企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』調査記事(2010/10/8掲載)
企業におけるメンタルヘルスの実態と対策
労政時報 近年、メンタルヘルス不調者が増加し、メンタルヘルス対策が企業の大きな課題となっています。そのような中、労務行政研究所では、2010年4~5月に「企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査」を実施。企業におけるメンタルヘルス不調者の実態や、各社の取り組みについて、2008年以降2年ぶりに調査しました。
※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。
【調査概要】
調査名: 企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査
調査対象: 全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3,589社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)328社の合計3,917社
調査期間: 2010年4月6日~5月17日
集計対象: 前記調査対象のうち、回答のあった252社
インデックス

最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向

最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向は、「増加している」が44.4%で最も多く、「横ばい」が33.7%、「減少している」が9.5%となりました。前回08年調査では、「増加している」が55.2%、「横ばい」が24.6%、「減少している」が2.8%でした。集計(回答)企業は異なるものの、今回は「増加」が10ポイント程度減少し、「横ばい」と「減少」が増えています。依然として「増加」が最も多いものの、過去の調査に比べるとその割合は減少の傾向がみられます。

調査(回答)企業の違いもあるため、もう少し長期的に動向をみていく必要はありますが、[図表2]でみるように、メンタルヘルス対策に取り組む企業はここ数年でも顕著に増加しており、こうしたことも増加傾向の歯止めに寄与しているのではないかと考えられます。

「増加している」企業に、“特に増加が目立つ年代層”を尋ねたところ(複数回答)、「30代」が48.2%、「20代」が47.3%で拮抗する結果となりました。「年代に関係なく増加」は、23.6%と2割強みられました。メンタルヘルス不調者は、20~30代の比較的若い層で増えていると認識され、これは、前回08年調査時と同様の傾向です。

図表1 最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向
図表1 最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向
過去にメンタルヘルス不調で休職した社員のうち、
完全に職場復帰できた割合

「過去にメンタルヘルス不調で休職した社員がいる」企業が92.7%とほとんどです。1,000人以上規模では、100%とすべてで過去に休職者が発生しています。

上記のうち、完全に職場復帰できたのは「半分程度」とする企業が25.1%で最も多く、以下「7~8割程度」が22.0%、「ほとんど(9割以上)」が20.3%と続きます。この3者に、「全員」復職できた(7.9%)を合計すると約75%となり、4分の3の企業で「半分程度」以上が完全復帰できたことが分かります。

見方を変え、復帰割合が半分に満たないところ(「2~3割程度」「1割台以下」「全員復職できなかった」)の割合を合計してみると、規模別では1,000人以上16.2%、300~999人25.6%、300人未満32.4%となり、規模が小さいほど完全復帰の割合は低い傾向がみられます。

メンタルヘルス対策の実施状況

健康保険組合や外部の専門機関を利用して実施しているものも含め、メンタルヘルス対策の実施状況を尋ねたところ、何らかの施策を「実施している」企業が86.5%と8割台を占めました。前回08年調査の79.2%と比べ、7ポイント程度増加しています。

[図表2]では05年、08年、今回10年の調査について実施率の推移を示していますが、実施率の増加は顕著であり、特に、300人未満規模ではこの5年間で倍増していることが分かります。

図表2 メンタルヘルス対策の実施率の推移
図表2 メンタルヘルス対策の実施率の推移

具体的な実施内容として最も多いのは「(2)心の健康対策を目的とするカウンセリング(相談制度)」で70.2%、以下「(3)電話やEメールによる相談窓口の設置」(67.0%)、「(4)管理職に対するメンタルヘルス教育」(59.6%)と続き、これら上位3項目は実施率が半数を超えています(複数回答)。

前回08年調査と比較すると、多くの施策で実施割合が高まっています。特に、「(5)一般社員に対するメンタルヘルス教育」の実施割合の増加(08年29.3%→10年44.5%)が目立っています。前述のように、「ラインケア」を担う管理職に対してメンタルヘルス教育を行う企業は約6割に上ります。管理職がメンタルヘルスについて十分な知識と認識をもつことは、不調を来した従業員の早期発見、発症者(回復者)の円滑な職場復帰にもつながるといえるでしょう。これに加えて最近では、一般社員を対象にした「セルフケア」にも重点が置かれるようになっていることを表す結果です。

図表3 メンタルヘルス対策の実施状況
図表3 メンタルヘルス対策の実施状況
[注]
「実施している」には、健康保険組合が実施しているもの、外部の専門機関を利用して実施しているものも含んでいる。

注)

* ここでは、労務行政研究所が2010年4月6日から5月17日にかけて行った「企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査」をもとに、『日本の人事部』編集部が一部をピックアップし記事を作成しました。

詳細は『労政時報』第3781号(2010年9月10日発行)に掲載されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載
東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載

関連する記事

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは
2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査結果によると、過去3年間にうつ病などメンタルヘルスの不調を理由に休職制度を利用した社員の退...
2016/05/23掲載注目の記事
キャリア支援によるメンタルヘルス不調者を出さない職場作り
一人ひとりの強みを活かし、組織を活性化させることで生まれるメリットとは?
近年、職場におけるメンタルヘルス対策が注目されています。特に、病気にならないためにはどうするのか、病気になった人をどうするのかについて考える、従来の「病理モデル...
2016/02/22掲載注目の記事
改正労働安全衛生法12月1日施行
ストレスチェック制度義務化に伴う企業の対応状況
平成27年12月より、ストレスチェックの実施が従業員数50人以上の事業場に義務づけられる。多くの企業にとってストレスチェック制度の運用は初めての試みであり、情報...
2015/12/09掲載人事・労務実態調査
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...