企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~

古橋 孝美(ふるはし たかみ)

今までの調査結果を時系列に並べると、平成22年版、平成24年版では共に「保険料負担が増えないよう、パート・アルバイト(※)の労働時間を適用基準未満に設定する」がトップに挙がっていました。パート・アルバイトを雇用する理由で多く挙がるのが、「人件費の抑制」です。であるならば、彼らの社会保険料負担は割に合わない、とする企業が多いのもうなずけます。
※平成27年版では「非正規雇用従業員」と聴収しています

しかし、「保険料負担が増えないよう、パート・アルバイトの労働時間を適用基準未満に設定する」企業の割合は、平成25年版では34.4%、平成27年版では20.5%と減少傾向にあり、ついに最多回答ではなくなりました。代わりに増加したのが、「保険料負担が増えても、特にパート・アルバイトの労働時間の調整は行わない」です。平成25年版、平成27年版ではそれぞれ39.2%、43.8%の回答を集め、平成27年版では「保険料負担が増えないよう、パート・アルバイトの労働時間を適用基準未満に設定する」とした企業の割合を23.3ポイント上回り、2倍以上になっています。

●社会保険(厚生年金・健康保険)適用基準拡大時の対応(時系列)

社会保険(厚生年金・健康保険)適用基準拡大時の対応(時系列)

こうした企業の意識の変化には、長らく続いている人材不足の影響があるのではないでしょうか。パートの有効求人倍率は上昇を続けており、2016年4月では1.69倍の高水準となっています。また、平成28年5月の労働経済動向調査(厚生労働省)によると、パートタイム労働者過不足判断D.I.(「不足」から「過剰」を引いた数値)は、調査産業計で31ポイント、27期連続で不足超過となっています。

そのような状況で、企業が、保険料負担を避けるためにパート・アルバイトの就労調整を一律に行うことは、得策ではありません。適用基準に満たない労働時間・収入を想定すると細切れのシフトとなり、同じ分量の仕事を行うにも、より多くの人員が必要になってしまうからです。保険料負担を避けるためにパート・アルバイトの労働時間を調整しようとしても、そうしてしまうと、より深刻な人員不足に陥る可能性があります。

また、企業のパート・アルバイトの捉え方が変化してきたことも一因ではないでしょうか。近年の最低賃金の大幅な上昇、均衡処遇の推進などパート・アルバイトを雇用する“割安感”は失われつつあります。また、労働契約法の改正(有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約<無期労働契約>に転換できる)もあり、契約更新をいたずらに重ねることはできなくなりました。

今後、自社の有期労働契約の労働者をどのような戦力と捉え雇用していくのか、考える必要に迫られた企業も多かったのではないでしょうか。先の人材不足感にあいまって、パート・アルバイトに対し、“どうせ雇用するのであれば、生産性を高め、戦力化した方が有効である”という認識が強くなっているように感じます。

今は、多様な働き方の実現が叫ばれ、従来の働き方・働かせ方から脱却していく過渡期のように思われます。自社に合ったより具体的、戦略的な対応策を検討するヒントになれば幸いです。

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。 パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所

●文/古橋 孝美(ふるはし たかみ)
2007年、株式会社アイデム入社。求人広告の営業職として、人事・採用担当者に採用活動の提案を行う。2008年、同社人と仕事研究所に異動。「パートタイマー白書」、新卒採用・就職活動に関する調査等のアンケート調査を担当。雇用の現状や今後の課題について調査を進めている。2015年出産に伴い休職、2016年復職。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理
令和2年の通常国会に提出された法改正の内容と企業実務への影響について、ビジネスガイドでは、4月号で「雇用保険、労災保険、高年齢者の雇用等の労働関係」の改正、5月...
2020/07/17掲載人事・労務関連コラム
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
あなたの仕事は○○○ワーク?
ライフワーク、ライスワーク、ライトワーク、ライクワーク――。生活のため、やりがい重視、大好きなことをつきつめるなど、パート・アルバイトで働く人が仕事を選ぶ背景に...
2018/12/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
無期転換ルールの対応~企業は? 有期労働者は? 最新調査報告
労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約半年後に迫っています。有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか?企業は、どのように対応しよ...
2017/10/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
仕事と家庭、どっちが大事?
働く女性と働く男性。家事・育児にどのくらいの時間を費やしている?また、配偶者の協力体制に働く女性は満足している?女性活躍の現状と課題について聞いた調査結果から、...
2017/07/21掲載新卒・パート/アルバイト調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...