企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など

社長の年間報酬は4080万円、25歳社員の約11倍

役位別に年間報酬を見てみると、会長が4328万円、社長が4080万円と4000万円台、副社長は3535万円と3000万円台、専務、常務はそれぞれ、2663万円、2258万円と2000万円台、取締役(兼務は除く)は1715万円、使用人兼務の取締役は1694万円、監査役は1518万円など、取締役以下は1000万円台の水準となっています。

調査対象の母集団は大きく異なりますが、労務行政研究所が実施した「2007年度モデル賃金・年収調査」による従業員の年収と、今回の調査結果である社長の年間報酬を参考まで比較してみます。大学卒・総合職25歳の社員の年収(2007年度の所定時間内賃金+2006年年末賞与+2007年度夏季賞与)は378万900円であり、社長の年間報酬(4080万円)はこの年収の約10.8倍に当たります。さらに、役職別にみると、社長の水準は課長(45.5歳・797万7600円)の約5.1倍、部長(51.6歳・1039万1300円)の約3.9倍に上ります。

図表1 役位別にみた報酬と賞与(常勤の場合)

図表1 役位別にみた報酬と賞与(常勤の場合)

役員の年間報酬に占める賞与の割合は10%程度の比率

前出モデル賃金・年収調査によると、従業員の場合、入社1年目を除き、年収に占める賞与の割合は27%前後と全体のおよそ4分の1強であるのに対し、役員の場合は会長12.4%、社長12.6%、副社長12.8%、専務11.7%、常務14.4%、取締役(兼務は除く)11.1%などと1割台にとどまっています。

これは、賞与の性格が役員と従業員では異なることに起因します。役員賞与はその全部が利益の一部を配分する性格なのに対し、従業員の賞与は、会社の業績が悪くとも世間相場に準じた金額(月数)を支払うケースが少なくありません。すなわち従業員の賞与の中には“最低保障分の賞与”があり、これは役員賞与にはない性格。そのため、年収(年間報酬)に占める賞与の割合も役員と従業員で異なるといえます。

図表2 役位別にみた年間報酬と構成比

図表2 役位別にみた年間報酬と構成比

1000人以上の社長の年間報酬は5000万円台

代表的な役位として、社長の年間報酬を規模別にみてみます。1000人以上は5480万円(報酬月額392万円、年間賞与776万円)と5000万円台に達しているのに対し、300~999人は3416万円(同249万円、428万円)、300人未満は3259万円(同244万円、331万円)と、従業員規模が大きいほど水準は高く、とりわけ1000人以上の水準が突出して高くなっています。

年間報酬の内訳をみると、報酬月額は1000人未満の各規模で200万円台なのに対し、1000人以上は392万円と400万円近い水準。また、年間賞与も、規模が大きくなるほど高く、1000人以上の水準を100.0にして指数をとると、300~999人では55.2、300人未満では42.7であり、1000人以上規模とそれ未満の格差の大きさは顕著です。

ちなみに、専務、常務、兼務取締役についても[図表3]で年間報酬の規模格差を紹介しています。専務は、300~999人、300人未満とも1000人以上の60%程度で規模による差は比較的小さいが、常務、兼務取締役は、規模による格差の違いが顕著です。

図表3 役位別年間報酬の規模格差

図表3 役位別年間報酬の規模格差
注)1) * ここでは、労務行政研究所が2007年7月12日から9月10日にかけて、全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3827社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)349社の合計4176社を対象として(回答があったのは133社)をもとに、『日本の人事部』編集部が一部をピックアップし記事を作成しました。調査は「役員報酬・賞与等の最新実態」と題されたもので、詳細は『労政時報 第3716号』(2007年12月28日発行)に掲載されています。
2) * 当調査では、報酬は「2007年7月現在」、賞与は「2007年7月時点から直近1年間における支給実績」を回答してもらっています。賞与については、年俸制等ではじめから不支給のケースや、業績不振などによる全額不支給としているケースは“0”として集計に含めています。なお、年度途中での昇格者や退任者は、報酬・賞与とも集計から除外しています。
◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください → 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載

関連する記事

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載人事・労務実態調査
東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載人事・労務実態調査
従業員が協力したくなる!「リファラル採用」のための制度設計&規定
従業員が協力したくなる!人材難の時代、急速に広がる「リファラル採用」のための制度設計&規定
2019/07/05掲載人事・労務関連コラム
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載人事・労務実態調査
報酬制度の実際
大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
2017/06/30掲載よくわかる講座

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。