無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは

埼玉大学経済経営系大学院 准教授

宇田川元一さん

宇田川元一さん(埼玉大学経済経営系大学院 准教授)

組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に回っていくでしょう。けれども現実は、各所で起こる対立に、現場の社員だけでなく人事も頭を悩ませています。食い違いをそのままにしておけば、関係が悪化するだけでなく、事業の停滞を引き起こしかねません。経営戦略論や組織論を研究する埼玉大学経済経営系大学院 准教授の宇田川元一先生は、「わかり合えないのは、互いに見えている景色が異なるからだ」と説明します。私たちは、意見や考えの相違にどう向き合うべきなのでしょうか。また、対立を解決しようとする社員に、人事はどんな支援ができるのでしょうか。宇田川先生に話をうかがいました。

Profile
宇田川元一さん
埼玉大学経済経営系大学院 准教授

1977年東京生まれ。2000年立教大学経済学部卒業。2002年同大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。2006年明治大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得。2006年早稲田大学アジア太平洋研究センター助手、2007年長崎大学経済学部講師・准教授、2010年西南学院大学商学部准教授を経て、2016年より現職。社会構成主義やアクターネットワーク理論など、人文系の理論を基盤にしながら、組織における対話やナラティヴとイントラプレナー(社内起業家)、戦略開発との関係についての研究を行っている。大手企業やスタートアップ企業で、イノベーション推進や組織変革のためのアドバイザーや顧問を務める。専門は経営戦略論、組織論。2007年度経営学史学会賞(論文部門奨励賞)受賞。

ナラティヴの違いがつくる「わかり合えない溝」

宇田川先生の初の著書『他者と働く――「わかりあえなさ」から始める組織論』(NewsPicksパブリッシング、以下『他者と働く』)では、1冊を通して「ナラティヴ」がキーワードになっています。

ナラティヴ(narrative)自体には、物語や語る行為という意味と、そうした語りを生み出す解釈の枠組みの2つの意味合いがあります。語る行為や文学作品に対して使われる場合が多いですが、本書では「語り手の解釈の枠組み」という位置づけで使っています。

例えば上司と部下の関係では、上司は「部下を指導し評価する役割」として部下と接するでしょう。また、部下は上司に対して「自組織に対するリーダーシップや責任」を求めます。これは、「上司はこうあるべき」というナラティヴに基づくものです。

ナラティヴは、自身の仕事上の役割や社会的な立場、世間的な職業規範や自分の置かれている環境の文化によって形成されます。意外と見過ごされやすいのですが、部下にもナラティヴはあります。若手社員の中には、「自分は下っ端だから、無責任なことを言っても許される」と思っている節がある人もいますよね。また、上司は上司で「部下は自分の命令を聞くのが当たり前だ」と感じている人もいる。これも、若手社員や部下に対するナラティヴに依拠するものです。

ナラティヴの違いは、人間関係にどのような影響を与えるのでしょう。

例えば、医師と患者の間でコミュニケーションが噛み合わないケースがあります。医師は医学的見地から最善の治療を提案しても、患者は不安を拭えず提案を受け入れられないときなどです。このとき両者の間には、「わかり合えない」という溝が存在します。それは、双方のナラティヴに違いがあるからです。

わかり合えない溝のことを本書では、「ナラティヴの溝」と呼んでいます。これは、日常のコミュニケーションでもよく見られます。同僚や友達から相談を受けて、自分では会心のアドバイスをしたつもりなのに相手の反応は今ひとつだった、あるいはあの部署とこの部署はいつも意見が対立する、といったとき、両者は異なるナラティヴに立っているといえるでしょう。

確かにどんな正論でも、相手の言い分を受け入れられないときがあります。

宇田川元一さん(埼玉大学経済経営系大学院 准教授)

どちらが正しい、間違っているという話ではありません。先の例のような状況に陥っているとき、私たちの目の前には「適応課題(adaptive challenge)」と呼ばれる問題が立ちはだかっています。適応課題とは、人々の関係性によって起こるもので、今ある技術やノウハウで一方的に解決することができません。私たちが今持っている技術で解消できる問題は、「技術的問題(technical problem)」といいます。もし適応課題を技術的問題のように捉え、手持ちの解決策で強引に事態を収束させたとしても、両者の間にしこりを残したり、そもそも何も問題が解決しなかったりしてしまいます。これでは何をやっているのかよくわからなくなりますね。

では、どうすれば適応課題を解決に導くことができるのか。その一つが「対話」です。ここで言う対話とは、車座になって話し合ったり1on1で語り合ったりすることではありません。マルティン・ブーバーら哲学者たちが掲げる対話主義や対話概念に基づいた考えで、「新しい関係性を構築すること」にあります。

これは「Aか、それともBか」と、対立する考えのどちらかを採用するのではなく、対話によって「AもBも成り立つことが可能なCという枠組み」を見出していくことです。どちらかが妥協したりお互いが譲歩し合ったりといったものではなく、双方の新しい関係性を構築することがポイントです。

ナラティヴは対話とどう関わるのでしょう。

対話は、「ナラティヴの溝に橋を架けること」ともいえます。そして橋を架けるには、両者の間にある溝の深さや距離のほか、対岸、つまり相手のナラティヴの形や特徴をつかむ必要があります。お互いのナラティヴを知ることが、対話の成立には欠かせないのです。これは組織で起こる利害の対立や意思疎通の不和の解決において、重要なポイントとなります。

このように相手のナラティヴに着目し、わかり合えない溝に橋を架ける考えは医療や臨床心理の分野で研究や実践が進んでいる思想や方法で、「ナラティヴ・アプローチ」と呼ばれます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった1
  • 共感できる2
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい1
オススメ4
最新順 人気順 古い順

がみっちさんさんが参考になったでオススメしました

愛知県 石油・ゴム・ガラス・セメント・セラミック 2021/05/19

 

*****さんが共感できるでオススメしました

静岡県 建築・土木・設計 2021/05/18

 

蓉子さんが理解しやすいでオススメしました

東京都 その他業種 2021/01/29

 

*****さんが共感できるでオススメしました

山口県 その他業種 2020/12/01

まず、相手の立場を尊重し合うことが基本です。敵対関係ではうまくいきません。相手に伝えるときには、常に相手の立場に立って丁寧に説明する。その繰り返しです。傾聴手法も有効です。分かり合えるためには、お互いに謙虚・自己反省・改善・意識改革が必要です。それがナラティブ・アプローチにもなるものと考えています。

4件中1~4件を表示
  • 1

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ゆでガエル理論
サッカー型組織