人事のQ&A

相談数11545件   回答数23933

持ち家の借り上げ使用料

 転勤者の持ち家の借り上げ料についてご教示願います。

転勤後の社宅は会社が借り上げ、一定金額を本人の給与より
控除します。
転勤前は持家に住んでおり、この家を会社が借り上げる形で
一定金額を本人に支給しようと思います。

規定等もなく今後整えていかなければならないのですが
給与での所得税等の考え方につき、ご教示いただきたく
宜しくお願いいたします。

また、仮に社員にこの持家を後に貸すことになった場合は
会社が借り上げている一般の社宅扱いで給与処理をして
良いのかどうか等も併せてご教示いただきたく宜しく
お願いいたします。

  • ココロさん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/05/18 13:08
  • ID:QA-0070588
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/05/18 20:04
  • ID:QA-0070601

代表者

転勤に伴う住居問題

▼ 先ず、転勤先での借上社宅貸与の方ですが、本人負担額の決め方次第で給与課税が発生します。その課税・非課税の分岐点は、一定の算定式で計算した金額の5割で、本人負担がそれ以上あれば、受け取っている家賃と基準となる金額との差額は、給与として課税されません。
▼ 下記は、簡単な例です。
(詳細は、国税庁 HP・参照先 ⇒ http://www.nta.go.jp/m/taxanswer/2597.htm )
(事例)1カ月当たりの家賃の基準となる金額が、1万円の社宅を使用人に貸した場合
① 使用人に無料で貸す場合には、1万円が給与として課税されます。
② 使用人から3千円の家賃を受け取れば、1万円と3千円との差額の7千円が給与として課税されます。
③ 使用人から6千円の家賃を受け取れば、6千円は1万円の5割以上ですので、差額の4千円は給与として課税されません。
▼ 次に、転勤後の本人持家の方ですが、会社借上方式を採用する場合、ローン返済を含むコストの個人別バラツキ、空家管理と運用方法など、難しい問題があります。会社借上しても、常時、入居転勤者がいる訳ではないので、信頼できるリロケーション・サービス会社の活用が欠かせません。入居者が決まらず、空家である期間、一定額の手当支給(給与所得)が必要でしょう。支給手当額は、独身、夫婦のみ、子女有りの大括りで、夫々定額化するのが実務的です。

  • 投稿日:2017/05/19 11:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

本人持家分の転勤後に支払う金額は、固定的賃金、
課税対象、社会保険の算定基礎対象となりますか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/05/19 11:56
  • ID:QA-0070631

代表者

転勤に伴う住居問題 P2

はい、名称(恐らく住宅補助手当)は兎も角、給与所得として課税扱いになると思います。

  • 投稿日:2017/05/19 14:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...