企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

アンケート

人・組織に関する課題や施策についての調査レポートを
公開しています。貴社の課題解決にご活用ください。

全国企業の人事実態調査「日本の人事部 人事白書2015」
  • 調査レポート
  • 回答受付中のアンケート
    (受付中のアンケートはありません)
  • 69件中 1~20件を表示

    HRテクノロジー導入は人事部門主導が50%
    人材の育成・配置には課題も

    HRテクノロジー導入企業に導入背景を聞いたところ、最も多かったのが「人事部門が主導で進めた」が50.0%でした。ただし、人材の育成・配置までの対応に至っていないケースもあるようです。

    副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く

    従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半数が副業・兼業先での労働時間を把握していませんでした。

    半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め

    『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。

    注目される経営人材教育。実施している企業の過半数が教育の成果を実感

    『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果の一部をご紹介します。

    中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数

    『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。

    新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する

    『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。

    1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に

    『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。

    同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分

    『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。

    労務管理分野のHRテクノロジー導入割合は21.3%。リテンション・退職分野はこれから

    『日本の人事部 人事白書2020』から、HRテクノロジーの導入・活用状況の調査結果を紹介します。

    テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから

    『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。

    人手不足で約8割の企業が悩む。技術職で顕著

    『日本の人事部 人事白書2020』から、人手不足の職種や理由、対応策についての調査結果を紹介します。

    女性管理職、10%未満が半数以上……6年前から変化乏しく

    『日本の人事部 人事白書2020』から、女性管理職の登用についての調査結果を紹介します。

    経営戦略実現に貢献する人事ができているのは、わずか4社に1社

    『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果を紹介します。

    新型コロナウイルス感染症に対し、半数以上の企業が働き方の変更や、対策範囲・時期の判断に課題を感じている

    『日本の人事部 人事白書2020』から、新型コロナウイルス感染症に対する企業の対応についての調査を紹介します。

    今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」

    人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。

    イノベーション創出の施策は、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」がトップ3

    人事担当者にイノベーション創出の施策について聞いたところ、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」がトップ3であることがわかった。

    外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに

    人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。

    特定の職種(スキル保有)の従業員に「何らかの処遇を行っている」企業が約6割

    人事担当者に「特定の職種(スキル保有)の従業員に対して、特別な処遇を行うための制度はあるか」を聞いたところ、「何らかの処遇を行っている」企業が約6割あることがわかった。

    69件中 1~20件を表示

    会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

    事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

    注目コンテンツ

    【人事の日制定記念企画】
    オピニオンリーダーからのメッセージ

    HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


    人事メディア情報

    人事メディア情報

    人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


    非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

    非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

    『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


    大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

    大前提はノーマライゼーション
    障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

    2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


    『日本の人事部』主催イベント

    日本の人事部「HRカンファレンス」

    日本最大のHRイベント

    日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


    日本の人事リーダー会

    日本の人事リーダー会

    日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会