企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……

中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。少子高齢化による労働力不足はそう簡単に解決するわけがなく、この傾向はしばらく続くと誰もが考えていた。しかし、コロナ禍により、一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦したいと考えている未経験者層や、キャリアチェンジを希望する人たちだろう。

すべての業種が落ち込んでいるわけではない

「コロナ禍で、企業の採用はどうなっていますか。求人数は減っていますか」

このところの転職相談で多い質問といえば、まずこれだ。転職を成功させたいと考える人なら誰でも、できるだけ豊富な選択肢の中から、自分のポテンシャルを生かせる仕事を選びたい。近年は人手不足が常態化し、中途採用市場の有効求人倍率も高止まりしていた。企業にとっては採用に苦労する大変な時代だが、転職希望者には有利な環境が続いていた。

ところが、新型コロナウイルス感染症の流行で状況は一変。企業が採用に慎重になっている。GDPの落ち込みが、100年に一度といわれたリーマンショックを大きく上回っている状況では、やむをえないことかもしれない。

これまでもさまざまな不況があったが、そういう時期の転職希望者に対するアドバイスは、ほぼ決まっている。

「売り上げが落ちている業種は、採用予定数も減らしているでしょう。しかし、逆に『巣ごもり需要』などで、業績がアップしている業界も少なくありません。採用を増やしている好調な企業もあるので、ご紹介しますよ」

どんなに厳しい不況でも、全業種が採用をストップすることはない。これは経験上確かなことだ。

もう一つ、転職を急がないことも重要なポイントだ。たとえ業績が好調でも、感染症流行の収束が見えないため、採用にやや慎重になる企業もある。また、業績の悪化した企業から堅調な企業に移りたいと考えている、新たな転職希望者も出てくる。そうなると一つの求人に対して応募する人が増え、倍率は上がる。経済状況が悪いときには、『長期戦も覚悟』というスタンスで臨んだ方が、最終的に良い転職ができるケースが多い。

こうした採用縮小期にもっとも影響を受けるのが、未経験者や、これまでとは違う分野への転職を考えているキャリアチェンジ希望者なのだ。

コロナ禍の転職に焦りは禁物

プロが最もおすすめしない転職活動

「人材紹介会社が扱うのは、ほとんど経験者採用だけだとお聞きになっているかもしれません。しかし最近は人手不足もあって、『ポテンシャルの高い人材や興味を持ってその分野の勉強をしていたような方なら積極的に採用したい』と考える企業も増えてきています」

ここ数年、「この職種の経験はないのですが、紹介は可能でしょうか」というキャリアチェンジ希望者からの問い合わせに、こう回答することが多くなっていた。実際、経験者にこだわっていたらいつまでも採用できないと感じた企業が、人材紹介会社経由でも「未経験者可」として募集することが増えていた。

ただし、その前提となっていた「人手不足」という条件が、今回のコロナショックで一時的にせよ崩れている。

積極的に人材を採用する業界が減れば、転職希望者は求人のある業界に集中する。経験者を採用したいと思っていた企業にとってはチャンスだが、その余波ではじき出されてしまうのが未経験層ということになる。

キャリアチェンジを考えている転職希望者に事情を話すと、大胆な転職計画を試みる人も出てくる。

「この際、思い切って退職して、資格取得の学校などに通いながら、同時並行で転職活動をしようと思います」

だが、これは転職支援の専門家からすれば、もっともおすすめしたくない活動スタイルである。

経済状況が悪い時期の転職活動は、基本的に時間がかかる。希望に沿う案件が出てくれば決まるかもしれないが、それがいつ出てくるのかが読めないのだ。仕事が決まらず、無職の状態が数ヵ月も続いたらどうなるかを想像してみてほしい。ブランク期間が長引くほど、企業からマイナス評価をされるようになる。本人は気にしなくても、家族など周囲の人間が焦りだす可能性もある。

そうなると「とにかくどこでもいいから再就職を決めたい」と考えはじめる。その焦りは、転職の本来の目的を見失わせることになる。結局、経験を生かせる前職と同じ分野の仕事に就くなど、最初の希望とは異なる転職をしてしまうケースも少なくない。

仕事に慣れ、状況が落ち着いたところで我に返り、再び転職活動をやり直したいと思っても、短期離職はマイナス評価につながってしまう。転職のお手伝いをした人たちに、そんな悪循環に陥ってはほしくない。

転職希望者は「少しでも早く新しいキャリアを始めたい」と考えがちだ。しかし、大きな失敗をしないためにも、ここはじっくり構えることが必要な時期だと割り切って、長期戦を乗り切ってほしい。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる1
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ2
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが共感できるでオススメしました
東京都 運輸・倉庫・輸送 2020/10/07

 

TKさんが参考になったでオススメしました
東京都 半導体・電子・電気部品 2020/10/06

 

2件中 1~2件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
転職サポートで重要な価値観の確認
「当たり前」も人によって違う
人材紹介会社の転職サポートは、求職者の希望に合わせて進めるのが大原則。ただ、しっかり転職条件や希望を聞き出して求人を紹介しても、なんとなく話がかみ合わないことが...
2020/11/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...