企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジココウテイカン 自己肯定感

「自己肯定感」とは、自分自身を受け入れ、尊重し、ポジティブに捉えることができる感情のことをいいます。他者と比較して何ができるか、何を持っているかなどで優劣を決めるのではなく、評価や成果の有無にかかわらず自分軸を持ち、そのままの自分を受け入れます。自己肯定感は、恐れや不安といったネガティブなモチベーションではなく、信頼や安心感をベースに前進する力を与えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己肯定感のケーススタディ

自己肯定感と自己効力感の違いは
「条件付き」の自己肯定かどうか

仕事や人間関係に悩むことなく、幸福度の高い日々を送るためには自己肯定感が大切だと言われています。しかし、自己肯定感が高ければ良い、低ければ悪い、ということではありません。自己肯定感の有無で人の優劣は決まりませんが、自己肯定感の有無がその人の人生に与える影響は少なくないでしょう。

類似の考え方に「自己効力感」がありますが、自己効力感と自己肯定感は似て非なるものです。自己効力感は「私はこの目標を達成することができる」と条件付きで自己肯定をすること。つまり、「結果を出している自分は大丈夫」という状態です。結果の良し悪しにかかわらず、自分を肯定する力が自己肯定感です。

内閣府の「平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」において、日本を含めた7ヵ国の満13~29歳の若者に「自分自身に満足しているか」を聞いたところ、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した割合の合計はアメリカで86.0%、イギリスで83.1%。日本以外の6ヵ国はいずれも70%以上となる中、日本は45.8%にとどまりました。一方、「つまらない、やる気が出ないと感じた」という設問に対して「あった」「どちらかと言えばあった」と回答した割合の合計は、日本は76.9%で他国(アメリカ:49.0%、イギリス:55.2%)を大きく上回りました。

自己肯定感の高い人には次のような傾向があります。

  • 物事を肯定的に受け止められる
  • 自分を尊重するように他者を尊重できるため人との違いを受け入れられる
  • 人の評価に振り回されない
  • 自分の意見を伝えられる

ポイントは「人は失敗する」ということです。自己肯定感の有無にかかわらず、その事実は変わりません。その失敗をどう捉えるか。成長につながりラッキーだと思うのか、誰かに嫌われるのではないかとビクビクするのか。自己肯定感とは“ポジティブなものの見方”なのです。

自己肯定感は、人生の長い年月をかけて複雑な要素が絡み合い形成されるもの。一朝一夕で変えることは難しいと言われています。しかし、ものの見方は訓練次第で変えることもできます。例えば仕事でネガティブなことが起きたとき、ポジティブな側面を二つ考える。習慣を積み重ねることで、思考の癖も徐々に変化していきます。

・参考
特集 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~(平成26年版 子ども・若者白書(概要版)、内閣府)

平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(内閣府)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...

関連する記事

「HRテクノロジーを活用しようという意識」がある割合は、経営層39.0%、人事部門59.5%、現場26.9%
HRテクノロジーを活用しようという意識が経営層にあるのかを聞いたところ、「当てはまる」(9.1%)、「どちらかといえば当てはまる」(29.9%)を合わせた割合は39.0%にとどまっている。人事部門は、「当てはまる」(16.0%)、「どちらかといえば当てはまる」...
2018/08/07掲載人事白書 調査レポート
小島貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

外国人雇用
ご質問です。日本で外国人を雇用した場合に受給できる助成金等はあるのでしょうか?もちろん在留資格のある外国人です。 以上、宜しくお願い致します。
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
社宅有無の割合
お世話になります。 新卒および第二新卒採用を考えているのですが、社宅の有無がポイントになると思っています。 社宅保有を条件としている会社の割合はどの程度なのでしょうか。 もし、お分かりになる方がいらっしゃたら、ご教示いただきたいと思います。 よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...