企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

2019年賃上げの見通し
―労使および専門家472人アンケート
~定昇込みで6820円・2.15%と予測。経営側の38.1%がベアを「実施する予定」

民間調査機関の労務行政研究所(理事長:猪股 宏)では、1974年から毎年、来る賃金交渉の動向を把握するための参考資料として、「賃上げ等に関するアンケート調査」を労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施している。このほど、2019年の調査結果がまとまった。
それによると、19年の賃上げ見通しは、全回答者472人の平均で「6820円・2.15%」(定期昇給分を含む)となった。賃上げ率は14年以降、6年連続で2%台に乗るとの予測となっている。労使別に見た平均値は、労働側6779円・2.14%、経営側6701円・2.11%で、両者の見通しは近接している。
また、自社における19年の定期昇給(定昇)については、労使とも「実施すべき」「実施する予定」が8割台と大半である。一方、ベースアップ(ベア)については、経営側は「実施する予定」が38.1%となり、4割近くがベア実施の意向を示しているが、労働側はベアを「実施すべき」が75.8%と4分の3以上を占めており、ベアをめぐる労使のスタンスには差が見られる。

【調査要領】

1. 調査時期:
2018年12月3日~2019年1月16日

2. 調査対象:
被調査者8851人(内訳は下記のとおり)

◇労働側 東証1部および2部上場企業の労働組合委員長等2089人(労働組合がない企業は除く)
◇経営側 全国証券市場の上場企業と、上場企業に匹敵する非上場企業の人事・労務担当部長4927人
◇労働経済分野の専門家 主要報道機関の論説委員・解説委員、大学教授、労働経済関係の専門家、コンサルタントなど1835人

3. 回答者数および集計対象:
1月16日までに回答のあった合計472人。対象別内訳は、労働側223人、経営側126人、労働経済分野の専門家(以下、専門家)123人。ただし4ページの3については、労働側240人、経営側125人、専門家127人の合計492人。

4. 集計要領・方法:
賃上げ額・率は東証1部・2部上場クラスの一般的な水準を目安に回答いただいたもので、定期昇給込みのものである。「賃上げ額」「賃上げ率」はそれぞれ別の項目として尋ね、具体的な数値の記入があったものをそのまま集計したため、両者の間には必ずしも関連性はない。

※本調査の詳細は、当研究所編集の『労政時報』第3966号(19.2.8)で紹介しています。

1 実際の賃上げ見通し

  • 全回答者の平均:6820 円・2.15%で、賃上げ率は2%台に乗るとの予測
  • 労使別の見通し:労働側6779 円・2.14%、経営側6701 円・2.11%

額・率の見通し[図表1~2]

19 年の賃上げ見通しを、東証1 部・2 部上場クラスの主要企業を目安に世間相場の観点から回答いただいたところ、全回答者の平均で6820 円・2.15%となった[図表1]。厚生労働省調査における主要企業の昨18 年賃上げ実績(7033円・2.26%)は下回るものの、賃上げ率は6 年連続で2%台に乗るとの予測である。
労使別では、労働側6779 円・2.14%、経営側6701 円・2.11%となった。労使の見通しの差は78 円・0.03 ポイント[図表2]。本調査における「実際の賃上げ見通し」は、14・15 年は企業業績の回復や政府の賃上げ要請等に後押しされ、社会的にも賃上げムードが高まる中、労使の見通しに開きが生じていたが、16 年以降は縮小に転じている。

賃上げ率の分布は[図表1]、労使とも「2.0~2.1%」が最も多い(労働側39.5%、経営側43.7%)。今回の調査では前提として定昇率を「1.8%程度」と提示している。定期昇給制度がない企業もあるため一様には言えないが、調査結果から、定昇に幾らかのベアが上積みされるとの見方が多いといえる。

【図表1】実際の賃上げ見通し(額・率)

実際の賃上げ見通し(額・率)

【図表2】実際の賃上げ見通しに見る労使の差の推移(労働側-経営側)

[注]
1. 上記の差は、労働側の見通しから経営側の見通しを引いたもの。
2.「△」は労働側が経営側を下回っていることを表す。

◆留意点
「実際の賃上げ見通し」については、調査票上に以下のデータを提示し、それを目安として東証1 部・2 部上場クラスの主要企業における19 年の賃上げがどうなるか、世間相場の観点から回答いただいた。なお、賃上げ額・率は定期昇給込みのものである。
①厚生労働省調査による主要企業の昨18 年賃上げ実績は7033 円・2.26%
②上記から推測される大企業の賃上げ前基礎ベースは31 万8000 円程度
③定期昇給のみの場合は1.8%(5720 円)程度


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載人事・労務実態調査
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査
2019年度新入社員の初任給調査
東証1部上場企業241社の速報集計。 35.7%が初任給を「全学歴引き上げ」
2019/06/07掲載人事・労務実態調査
政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
人事担当者に聞いた ミドル社員の処遇と活躍支援に関するアンケート
人員的に40〜54歳が過剰で、
今後は「仕事内容に応じた処遇」が課題となる
組織内の「中堅」として位置づけられるミドル社員の活躍は、どの企業にも共通した重要課題です。ここではミドル社員を「40〜54歳のホワイトカラーで総合職」と設定して...
2015/06/17掲載人事・労務実態調査
【用語解説 人事キーワード】
みなし残業制度
社内預金

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する POSITIVEが選ばれる理由

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...