企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

研修体系について

弊社では、組織拡大に伴い研修体系を整理する事が現在の人事のメインタスクとなっております。「職務規定書」「行動評価項目」から必要となる能力を抽出し、各階層における階層別研修を構築していこうと思っておりますが、行動評価項目、職務規定書から研修体系を構築する際に注意しなくてはならない部分としてどのような事があるのでしょうか?階層別研修は2日間~4日間程度で考えております。

  • *****さん
  • 埼玉県
  • 住宅・インテリア
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2006/04/14 16:20
  • ID:QA-0004375
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/04/14 16:59
  • ID:QA-0004376

坂本 章
Six Stars Consulting株式会社 取締役 コンサルタント

研修体系構築において気をつけるべきこと

Six Stars Consulting株式会社 坂本です。
 ご相談の件、以下の点がポイントかと存じます。

 貴社の場合、「組織の拡大の為」というのが最も大きなポイントだと思います。

 組織の拡大期における、一番大切なのは、ビジョン・理念等の意識の統合です。

 そのうえで、基本的なマネジメント力と、仕組みを支えるルール、基準の徹底となります。
 
 基本的ではありますが、考課を前提とし、どのような行動をとれば、どう評価されるのか
 これを、日常の行動レベルまで具体化していく。
 その日常行動のプロセスとして、「職務規定書」、「行動評価項目」をお使いになると
 よろしいかと存じます。

 このような内容で合致しているか、分かりませんがご参考になれば幸甚です。

以上


 

  • 投稿日:2006/04/14 16:59
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/04/14 20:39
  • ID:QA-0004380

斉藤 実
株式会社ネクストエデュケーションシンク 代表取締役社長

職業能力評価基準やITスキル標準の研修体系等も参考になります

JAVADAが作成している職業能力評価基準は、貴社の体系作成の参考になりませんか。建設関係の職種や事務系のマネージャの業務の評価基準なども含め20数職種分が発表されています。
また経済産業省が策定しIPAが発表しているのITスキル標準がV2となり達成度指標(評価指標)や必要スキル体系や研修ロードマップとの関連が体系的にだれでも同じ評価ができるように客観的に作られていて、ITに限らずいろいろな業種の体系構築で参考になるのではないかと思います。経理財務スキルスタンダードも出ています。これからは人材の時代、実力評価の時代といわれますが、他社とも比較ができる標準化の考え方を研修や人事評価に導入されるのは客観性の面でも必要となってきているのではないでしょうか。

  • 投稿日:2006/04/14 21:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
早速確認してみましたが、大変参考になりました。自社の行動評価項目の分類と照らし合わせてみたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。