無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

転職者の「夢への近道」を考えた転職サポートとは
転職者が思い描く、将来の働き方を実現するために 時には「希望と異なる道筋」をすすめることもある

メジャーリーグに挑戦することを表明していた花巻東高の大谷翔平投手を、昨年のドラフト会議で指名し、入団させることに成功した北海道日本ハムファイターズ。入団交渉にあたって使われた資料は、豊富な事例を盛り込んだもので、その説得術とあわせて話題になった。人材紹介を介した人材獲得競争でも似たようなケースは多い。外資系企業への入社を希望する人材を国内企業に紹介する時、あるいは大手志向の人材をベンチャー企業に紹介する時――どんな場合でも、決め手になるのは、それが本人の希望を叶えるための近道だということを具体的に示し、直接対話することだろう。

外資系企業限定で転職活動しています

「とても良い人材ですね。ぜひ採用したいと思っています。しかし、面接で話したところ、外資系企業が第一希望とのことなので、候補者の説得をお願いします」

紹介したFさんのことをとても気に入ってくれたのは、国内計測器メーカーのY社だった。しかし、採用担当者が言うようにFさんの第一希望は外資系企業である。Fさんは帰国子女で語学力には自信を持っているので、転職後は、ぜひそのスキルを生かしたいというのが転職動機にもなっている。

実はFさんは、私との転職相談の前に、別の人材紹介会社からの推薦で、外資系企業数社の面接を受けていた。まもなく最終面接が行われる会社もあるという。その中には第一志望の企業もあるようだ。

私はFさんの転職動機をもっと細かく聞いてみることにした。

「Fさんは外資系企業で日常的に英語を生かせる仕事をしたいのですよね?」
「そうなんです。できれば将来は海外で働ければベストなのですが」
「海外ですか?」

「ええ、小学生の時アメリカに住んでいたので、アメリカで働くのは夢ですね」

なるほど、と私は思った。Fさん本人は、語学を生かせる転職先として外資系企業をイメージしている。しかし、今回の転職を「将来海外で働くためのステップ」と捉えたらどうなのだろうか。私はその考えをFさんにぶつけてみることにした。

「外資系企業なら、日常的には語学を生かす機会が増えるでしょうね。でも、外資の日本法人は、基本的に日本市場を攻略するための組織ですから、海外で活躍するチャンスは意外と少ないんですよ」

これは決して嘘ではない。確かに、海外研修や出張はあるだろうし、場合によっては本社への異動や転籍もゼロではないだろう。しかし、可能性はかなり低い。

「国際的に展開している日本企業の方が、Fさんのようなグローバル人材を熱心に探していますよ。海外に赴任する機会も多いはずですし、本当に海外で働きたいなら、その方が夢への近道かもしれません」

「そうなんですか……」

第一希望の外資系企業の最終面接までには、まだ時間が残されていた。そこでFさんが、一種の「滑り止め」として受けたのが、前述のY社だったのである。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事