企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
日本の人事部「HRアワード2015」受賞者インタビュー
第67回SCSK株式会社

やるだけでなく、やりきる仕組み
“働き方改革”でIT業界の常識を覆す
SCSKの「スマートワーク・チャレンジ」とは(前編)
[ 3/3ページ ]

執行役員 人事グループ副グループ長 河辺 恵理さん
2016/01/07

達成部門へのインセンティブ支給で組織的な取り組みを促す

私はもともと開発畑の出身で、12年の「残業半減運動」の頃は、まだ開発部隊の部長でした。正直なところ、自分の部署が32部署に選ばれなくて良かった、と思っていたんですよ(笑)。ところがちょうど次の「スマチャレ20」が始まる年に人事部に移り、これを実施する側に回ったわけです。スマチャレ20とは、より賢く効率的に、つまりスマートに働いて、目標の“20”を達成しようというチャレンジです。

―― 活動名に冠した“20という数字”には、いくつもの目標が重なっていますね。

はい。まず残業削減については、平均月間残業時間20時間以内を目指しました。これは前年度平均比で約20%減であり、1日あたり約20分減という目標に落とし込むこともできます。さらに有休取得日数は20日。つまり年度付与分を100%消化しようということです。このわかりやすく、ストレッチな目標設定も、トップの強い思いを受けての決断でした。スマチャレは、残業半減運動と異なり、全社・全部署が対象。エントリーは事業部門ごとに行ない、全社共通の目標「20時間」「20日」を達成するための施策の具体化および実施・運用は、残業半減運動と同じく、現場主体で進めることにしました。スマチャレの最大の特徴は、目標を達成した部門のメンバー全員に、夏季賞与に特別加算する形でインセンティブを支給すること。原資には、残業削減で減少した残業手当の原資が充てられました。これこそが、最初に申し上げた「残業代が減る分は社員に還元する」という、中井戸の決意を具現化した施策なのです。

河辺恵理さん インタビュー風景

―― 残業半減運動では「部」単位でしたが、「事業部門」単位となると、施策を徹底して成果を上げるのが大変です。人数も、組織の規模もぐっと大きくなるわけですから。

そうです。産業部門や金融部門などは1000人以上の大所帯ですが、所属する部や課、個人単位でいくら目標を達成していても、1000人の平均値が目標に至らないと、インセンティブの支給対象になりません。逆に自分個人や、自分の部・課だけができていないと、部門全体の足を引っ張ってしまうことにもなりかねない。そこが、施策としてのポイントでした。つまり誰もが、他の部署や社員の働き方を、もう、ひとごとにはできない。役員である部門長の責任の下、組織を挙げた取り組みが求められるわけです。

―― リーダーにはまさに、マネジメントの能力が問われますね。

中井戸も私たちに「これは組織マネジメントの基本中の基本だ」とよく言います。ほかにも、スマチャレには改革を推進する仕掛けがいくつかあるのですが、それは後ほど詳しくお話しするとして、肝心の取り組みの結果はどうだったのか。残業半減運動からの流れを受けて、残業時間は着実に減少していきました。全社の月間平均で2008年度は35.3時間だったのに対し、スマチャレ1年目の13年度は22.0時間に。2年目の14年度は18.1時間と、ついに目標の20時間をクリアすることができました。年休取得も08年度の13.0日から、13年度には18.7日、14年度には19.2日と増加傾向にあります。これは取得率にして97%であり、まさに100%をうかがうところまで改善されてきました。スマチャレに、一定以上の効果があったことは間違いありません。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想2
オススメ2
最新順 | 人気順 | 古い順
aitokyoさんがその他の感想でオススメしました
愛知県 公共団体・政府機関 2016/02/01

ありがとうございます。
とても参考になりました。

「困難な目標に挑まなければ具体的な行動変革につながらない」
と、目標を厳しくしたことは効果的だったと思います。

これはビジョンを掲げることと同じです。その目標が価値を持っていないと、その目標までたどり着く意味が見いだせません。その目標:月間20時間、だからヤル気にもなるわけです(→1日1時間1!?スゴい!それならこんな生活になる。楽しみ)

それから、なんとなく残業が減るのを待つようなやり方ではなく、トップが率先してやる、やり方にも上記のように(それがダメだと思えば)積極的に関わるようでないとダメですね。


なんとなくやっていると、とても困難な時短の推進。
でも本気で取り組めばそれができる、ということを教えてもらいました。

唱えるだけじゃダメです!

本気度を見せて、そのために変えるところを変えなくちゃ!

ありがとうございました。

カトさんがその他の感想でオススメしました
神奈川県 半導体・電子・電気部品 2016/02/01

所期の目標の一つである、「業績向上(一時的に下がっても、将来は伸びる)」は達成できたのでしょうか?

2件中 1~2件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

パナソニック アプライアンス社が実践!
仕事を「見える化」することで、時間を効率的に再配置する「働き方改革」
2019年4月に働き方改革関連法が施行されてから、1年たらず。『日本の人事部 人事白書 2019』の調査によると、84%の企業が「働き方改革」に関して何らかの対...
2020/02/27掲載注目の記事
業務効率化と労務管理リスク回避をかなえる
おすすめ勤怠管理システムと選び方
働き方改革関連法の改正を受けて、勤怠管理の重要性が再認識されています。従業員の勤怠状況を正確に把握しなければならない一方で、働き方が多様化し、管理者側の業務負荷...
2020/01/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは
福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレワークを導入。日立製作所の「見える化支援ソリューション」によって、施策の有効性や定量的効果...
2019/11/26掲載注目の記事
テレワークに必要な労働時間把握と、コミュニケーション支援ツール導入のプロセスを大解剖!
~NECソリューションイノベータが取り組む 働き方改革 3本の矢~
2018年7月に公布された「働き方改革関連法」が、2019年4月から大企業を皮切りに順次施行されます。その改革の中で「労働基準法」が改正、多くの企業で「時間外労...
2019/03/20掲載注目の記事
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
【用語解説 人事キーワード】
GビズID(gBizID)
勤務間インターバル制度

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...