企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14745件   回答数31461

名刺の件

いつもお世話になっております。
弊社では、下請けの委託会社の社員に
弊社の社員と同じ名刺を持たせております。
外部のひとからみれば、社員だと思うのですが、法律上の問題はあるのでしょうか?
それとも倫理上の問題だけなのでしょうか?

  • 投稿日:2007/09/21 01:42
  • ID:QA-0009821
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/09/21 10:09
  • ID:QA-0009823

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

「名刺」の位置付けによる

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

本件は、ケースバイケースでの「名刺」の位置付けと実質的な機能によると思われます。

一般的な名刺の機能は、自分の所属と連絡先を相手に知らせるというものです。
この範囲で使用する限りは、何の問題もないのではないでしょうか。

ただ、少々事情が異なるケースもあります。
例えば、実質的に自分のキャリアやスキルを相手に対して示すことになる場合です。
何らかの委託業務を引き受ける責任者のような場合、名刺での所属やポジションを通じて、相手方が暗黙にこうしたことを確認することがあります。
そのような場合は、契約上の問題が後々生じる可能性もあります。

また、「パートナー」や「常務」等、役員と受け取られかねない呼称を表示するときも注意が必要です。
企業対企業での取り引きの、契約行為の当事者として扱われかねないからです。

以上、ご参考まで。

  • 投稿日:2007/09/21 10:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/09/21 11:40
  • ID:QA-0009826

代表者

下請会社社員に自社名刺を使用させることのリスク

■民法の重要な部分として「代理行為」があります。そのなかで、「代理権授与表示による表見代理」という制度があります。本来はその会社の社員ではない、或いは、社員であっても会社を代理する権限がないのに代理権の付与を表示すような名刺などを使用させた(契約権限のある課長と紛らわしい役職名の付与など)場合、相手側がそのことを知っていたか、不注意で知らなかった場合を除き、その社員の行為は会社を有効に代理したものとされます。(善意の第三者保護)
■取引先とのスムーズな交渉や関係の構築を目的として、自社の社員以外に、自社社員としての名刺を持たせる、場合によっては、職務上の権限があるものと思われる役職名を付与することはよく見受けられます。その名刺上の表示を信じて締結した契約が不履行となり多大の損失を蒙り、無権代理行為の表見代理性をめぐった係争も多くあります。ご質問の件ですが、こうした法律上のリスクを踏まえた上で再検討されることをお勧めします。名刺利用規程を制定されておられる企業もあります。

  • 投稿日:2007/09/21 11:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...