人材採用“ウラ”“オモテ”企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

優秀な人材ほど流出する リストラと人材紹介

2016/03/01
先手を打って転職した方が有利
優秀な人材から先に流出するリストラ
大手電機メーカーの再生計画がしばしばニュースになっている。そんな時、話題に上るのが「リストラ」、つまり人員削減である。退職した人は当然、新しい職場を探すことになる。早期退職者を専門に扱うアウトプレースメントというサービスもあるが、一般の人材紹介会社もリストラとは無縁ではない。リストラが行われそうだと知ると、先手を打って自力で転職しようという人が増えるからだ。しかし、人材紹介会社への登録者が増えることは、一方でリストラの難しさを物語っている。
(1/2ページ)

優秀な転職希望者が増える!

「○○社が海外投資ファンドの傘下に」「○○社の再生計画がまとまる」

新聞などでこうしたニュースが報じられると、人材紹介会社は「優秀な人材の登録が増えるのではないか」と期待する。リストラなどの可能性を考慮して、転職の準備をする人が増えるからだ。

よくお世話になっていた企業の経営者、S社長はこう言っていた。「今は会社の業績が悪くなるとすぐに人員削減を、という風潮がありますが、リストラというのは非常に難しいものだし、できればやらない方がいいと思います。確かに人件費を削ることで、会計上の業績は急速に改善されます。しかし、数字だけで考えていると一人ひとりの社員の顔が見えなくなる。本当はいちばん辞めてほしくない優秀な人材から去っていくのが、リストラなんです」

リストラというと「無駄を削る」というイメージがある。本来は業績貢献度の低い社員から順番に指名解雇するのがもっとも効率的なリストラだろう。しかし、対外的なイメージや社内の雰囲気などを考慮すると、そこまでドラスティックなリストラはできない。

「一般的には、年齢や職種を区切っての早期退職者募集でしょう。しかし、そうなるとまず応募してくるのは、他社でも通用する自信がある『仕事のできる社員』なんです。彼らは転職先に困りませんからね」

Photo

本来なら残さなければいけない、貴重なノウハウなどを持った社員が結果的に退職していくことになる。また、企業が「50代以上」などと年齢で早期退職の範囲を区切ったとしても、自力で転職する人材まで止めることはできない。30代、40代の第一線で活躍する人材も、将来のことを考えると、「リストラされた社員」というネガティブなイメージがつく前に、売り手市場の有利な転職活動を進めようとする。そうなると、企業の戦力は大幅にダウン。会社を立て直すどころか、さらなる業績悪化を招き、再度のリストラが必要……という負のスパイラルに飲み込まれてしまうこともある。

そういった中堅や若手が利用するのは、人材紹介会社など一般の転職支援サービス。そのため、転職希望者の動きを見ていると、それぞれの企業が置かれている状況もなんとなく見えてくることがある。

長く海外現地法人の幹部を任されていたS社長は意外なことも教えてくれた。「これは日本だけの現象ではありません。海外企業には大胆なリストラを行うイメージがあるかもしれませんが、実は海外でも、リストラを成功させるのはとても難しいんです」

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載
フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かし...
2017/03/03掲載

関連する記事

社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
過労死事件の死角
有名企業で起きた「過労死事件」は多くのメディアで取り上げられており、転職希望者にとっても、無関心ではいられない問題だろう。問題の過労死事件は、世間では一流企業と...
2016/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社会人のフリーエージェント
この時期プロ野球の「フリーエージェント(FA)」の話題が世間を騒がす。FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なく...
2016/11/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...