企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

経営理念の策定・浸透に関するアンケート(労務行政研究所)

経営理念、ミッション、ビジョン、行動規範の有無

回答企業のうち、経営理念がある企業は90.6%、1000人以上規模では100%が「ある」と回答。ビジョンについては、300人未満規模や非製造業で「ある」という回答は6割台にとどまる。

「経営理念」等に関して本調査では、「社是・社訓」「クレド」「ウェイ」など、回答企業における名称にかかわらず、下記に示す定義に当てはまるものを回答してもらった。

  • 経営理念:企業がよって立つ信念や哲学、経営姿勢を表明したもの。
    (例)「常に新しい価値の創造に挑戦し、ビジネスにおける新機軸を打ち出す」など
  • ミッション:企業が責任を持って成し遂げたいと考える使命。
    (例)「社会に対して○○、顧客に対して△△を常に提供し続ける」など
  • ビジョン:企業が目指す具体的な目標像。
    (例)「2020年には売り上げ○○円を実現し、△△の分野で世界ナンバーワン企業となる」など
  • 行動規範:従業員にこういう行動をしてほしいと考える基本的な方向性。
    (例)「既存の経営資源に制約されないマインドを持つ」など

【図表1】経営理念、ミッション、ビジョン、行動規範の有無

【図表1】経営理念、ミッション、ビジョン、行動規範の有無

「経営理念」等の明文化と社外公表の有無

経営理念がある企業で「明文化している」は98.7%、このうち85.5%が社外公表をしている。ミッションと行動規範については、「ある」と回答した全企業が明文化。ビジョンについては、明文化している割合、社外公表している割合が他の項目に比べやや低い傾向が見られる。

【図表2】「経営理念」等の明文化と社外公表の有無

【図表2】「経営理念」等の明文化と社外公表の有無

一番初めに「経営理念」等を明文化した年

経営理念については2000年代前半まで(2004年まで)に明文化された企業が過半数を占める一方、ビジョンについては2010年以降に明文化された企業が53.3%と多い。

【図表3】一番初めに「経営理念」等を明文化した年

【図表3】一番初めに「経営理念」等を明文化した年

今後、「経営理念」等を見直す予定はあるか

経営理念については、規模が大きくなるほど「見直す予定がある」が減少し、1000人以上規模では0社であった。一方、ビジョンについては規模計で「見直す予定がある」「見直す予定はない」が拮抗しており、300人以上の規模では「見直す予定がある」が4割台に上る。

【図表4】今後、「経営理念」等を見直す予定はあるか

【図表4】今後、「経営理念」等を見直す予定はあるか

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載となりの人事部
人事マネジメント「解体新書」第56回
いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(後編)
『前編』では「エンゲージメント」が求められる背景・理由と、基本的な考え方について説明した。では、社員自らが貢献への意欲を覚え、行動していくような制度・施策をどの...
2012/05/07掲載人事マネジメント解体新書
株式会社ホテルオークラ東京
世界を唸らせる最高のおもてなしはこうして生まれる
“和”を重んじる、ホテルオークラ東京の人材開発とは
ホテルビジネスが心のビジネスである以上、顧客に上質なホスピタリティを提供できる“人材”こそが、最大の付加価値。今回は、日本のホテル御三家の一角、「ホテルオークラ...
2011/07/25掲載となりの人事部
資格・賃金・評価制度をいかに設計していくか?経営理念・基本理念の明確化と人事制度改革のポイント
従業員の「意識」「行動」を変革する人事制度改革を行うには、どうすれば良いのかについて、具体的なポイントを紹介しています。
2008/11/17掲載人事・労務関連コラム
【用語解説 人事キーワード】
人材マネジメントバリューチェーン

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...