企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

経営理念の策定・浸透に関するアンケート(労務行政研究所)

策定の目的は「企業経営の方向性の明確化のため」が91%。 浸透策では「自社ホームページに掲載」「パンフレット、カード、書籍等の配布」「パネルやポスター等の掲示」がトップ3

ポイント

[1]「経営理念」等の有無:回答企業のうち、経営理念がある企業は90.6%、1000人以上規模では100%が「ある」と回答[図表1]

[2]明文化と社外公表の有無:経営理念がある企業で「明文化している」は98.7%、このうち85.5%が社外公表している[図表2]

[3]明文化した年:経営理念については、2000年代前半までに明文化された企業が過半数を占める[図表3]

[4]見直す予定の有無:経営理念については、規模が大きくなるほど「見直す予定がある」という回答が減少し、1000人以上規模では0社[図表4]

[5]策定目的と課題:策定の目的で最も多かったのは「企業経営の方向性の明確化のため」で91.3%。以下、「社員の目的意識を合わせるため」48.8%、「企業風土・企業文化をよくするため」45.0%と続く[図表5]。策定の目的のうち課題になっているのは「社員の目的意識を合わせる」「企業風土・企業文化をよくする」がそれぞれ22.8%で最多[図表6]

[6]浸透・共有に向けた取り組みの実施状況と対象層:「経営理念」等の浸透に向け、何らかの取り組みを「実施している」企業は75.0%[図表7]。取り組みで特に力点を置いている層では、管理職層(部長・課長クラス)が66.7%と最多[図表8]

[7]浸透・共有施策の内容:「自社ホームページに掲載」が70.0%と最多。「パンフレット、カード、書籍等の配布」61.7%、「パネルやポスター等の掲示」56.7%と続く[図表9]

[8]浸透・共有に向けた課題:日常業務への落とし込み不足、継続的な取り組み、海外やグループ間での浸透・共有が多くの企業で課題として挙げられる[事例]


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載

関連する記事

中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載となりの人事部
人事マネジメント「解体新書」第56回
いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(後編)
『前編』では「エンゲージメント」が求められる背景・理由と、基本的な考え方について説明した。では、社員自らが貢献への意欲を覚え、行動していくような制度・施策をどの...
2012/05/07掲載人事マネジメント解体新書
株式会社ホテルオークラ東京
世界を唸らせる最高のおもてなしはこうして生まれる
“和”を重んじる、ホテルオークラ東京の人材開発とは
ホテルビジネスが心のビジネスである以上、顧客に上質なホスピタリティを提供できる“人材”こそが、最大の付加価値。今回は、日本のホテル御三家の一角、「ホテルオークラ...
2011/07/25掲載となりの人事部
資格・賃金・評価制度をいかに設計していくか?経営理念・基本理念の明確化と人事制度改革のポイント
従業員の「意識」「行動」を変革する人事制度改革を行うには、どうすれば良いのかについて、具体的なポイントを紹介しています。
2008/11/17掲載人事・労務関連コラム
【用語解説 人事キーワード】
人材マネジメントバリューチェーン

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...