企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
イベントレポート掲載日:2015/06/26

ATD 2015 International Conference & Expo 参加報告
~ATDに見るグローバルの人材開発の動向~

[ 取材・レポート ] 株式会社ヒューマンバリュー 主任研究員 川口 大輔

『2015年5月17日~20日に、米国フロリダ州オーランドにて、“ATD 2015 International Conference & Expo(ICE)”が開催されました。本カンファレンスでは、毎年、世界各国から集まった先駆的企業やプラクティショナー、教育機関・行政体のリーダーたちが、現在直面している課題やこれからの人材開発のあり方について、組織の枠を超えて多くの人と学び合います。 昨年、名称がASTD(American Society for Training Development)から、ATD(Association for Talent Development)へと変わりましたが、今回はATDとして初のインターナショナル・カンファレンスになりました。名称が変わったことも影響してか、カンファレンスの雰囲気や話されている内容・フォーカスにも少し変化があったように感じました。本レポートでは、ATD 2015の現地の様子、またどのような議論が行われていたのかを紹介することで、グローバルの人材開発の動向を探っていきたいと思います。

ATD2015 International Conference & Expo の概要報告

■ATDとは

ATD(Association for Talent Development)は、企業や政府などの人材開発・組織開発の支援をミッションとし、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く会員制組織(NPO)であり、1943年に設立されました。世界120ヵ国以上に約40,000人の会員を持つ、タレント開発に関する世界最大級の組織です。

■ATD International Conference & Expo(ATD国際会議)とは

ATD International Conference & Expo(ATD国際会議)は、ATDが年に一度開催している人材開発や組織開発に関する世界で一番大きなイベントです。通称ATD ICE(アイス)と呼ばれています。2015年は、オーランドにて開催され、四日間で三つの基調講演と400以上のセッションやワークショップが実施されたほか、EXPOのブースも350以上出展されました。参加者は、米国に加えて、アジア、欧州、南米、中東など世界92ヵ国から約9,600人を数えました。

■ATD2015 International Conference & Expo開催概要
日程 2015年5月17日(日)~20日(水)
場所 米国フロリダ州オーランド、オレンジ・カウンティー・コンベンション・センター
セッション数 約400件
  • 基調講演:3件
  • コンカレント・セッション数:約310件
  • ワークショップ:10件
  • エキスポ展示者によるデモセッション:約50件
基調講演
  • アンドレア・ジュング氏(エイボン社の元取締役会会長兼CEO)
  • スガタ・ミトラ氏(英国ニューキャッスル大学の教育テクノロジーの教授、Hole in the WallやSchool in the Cloudのプロジェクトに取り組む)
  • エリック・ワール氏(グラフィック・アーティストであり、作家であり、また起業家。TEDの講演でも知られる)
コンテント・トラック
(10カテゴリー)
  • Career Development(キャリア開発)
    組織と個人を含めたキャリア開発
  • Global Human Resource Development(グローバル人材開発)
    文化の多様性、グローバリゼーション、ローカライゼーションと、地域別のベストプラクティスに焦点を当てる
  • Human Capital(ヒューマン・キャピタル)
    コーチング、メンタリング、パフォーマンス改善、学習機能の管理、チェンジ・マネジメントとタレント・マネジメントが含まれる
  • Instructional Design(インストラクショナル・デザイン)
    効果的な学習のデザインについての基本から応用までのアプローチや実践事例など、幅広いテーマで構成される
  • Leadership Development(リーダーシップ開発)
    個人や組織、両方の開発アプローチをカバーしている
  • Learning Technologies(ラーニング・テクノロジー)
    新しいデバイスやアプリケーションの活用など、ラーニングを効果的にする様々なテクノロジーを扱っている
  • Learning Measurement & Analytics(ラーニングの測定と分析)
    ラーニングに関する様々な施策の対する効果測定や、より成果を高めるための分析について扱っている
  • Management(マネジメント)
    チェンジ・マネジメント、エンゲージメント&モチベーション、マネジャーとトレーナーのコラボレーションなどのテーマが含まれる
  • Training Delivery(トレーニング・デリバリー)
    デリバリーの技術や学習効果を高めるゲームやアクティビティ、技術学習のためのデリバリー、 ファシリテーションスキルに関するセッションから構成される
  • The Science of Learning(ラーニングの科学)
    昨年までの「デザイン&ファシリテーティング・ラーニング」から分科し、今年新設されたカテゴリー。ニューロサイエンスを踏まえた学習や人材育成の促進をテーマとして掲げている
インダストリー・トラック
(4カテゴリー)
  • Higher Education(高等教育)
    大学の学部、部長、および教育の指導者に向けたセッション
  • Sales Enablement(セールスの有効化)
    ソート・リーダーシップ(考え抜かれたリーダーシップ)、デザインと開発、販売スキルとコンピテンシーをカバーしている、販売トレーナー、コーチ、リーダー、役員を含むセールス・イネーブルメント専門家のためのプログラム
  • Healthcare(ヘルスケア)
    ヘルスケア業界におけるカスタマー・サービス・カルチャー、ダイバーシティ・トレーニング、スキル・ギャップなどのテーマをベースとしたセッション
  • Government(行政)
    連邦、州、および地方など、政府のあらゆるレベルにおける、政府で働く人に向けた、政府関係者によるセッション

■ATD2015 International Conference &Expo開催実績

  • 参加人数:9,600名以上
  • 海外からの参加:2,300名
  • 参加国数:92ヵ国
  • 参加者の多い国の状況:韓国…291名、カナダ…211名、日本…172名、中国…163名、ブラジル…146名

※参考 過去の実績

【参加人数】
2014年 10,500名
2013年 9,000名
2012年 9,000名
2011年 8,500名
2010年 8,000~9,000名
2009年 8,000名

4年ぶりのオーランドでの開催

ATDは毎年、アメリカの主要都市(ワシントンD.C.、シカゴ、ダラス、デンバー、サンディエゴなど)で順繰りに開催されますが、今年は4年ぶりにオーランドで行われました。オーランドは、観光地としても人気の高い都市で、ディズニー・ワールドを始め、ユニバーサル・スタジオやシーワールドなど、世界的に著名なアミューズメントパークが立ち並びます。カンファレンス期間中にATD主催で行われる「ネットワーキング・ナイト」は、ユニバーサル・スタジオのハリー・ポッターのアトラクションを貸し切って開催され、大変盛り上がりました。

米国フロリダ州オーランド photo米国フロリダ州オーランド photo米国フロリダ州オーランド photo米国フロリダ州オーランド photo

今年は、昨年と比べると全体の参加者数がやや減少したものの、海外(米国外)からの参加者は増えており、全体における海外参加者の比率がさらに高まりました。特に今年は日本から昨年の136名を大幅に上回る172名が参加し、日本におけるATDの認知度や関心が高まっていることが伺えました。

多様なラーニングの機会

熱気にあふれるコンカレント・セッションの会場。

熱気にあふれるコンカレント・セッションの会場。
人気セッション では400名ほど収容できるスペースが満席になることも。

ATD ICEは、多様なラーニングの機会にあふれています。日曜日から水曜日までの4日間で、基調講演は3回開催。メインとなるコンカレント・セッションは、毎朝8時くらいから夕方5時過ぎまで行われます。例年、コンカレント・セッションは毎日3枠程度の時間帯で行われていたのですが、今年は一日4枠に時間帯が拡大されてたため、その分、得られる情報の量も多かったように思います。

各時間帯で行われるコミュニティ・シアター

各時間帯で行われるコミュニティ・シアター

また、今年は初の試みとして、「コミュニティ・シアター」というセッションが行われました。これは、たとえば「グローバルHRD」「ヒューマン・キャピタル」「ラーニング・テクノロジー」などの主要テーマごとに、パネル・ディスカッション形式でセッションが行われるものです。一人の発表者だけではなく、複数のプラクティショナーが多様な見解を述べるので、対話的に学ぼうとする機会が、今後さらに増えていくかもしれません。

コンカレント・セッションの合間には、350以上のブースが出展したEXPOに参加したり、ブックコーナーで書籍を購入したり、グローバル・ビレッジで他国から来た参加者と交流を深めたりするなど、多様な学びの機会があります。今年は、ブックコーナーで、パフォーマンス・コンサルティングのデーナ&ジェームス・ロビンソン夫妻や1分間リーダーシップで著名なケン・ブランチャード氏など、人材開発の領域におけるレジェンド・スピーカーたちが机を並べ、ブック・サイニングに応じたり、対話を楽しんだりしていました。こうしたレジェンド・スピーカーたちと、気軽に触れ合えるのもATDならではと言えます。

EXPOの各ブース

今年も盛況だったEXPO。カンファレンスの 大きなテーマの
一つであった「Mラーニング」を扱うブースも多く見受けられました。

ブック・サイニング photoブック・サイニング photo

ブック・サイニングでは時間を気にせず大御所たちと気軽に会話できるのが魅力です

ヒューマンバリュー情報交換会の様子

ヒューマンバリュー情報交換会の様子。
夜遅くまでダイアログが 続きます。

今年は、日本からの参加者数が、昨年と比べて大幅に増えていましたが、セッション終了後には、各ツアー・グループ内で情報交換や振り返りのミーティングを設けていたところも多かったようです。ATDでは、400を超えるセッションが開催されるので、一人で参加できるセッションには限りがあります。参加した複数のメンバー同士で、お互いが出たセッションの情報を交換し合い、カンファレンスの全体像を把握したり、そこから何が学べるかを対話することが、ラーニングをさらに深いものとしてくれます。私が所属するヒューマンバリューで開催した情報交換会の中でも、企業の人事・人材開発担当者やコンサルタントなど、多様な知見と経験を持つ皆さまが、組織の垣根を越えて毎晩遅くまでダイアログを行い、多くの気づきや発見を得ることができました。

ATD(Association for Talent Development)として初の大会

上述したように、今年はASTDからATDへと名称を変えて初のカンファレンスとなりました。それを反映してか、タイトルに「タレント・ディベロップメント」という言葉を付けたセッションが多数見受けられ、セッションの中でも、この言葉が語られる場面が大幅に増えたように感じました。

CEOのトニー・ビンガム氏は、カンファレンス期間中に行われたプレス会見の中で次のように語っていました。

トニー・ビンガム氏(右)

ATDのミッションについてプレスで語るトニー・ビンガム氏(右)

「今日組織にとって重要なのは、トレーニング単体を扱うことではなく、戦略的にプログラムを構築したり、素晴らしい人材を獲得したり、働いている人々のエンゲージメントを高めることなどを通して、人々が組織により大きな価値を提供できるようにすることにあります。タレント・ディベロップメントが担う役割は、より高次に、幅広くなってきています。私たちATDのミッションは、トレーニングや人材開発に携わる人々が、領域を広げて貢献できるようにサポートすることにあるのです。この1年間で、私たちはブランド名の再構築をほぼやり遂げました。マーケットの反応も、海外を中心にとてもポジティブです。」

組織の名称が変わり、自分たちのミッションもより明確になったこともあってか、トニー・ビンガム氏の語り口も例年以上に自信にあふれていたように感じました。

また、カンファレンスそのものも、「タレント・ディベロップメント」を切り口として焦点が絞られることにより、全体的なクオリティや議論の視座が高まったのではないかという声も多く聞かれました。ATDが、人材開発に関するグローバルのプラットフォームとなりつつあることを鑑みると、今後は「タレント・ディベロップメント」という包括的な切り口を軸にして、人材開発に携わる人々の役割を見直していこうという動きも増えてくるかもしれません。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載

関連する記事

従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載人事白書 調査レポート
真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載HR業界TOPインタビュー
ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載となりの人事部
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載注目の記事
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。