企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

本誌特別調査
改正労働契約法に伴う無期転換への対応アンケート(労務行政研究所)
無期転換ルールはフルタイム型で63.2%、短時間勤務型で59.1%が策定済み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
ポイント / 1 有期契約労働者の雇用状況
ページ2
2 無期転換ルールの有無と対応状況
ページ3
3 無期転換申込権が発生する有期契約労働者への対応
(無期転換申込権が発生する有期契約労働者への対応)
ページ4
3 無期転換申込権が発生する有期契約労働者への対応
(無期転換申込権が発生する者への対応)
ページ5
4 無期転換後の労働条件

平成25(2013)年4月1日に施行された改正労働契約法により、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えた場合、労働者の申し込みによって使用者はその労働者を無期労働契約に転換しなければならない(いわゆる「無期転換ルール」)。

この無期転換ルールに基づいて、平成30(2018)年4月からいよいよ有期契約労働者による無期転換申込権の行使が可能となる。そこで、有期契約労働者の雇用と無期転換ルールへの対応について各社の状況を調べた。

ポイント

  • (1) 無期転換申込権が発生する有期契約労働者を雇用している企業は、フルタイム型では86.8%、短時間勤務型は70.5%[図表2]
  • (2) 有期契約労働者の労働契約について、回数または勤続年数で上限を設定している企業は、フルタイム型で22.5%、短時間勤務型で20.0%[図表4]
  • (3) 無期転換ルールはフルタイム型で63.2%、短時間勤務型で59.1%が策定済み。2017年10月の段階でルール策定を完了していない企業も約3割[図表5]
  • (4) 2018年度中に無期転換申込権が発生する労働者に対しては、約6割が「原則として全員を無期転換する」と回答[図表7]
  • (5) 無期転換に対する考え方としては「人件費増大を抑制するため、期間の定めのみを変更して無期化したい」が32.1%で最多[図表10]
  • (6) 契約期間が通算5年を超えないようにする方法は、契約更新回数や勤続年数の上限を設ける、上限内容を変更するなどが約半数。クーリング期間の活用は短時間勤務型の1社のみ[図表13]
  • (7) 期間の定めのみが変わる無期転換者の基本給は、フルタイム型で正社員の70~80%程度、短時間勤務型で60~80%程度が中心[図表15]
  • (8) 無期転換後には「異動・転勤はない」がフルタイム型で12.5ポイント減、短時間勤務型で19.4ポイント減と、長期雇用での管理に変化が見られる[図表20]
  • (9) 無期転換者を人事評価や目標管理制度の対象とする企業は、フルタイム型で9.1ポイント増、短時間勤務型で16.0ポイント増[図表21](省略)
  • (10) 雇用上限を65歳とする企業が多いが、すでにその年齢を超えている有期契約労働者への対応が課題となっている[図表27~29](省略)
  • (11) 今後の課題として、同一労働同一賃金、高年齢者への対応、派遣労働者への対応、現場への制度周知など多くのテーマが挙がる[事例4](省略)
本稿における有期契約労働者の定義

1 有期契約労働者の雇用状況

有期契約労働者の雇用状況と、2018年4月1日に無期転換申込権が発生する有期契約労働者の有無[図表1~2]
無期転換申込権が発生する有期契約労働者を雇用している企業は、フルタイム型では86.8%、短時間勤務型は70.5%

勤務形態ごとの有期契約労働者の雇用状況は、[図表1]のとおり。フルタイム型を雇用している企業が91.3%、短時間勤務型は79.9%、定年再雇用者は92.3%であった。

規模別に見ると、1000人以上ではフルタイム型98.8%、短時間勤務型86.9%、定年再雇用者96.5%と、有期契約労働者を活用していることが分かる。300人未満では、フルタイム型83.7%、短時間勤務型61.1%、定年再雇用者86.0%と、1000人以上に比べて各勤務形態とも10ポイント以上雇用割合が低かった。

産業別では、フルタイム型は製造業89.9%に対し、非製造業が92.5%で非製造業の雇用割合が若干上回ったが、短時間勤務型と定年再雇用者は、製造業が9ポイント以上高かった。

次に、定年再雇用者を除く有期契約労働者について、2018年4月1日に無期転換申込権が発生する者の有無を尋ねた[図表2]。フルタイム型では86.8%、短時間勤務型は70.5%の企業で、無期転換申込権が発生する通算5年超の有期契約労働者を雇用しているとの回答があった。特に、フルタイム型の1000人以上、300~999人では「いる」という回答がそれぞれ90%を超えており、無期転換ルールへの対応が必要であることがうかがえる。

【図表1】現在の有期契約労働者の雇用状況
【図表1】現在の有期契約労働者の雇用状況
【図表2】2018年4月1日に無期転換申込権が発生する有期契約労働者の有無
【図表2】2018年4月1日に無期転換申込権が発生する有期契約労働者の有無
有期契約労働者の契約期間は1年が主流。一律的な上限設定は行わない企業が大半[図表3~4]
回数または勤続年数で上限を設定している企業は、フルタイム型で22.5%、短時間勤務型で20.0%

[図表3]では、有期契約労働者の1回当たりの契約期間について、最も多く適用されているケースを尋ねた。フルタイム型で67.7%、短時間勤務型で51.5%が「1年」契約と回答しており、次いで「6カ月」がそれぞれ20.8%、29.4%であった。

有期契約労働者の契約更新回数や、通算勤続年数の上限について見たものが、[図表4]である。「個別対応または上限は設けていない」という回答が、フルタイム型で77.5%、短時間勤務型で80.0%と多数を占めており、一律に決めていないことが分かる。規模別に見ると、フルタイム型、短時間勤務型ともに、規模が小さくなるほど「個別対応または上限は設けていない」割合が高くなっており、バブル期を超える人手不足の中、小規模企業では柔軟な雇用管理が求められているといえよう。

契約更新回数または勤続年数で上限を設定している企業は、フルタイム型で22.5%、短時間勤務型で20.0%であった。設定している上限の内容を見ると、回数では「4回」がフルタイム型45.5%、短時間勤務型38.5%、勤続年数では「5年」がフルタイム型48.6%、短時間勤務型46.9%と最多であった。いずれも改正労働契約法の無期転換ルールを意識し、通算契約年数が5年を超えないようにしたものと推測できる。

【図表3】有期契約労働者の1回当たりの契約期間(最も多く適用されているケース)
【図表3】有期契約労働者の1回当たりの契約期間(最も多く適用されているケース)
【図表4】契約更新の上限設定状況
【図表4】契約更新の上限設定状況


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

改正労働契約法に伴う無期転換への対応アンケート(労務行政研究所) 
無期転換ルールはフルタイム型で63.2%、短時間勤務型で59.1%が策定済み
無期転換の申し込みが本格化する平成30年4月1日まであとわずか。無期転換の対象となる有期契約労働者を雇用する企業は、どのように対応していくのだろうか。299社の...
2018/02/05掲載
慶弔見舞金の支給実態(労務行政研究所) 
会社支給の場合、結婚祝金は4万円、死亡弔慰金は23万円の水準
結婚、出産、子どもの入学の各祝金と、死亡弔慰金、傷病見舞金、災害見舞金など、慶弔見舞金の支給状況、水準はどのようになっているだろうか?各社の慶弔見舞金の実態を、...
2017/12/04掲載
在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所) 
実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。 
運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高ま...
2017/10/10掲載

関連する記事

慶弔見舞金の実態 ――結婚、出産祝金の支給状況
『労政時報』が実施した「慶弔見舞金、休暇制度に関する実態調査」の結果から、慶弔見舞金、中でも結婚、出産などの祝金について、会社・共済会の給付主体別に支給状況や水...
2007/09/21掲載人事・労務実態調査
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

マネジメント向け両立支援/カムバボス版! 高尾の森わくわくビレッジ

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...