無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

離職率の計算方法について

離職率を算定したいと考えておりますが、どのように計算するのが標準か知っておりません。
標準的な計算方法、もしくは簡便な計算方法もあれば、教えて頂けませんでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿日:2006/05/24 11:52 ID:QA-0004780

人事担当さん
東京都/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

離職率の計算方法

■離職率は、ある時点で働いていた人たちのうち、その後退職した人の割合です。通常、企業で使われる離職率とは、「この1年間に退社した社員の、期初における在籍社員に対する割合」であることが多いのですが、「新卒で入社した人が3年以内に退職する割合」、「中途入社の人が1年以内に辞める割合」といった場合にも使われます。要は、使用目的によって、数字の「分母」と「分子」を変えているわけです。従って、「分母」「分子」を確認することが必要です。
■他方、総務省統計局が行っている「就業構造基本調査」では、「離職者」について「1年前には仕事をしていたが、その仕事をやめて、現在は仕事を『していない』者」と定義されているため、「離職率」は「離職者が1年前の有業者(仕事をしていた人)に占める割合」ということになります。

投稿日:2006/05/24 14:18 ID:QA-0004785

相談者より

ご回答有難う御座います。
改めて確認をさせて頂ければと思います。
分母=年度期初の在籍社員数
分子=年度期初の在籍社員のうち、退職社員数
が標準的だということで理解しても宜しいでしょうか?
つまり、退職社員数には、年度途中で入社した社員は含まないということで宜しいでしょうか?

投稿日:2006/05/24 14:53 ID:QA-0031985大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

離職率の計算方法について

■「標準的」という表現が、「特に定義を明確にしなくても、多くの人が暗黙的に理解する内容」という意味であれば、ご理解には、特に問題はないと思います。
■上記「標準的」定義の分母には「期中入社者」は含まれまれていません。退職者の中には、期中に入社し、同期間内に退職する人がいると、結果に、少し歪がでます。
■従って、分母に、期初・期末の平均在籍者数や、毎月初、毎月末の平均値などを使って歪を少なくすることが行われることもあります。そのような際には、「分母」「分子」を明らかにして誤解が生じないようにすることが必要です。期間中入社者の同期間中退職を、「分母」「分子」いずれからも除くのも一案です。

投稿日:2006/05/25 10:01 ID:QA-0004808

相談者より

 

投稿日:2006/05/25 10:01 ID:QA-0031998大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
賞与計算規定

一般的な賞与(ボーナス)計算式を記載した規定例です。計算要素として人事考課と出勤率を組み込んでいます。自社の賞与計算要素に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
関連する資料
障害者雇用数計算表

お役立ち資料として、障害者雇用数計算表のフォーマットをご用意致しました。

●自社で必要な障害者雇用人数
●現在の雇用率・不足人数

がでわかる便利なフォーマットです。
「労働者数」と「雇用している障害者の人数」を入力するだけで簡単に計算することが出来ます。是非、ご活用ください。