではないか」と。

ベセラは、そのような日本の現状を知り、「当社の25年間蓄積してきた経験を日本社会に提供してもいいのではないか」と考えました。そこで、ベセラはグローバル本社に対して、「これまでは門外不出だったトレーニングやさまざまなノウハウを社外に提供したい」と主張したのです。その交渉が実り、2016年3月、人事と広報がコラボレーションした形でこの啓発プロジェクトが生まれました。

<図3:「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」活動骨子(2016年3月17日発表の同社プレスリリースより抜粋)>

「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」活動骨子(2016年3月17日発表の同社プレスリリースより抜粋)

グローバルの規定を変えてまで、このプロジェクトを実現してしまうとは、御社の社長のモチベーションや、御社の変革力はすごいですね。

そうですね。プログラムはどの場合も全て無償で提供しています。それもあって、このプロジェクトは「社会貢献」と捉えられがちなのですが、そうではありません。多くの企業にこのプログラムを提供することで、当社にとってもさまざまなメリットがあると考えています。例えば、多くの日本企業と接することで、日本のダイバーシティに関する実態が把握できます。どのような社会に、当社の社員または社員の家族が住んでいるのかがわかります。また、他社の良い点を学び、当社に還元することもできるでしょう。長期的には、社会の底上げをすることによって個人のスキルを上げ、当社としても優秀な人材を確保できるという狙いもあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ダイバーシティ・マネジメント
ぶら下がりシニア