無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……

中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。少子高齢化による労働力不足はそう簡単に解決するわけがなく、この傾向はしばらく続くと誰もが考えていた。しかし、コロナ禍により、一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦したいと考えている未経験者層や、キャリアチェンジを希望する人たちだろう。

すべての業種が落ち込んでいるわけではない

「コロナ禍で、企業の採用はどうなっていますか。求人数は減っていますか」

このところの転職相談で多い質問といえば、まずこれだ。転職を成功させたいと考える人なら誰でも、できるだけ豊富な選択肢の中から、自分のポテンシャルを生かせる仕事を選びたい。近年は人手不足が常態化し、中途採用市場の有効求人倍率も高止まりしていた。企業にとっては採用に苦労する大変な時代だが、転職希望者には有利な環境が続いていた。

ところが、新型コロナウイルス感染症の流行で状況は一変。企業が採用に慎重になっている。GDPの落ち込みが、100年に一度といわれたリーマンショックを大きく上回っている状況では、やむをえないことかもしれない。

これまでもさまざまな不況があったが、そういう時期の転職希望者に対するアドバイスは、ほぼ決まっている。

「売り上げが落ちている業種は、採用予定数も減らしているでしょう。しかし、逆に『巣ごもり需要』などで、業績がアップしている業界も少なくありません。採用を増やしている好調な企業もあるので、ご紹介しますよ」

どんなに厳しい不況でも、全業種が採用をストップすることはない。これは経験上確かなことだ。

もう一つ、転職を急がないことも重要なポイントだ。たとえ業績が好調でも、感染症流行の収束が見えないため、採用にやや慎重になる企業もある。また、業績の悪化した企業から堅調な企業に移りたいと考えている、新たな転職希望者も出てくる。そうなると一つの求人に対して応募する人が増え、倍率は上がる。経済状況が悪いときには、『長期戦も覚悟』というスタンスで臨んだ方が、最終的に良い転職ができるケースが多い。

こうした採用縮小期にもっとも影響を受けるのが、未経験者や、これまでとは違う分野への転職を考えているキャリアチェンジ希望者なのだ。

コロナ禍の転職に焦りは禁物

プロが最もおすすめしない転職活動

「人材紹介会社が扱うのは、ほとんど経験者採用だけだとお聞きになっているかもしれません。しかし最近は人手不足もあって、『ポテンシャルの高い人材や興味を持ってその分野の勉強をしていたような方なら積極的に採用したい』と考える企業も増えてきています」

ここ数年、「この職種の経験はないのですが、紹介は可能でしょうか」というキャリアチェンジ希望者からの問い合わせに、こう回答することが多くなっていた。実際、経験者にこだわっていたらいつまでも採用できないと感じた企業が、人材紹介会社経由でも「未経験者可」として募集することが増えていた。

ただし、その前提となっていた「人手不足」という条件が、今回のコロナショックで一時的にせよ崩れている。

積極的に人材を採用する業界が減れば、転職希望者は求人のある業界に集中する。経験者を採用したいと思っていた企業にとってはチャンスだが、その余波ではじき出されてしまうのが未経験層ということになる。

キャリアチェンジを考えている転職希望者に事情を話すと、大胆な転職計画を試みる人も出てくる。

「この際、思い切って退職して、資格取得の学校などに通いながら、同時並行で転職活動をしようと思います」

だが、これは転職支援の専門家からすれば、もっともおすすめしたくない活動スタイルである。

経済状況が悪い時期の転職活動は、基本的に時間がかかる。希望に沿う案件が出てくれば決まるかもしれないが、それがいつ出てくるのかが読めないのだ。仕事が決まらず、無職の状態が数ヵ月も続いたらどうなるかを想像してみてほしい。ブランク期間が長引くほど、企業からマイナス評価をされるようになる。本人は気にしなくても、家族など周囲の人間が焦りだす可能性もある。

そうなると「とにかくどこでもいいから再就職を決めたい」と考えはじめる。その焦りは、転職の本来の目的を見失わせることになる。結局、経験を生かせる前職と同じ分野の仕事に就くなど、最初の希望とは異なる転職をしてしまうケースも少なくない。

仕事に慣れ、状況が落ち着いたところで我に返り、再び転職活動をやり直したいと思っても、短期離職はマイナス評価につながってしまう。転職のお手伝いをした人たちに、そんな悪循環に陥ってはほしくない。

転職希望者は「少しでも早く新しいキャリアを始めたい」と考えがちだ。しかし、大きな失敗をしないためにも、ここはじっくり構えることが必要な時期だと割り切って、長期戦を乗り切ってほしい。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった1
  • 共感できる1
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ2
最新順 人気順 古い順

*****さんが共感できるでオススメしました

東京都 運輸・倉庫・輸送 2020/10/07

 

TKさんが参考になったでオススメしました

東京都 半導体・電子・電気部品 2020/10/06

 

2件中1~2件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
35歳限界説
Oターン
ジョブホッピング
嫁ブロック
カウンターオファー
リベンジ転職
リファレンスチェック
アルムナイ
パラレルキャリア
キャリア権