企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは

埼玉大学経済経営系大学院 准教授

宇田川元一さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇田川元一さん(埼玉大学経済経営系大学院 准教授)

組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に回っていくでしょう。けれども現実は、各所で起こる対立に、現場の社員だけでなく人事も頭を悩ませています。食い違いをそのままにしておけば、関係が悪化するだけでなく、事業の停滞を引き起こしかねません。経営戦略論や組織論を研究する埼玉大学経済経営系大学院 准教授の宇田川元一先生は、「わかり合えないのは、互いに見えている景色が異なるからだ」と説明します。私たちは、意見や考えの相違にどう向き合うべきなのでしょうか。また、対立を解決しようとする社員に、人事はどんな支援ができるのでしょうか。宇田川先生に話をうかがいました。

プロフィール
宇田川元一さん
埼玉大学経済経営系大学院 准教授

1977年東京生まれ。2000年立教大学経済学部卒業。2002年同大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。2006年明治大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得。2006年早稲田大学アジア太平洋研究センター助手、2007年長崎大学経済学部講師・准教授、2010年西南学院大学商学部准教授を経て、2016年より現職。社会構成主義やアクターネットワーク理論など、人文系の理論を基盤にしながら、組織における対話やナラティヴとイントラプレナー(社内起業家)、戦略開発との関係についての研究を行っている。大手企業やスタートアップ企業で、イノベーション推進や組織変革のためのアドバイザーや顧問を務める。専門は経営戦略論、組織論。2007年度経営学史学会賞(論文部門奨励賞)受賞。

ナラティヴの違いがつくる「わかり合えない溝」

宇田川先生の初の著書『他者と働く――「わかりあえなさ」から始める組織論』(NewsPicksパブリッシング、以下『他者と働く』)では、1冊を通して「ナラティヴ」がキーワードになっています。

ナラティヴ(narrative)自体には、物語や語る行為という意味と、そうした語りを生み出す解釈の枠組みの2つの意味合いがあります。語る行為や文学作品に対して使われる場合が多いですが、本書では「語り手の解釈の枠組み」という位置づけで使っています。

例えば上司と部下の関係では、上司は「部下を指導し評価する役割」として部下と接するでしょう。また、部下は上司に対して「自組織に対するリーダーシップや責任」を求めます。これは、「上司はこうあるべき」というナラティヴに基づくものです。

ナラティヴは、自身の仕事上の役割や社会的な立場、世間的な職業規範や自分の置かれている環境の文化によって形成されます。意外と見過ごされやすいのですが、部下にもナラティヴはあります。若手社員の中には、「自分は下っ端だから、無責任なことを言っても許される」と思っている節がある人もいますよね。また、上司は上司で「部下は自分の命令を聞くのが当たり前だ」と感じている人もいる。これも、若手社員や部下に対するナラティヴに依拠するものです。

ナラティヴの違いは、人間関係にどのような影響を与えるのでしょう。

例えば、医師と患者の間でコミュニケーションが噛み合わないケースがあります。医師は医学的見地から最善の治療を提案しても、患者は不安を拭えず提案を受け入れられないときなどです。このとき両者の間には、「わかり合えない」という溝が存在します。それは、双方のナラティヴに違いがあるからです。

わかり合えない溝のことを本書では、「ナラティヴの溝」と呼んでいます。これは、日常のコミュニケーションでもよく見られます。同僚や友達から相談を受けて、自分では会心のアドバイスをしたつもりなのに相手の反応は今ひとつだった、あるいはあの部署とこの部署はいつも意見が対立する、といったとき、両者は異なるナラティヴに立っているといえるでしょう。

確かにどんな正論でも、相手の言い分を受け入れられないときがあります。

宇田川元一さん(埼玉大学経済経営系大学院 准教授)

どちらが正しい、間違っているという話ではありません。先の例のような状況に陥っているとき、私たちの目の前には「適応課題(adaptive challenge)」と呼ばれる問題が立ちはだかっています。適応課題とは、人々の関係性によって起こるもので、今ある技術やノウハウで一方的に解決することができません。私たちが今持っている技術で解消できる問題は、「技術的問題(technical problem)」といいます。もし適応課題を技術的問題のように捉え、手持ちの解決策で強引に事態を収束させたとしても、両者の間にしこりを残したり、そもそも何も問題が解決しなかったりしてしまいます。これでは何をやっているのかよくわからなくなりますね。

では、どうすれば適応課題を解決に導くことができるのか。その一つが「対話」です。ここで言う対話とは、車座になって話し合ったり1on1で語り合ったりすることではありません。マルティン・ブーバーら哲学者たちが掲げる対話主義や対話概念に基づいた考えで、「新しい関係性を構築すること」にあります。

これは「Aか、それともBか」と、対立する考えのどちらかを採用するのではなく、対話によって「AもBも成り立つことが可能なCという枠組み」を見出していくことです。どちらかが妥協したりお互いが譲歩し合ったりといったものではなく、双方の新しい関係性を構築することがポイントです。

ナラティヴは対話とどう関わるのでしょう。

対話は、「ナラティヴの溝に橋を架けること」ともいえます。そして橋を架けるには、両者の間にある溝の深さや距離のほか、対岸、つまり相手のナラティヴの形や特徴をつかむ必要があります。お互いのナラティヴを知ることが、対話の成立には欠かせないのです。これは組織で起こる利害の対立や意思疎通の不和の解決において、重要なポイントとなります。

このように相手のナラティヴに着目し、わかり合えない溝に橋を架ける考えは医療や臨床心理の分野で研究や実践が進んでいる思想や方法で、「ナラティヴ・アプローチ」と呼ばれます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載
黒田祥子さん:
生産性向上につながる鍵は「週単位」「日単位」の余暇時間
休み方への意識を変えるために人事が取るべき施策とは
2019年は、多くの企業にとって「休み方」を考え直す契機となるのではないでしょうか。平成から令和への改元に伴い、ゴールデンウィークが過去に例のない大型連休となっ...
2019/08/26掲載
川島 薫さん:
社会人として働くことに健常者も障がい者もない
“当たり前”を取り入れた、これからの障がい者雇用とは
楽天グループの特例子会社である、楽天ソシオビジネス株式会社。同社は、設立時より積極的に障がい者採用を行い、高い雇用率と定着率を実現しています。また、特例子会社で...
2019/07/26掲載

関連する記事

太田 肇さん:
本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(後編)
“やってもやらなくても変わらない”社会と組織を変えるために
日本の組織と個人をめぐる太田先生のお話は、個人をきちんと表に出す成果主義の本来のあり方から新しいチームワーク論へと広がっていきます。そして提言されたのは、企業と...
2015/03/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
太田 肇さん:
本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(前編)
成果より「がんばり」で評価される組織が社員をつぶす?
『がんばると迷惑な人』という刺激的なタイトルの本の売れ行きが好調です。著者は同志社大学政策学部教授で、組織学者の太田肇先生。“個人尊重の組織論”を提唱する太田先...
2015/03/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”
松井道夫さん
「個の時代」のための自由な組織
「20世紀が『組織の時代』だったとすれば、21世紀は『個の時代』になるだろう」と松井証券の松井道夫社長は言います。「会社とはプロジェクトであり、そこで働く人たち...
2005/09/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事キーワード】
ゆでガエル理論
サッカー型組織
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。