企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

人材紹介会社にできないこと

2015/12/2
本業に差し障るので……
人材紹介会社に「“裏”活用法」はない
人材紹介会社は多数の企業と取り引きしている。中堅規模の人材紹介会社なら、取引先が数千社に及ぶことも珍しくないだろう。当然、多くの企業の採用情報をいち早く知ることができるわけだが、それらを外部に明かすことは原則的にない。どんな人材をどのタイミングで採用するかは、企業の事業戦略に大きく関わること。外部に知られたくないからこそ、ネットなどで公募を行わず、人材紹介会社を利用して内密に採用計画を進める場合が多い。このように人材紹介会社には、「立場上できないこと」がいろいろと存在する。
(1/2ページ)

時にはヘッドハンティングの依頼が

「お知り合いに、いい人事担当者はいらっしゃいませんか。ぜひ、紹介してください」

人事担当者を募集しているのになかなか採用できない企業から、そう頼まれることが時折ある。この日訪問したG社もそんな一社だった。まだそれほど規模が大きくない外資系企業なので、経理部長が人事も兼任している。

「おかげさまで営業の採用はうまくいったので、あとは人事だけなんですよ」

「申し訳ありません、私どももずっと探してはいるのですが」

G社の場合、海外の本社と英語でやりとりする必要があり、英会話が必須だという。しかし、日本法人はまだ規模が小さくベンチャー企業のような雰囲気だ。条件に合う人材がいても、大手企業や有名企業と競合して負けてしまうケースが続いていた。

「人材紹介会社の方なら、いろいろな会社の人事部にお知り合いがいらっしゃいますよね。もし、うちに来てくれそうな方に心当たりがあったら、声をかけてみてもらえませんか?」

Photo

たしかに、人材紹介会社は数多くの企業の人事部と取り引きしている。転職希望者に豊富な選択肢の中から選んでもらうため、営業担当が常に新規開拓を行っているし、企業側でも多いところは、数十社の紹介会社と取り引きしている。従って、大手の紹介会社なら数万人の現役人事パーソンをリストアップすることも不可能ではないだろう。とはいっても、取り引きのある企業の人事に転職を持ちかけるとなると話は別だ。

「さすがにそれは……。そこまでやるとヘッドハンティングになりますし、私どもの会社には、そういうことができる担当者もいないんですよ」

人材紹介とヘッドハンティングは似ているように見えるが、実はまったく異なるシステムである。人材紹介は、人材側が自ら転職を希望して登録する。それに対してヘッドハンティングは、狙ったキャリアを持つ人材にヘッドハンティング企業が直接コンタクトし、面談を繰り返す中で徐々に転職への意思を固めてもらう。ヘッドハンティングは条件に合う人材を探し出す手間がかかる上、当初は転職する気のない人材をその気にさせなければならないので、専門的な説得の技術が必要になる。

人材紹介会社が取り引きしている企業の現役社員を引き抜いた、となると信用問題でもある。よくて出入り禁止、場合によっては問題のある紹介会社という風評が立ち、本業そのものが成り立たなくなる恐れもある。

「引き続き、いい人材を集めるように努力します」

急いで採用したい企業側の気持ちは理解しながらも、正攻法で紹介していくしかないのである。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

健康経営と人材紹介
従業員の健康を大切にすることで会社の収益性を高める、「健康経営」が注目を集めている。企業は既存の社員だけでなく、新たに採用する社員の健康にも気を配るようになりつ...
2017/10/02掲載
地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や...
2017/09/06掲載
多様化する採用ルート
売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組...
2017/08/01掲載

関連する記事

キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かし...
2017/03/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

WEB面接に特化した採用システム インタビューメーカー

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...