無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

職場のメンタルヘルス最前線 増加する“新型うつ病社員”への対処法

オフィスプリズム/臨床心理士・社会保険労務士

涌井美和子

5.対応のポイントと留意点

(1) 安全配慮義務の観点からも、主治医の指示を尊重する
休職中なのに自分の好きな活動を続けている姿を見ると、ただのわがままのように思えてくるかもしれませんが、主治医の指示に反して出社させ、万一症状が悪化することにでもなれば、安全配慮義務の観点からも問題が生じる可能性があるでしょう。主治医の診断に納得がいかない場合は、産業医や臨床の専門家などにも協力を仰いで対処法を検討するとよいでしょう。

(2) 本人をよく理解しようと努める
感情的に不安定になりやすかったり、些細な言葉に過敏に反応することも少なくありませんので、充分な配慮が必要です。特に、「うつ病の対応法」などのマニュアルに沿った対応は本人を深く傷つけ、かえって問題をこじらせる原因にもなりかねません。たとえ未熟で自己中心的でも、彼ら彼女らなりの思いや傷つきに気付くことで、次の対応法が見えてくることも多いでしょう。

(3) 時には背中を押してあげたり、育てる関わりも必要
うつ病の人に「頑張れ」という言葉は極力控える必要はありますが、主治医が「そろそろ復職しては?」と助言しているにもかかわらず、ズルズルと休むような場合など、時には「頑張れ」と背中を押してあげることが必要なときもあります。特に、精神的な幼さから余計なストレスを抱え込み不適応に陥ったようなケースの場合は、育てる関わりが功を奏することも多いでしょう。そのためにも、ベースとなる信頼関係は必須です。日頃から(2)で挙げたような対応を心がけるとよいでしょう。

(4) 本人が1人で仕事を抱え込みすぎないよう目を配る
自分の好きな仕事に対しては、能力の限界を考えず仕事を抱え込み、結局パンクしてしまうケースもあるでしょう。本人のプライドを刺激しないよう、能力の問題にせず会社の都合を理由にするなど、上手に調整するとよいでしょう。

(5) 本人への伝え方を工夫する
「いまの状態だと、みんなに迷惑をかけるから休んでみては?」「お世話になっている○○さんのためにも、そろそろ復職しては?」などの言葉は本人を傷つけ、怒りの反応を引き起こしかねません。むしろ、「2ヵ月の休職なら全額手当が支給されるから早めに休んで早く回復したほうがいい」「いま復職しておけば、ボーナスの査定にも影響がない」などのように、客観的な意見として話したほうがスムーズにいくことも多いようです。

(6) 人事労務管理の枠組みで対応する
遅刻や欠勤、業務遂行能力の低下など問題行動や不適応状態については、あくまでも人事労務管理の枠組みで対応しましょう。メンタルヘルスの問題だからと腫れ物にさわるような対応をしたり、特例を認めるのではなく、下記のような点に留意して対応するとよいでしょう。

【 対応時の留意点 】

  1. 遅刻や欠勤が繰り返されるようであれば、社内規定に則して休職を命じる(そのための根拠をあらかじめ就業規則にきちんと定めておく)。
  2. 同一の疾病により休職と復職を繰り返す場合は、前後の休職期間を通算するなど、会社側の限界を明確にする(そのための根拠として、就業規則にきちんと定めておく必要があるのは、上記の通り)。
  3. 人事異動や担当職務の変更については、本人の希望だけを鵜呑みにせず、主治医の意見や現場の状況などを総合的に判断して決定する。

なお、うつ病で休職中であるにもかかわらず海外旅行等をした場合でも、通院中であり症状に波があるのも事実なのですから、そのことを理由に解雇することはできません。詐病である場合はこの限りではないかもしれませんが、このあたりの判断は非常に難しいこともありますから、主治医の判断を尊重するようにしましょう。

(7) その他の配慮・留意点について
主治医の判断や職場の状況にもよりますが、覚醒リズムが崩れるケースも少なくありませんので、復職時に短時間勤務からスタートさせる場合は、定時に出社させ早めに帰宅させるようなプログラムのほうが、再発防止にも有効でしょう。不安症状を伴うケースの場合は特に、不安症状やうつ症状を引き起こしやすいので、コーヒーなどカフェインの多量摂取は控えさせるとよいでしょう。人間関係や周囲の言葉に過敏に反応して、攻撃的になる場合があっても、病気の症状がそのようにさせていることも少なくありませんので、怒ったりせず落ち着いて対応しましょう。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他5
オススメ5
最新順 人気順 古い順

*****さんがその他でオススメしました

2012/08/28

新型うつ病も結局は真面目な人がなりやすい、という所がちょっと驚きでした。しかし、実際今休職中のスタッフはそれにあたるのかもしれません。復職後の対応に参考になりました。

*****さんがその他でオススメしました

2012/07/20

同僚に症例と同じ方が居たので、理解の参考になりました。
新型鬱病というのは仕事を一方的に与える会社側の責任という印象があります。
適切な納期で、残業を極力少なくという努力を怠っている企業に多いのではないでしょうか?
私はNo.1のコメント(引用してごめんなさい)の方が言っている"会社のためになるのか"という言葉が非常に気になりました。
修羅場は極力減らすのが管理する側の仕事で、仕事も残業前提のスケジュールで組んでいる現状はおかしいと思います。
景気が悪いことを理由に、適切なリソースも与えずに仕事をさせているのでは人は折れますよ。
"会社のために生きる力を出し切らせる"という考え方には到底同意できません。
人材を疲弊させて、"劣化"させているのは企業の側ではないでしょうか?

*****さんがその他でオススメしました

2012/04/02

わが職場にも一人おり、対処方法は大いに参考になりました。
新型うつ病は、日本の人材劣化のサインではないかとも思います。無理はしなくともいいのですが、どんな仕事でも修羅場に出会う場面は出てくると思うのですがそれを病気ということで一旦離れることが果たして社会のため、会社のため、本人のためになるのか(当然病気だからまずは治療して回復することが必要であり、仕方のないことですが)。人間として必要な「生きる力」が日本人に徐々になくなりつつあるのかなと感じます

*****さんがその他でオススメしました

2011/12/20

未だこのようなケースは出ていないが,今後の参考になると思う。

Eiji Kawakamiさんがその他でオススメしました

東京都 フードサービス 2011/10/26

非常に役に立ちました。従来型うつと新型うつについての相違、また対応方法も明快で、読んでいてすぐに実践できそうに感じました。社会、会社のせいと他罰的な人材が多いのも事実ですが、彼らも貴重な戦力になると信じて、対応していく元気が湧きました。

5件中1~5件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
企業がレジリエンスを高めるための取り組み
個人がレジリエンスを高めるためには
ワーク・ファミリー・コンフリクト
過緊張
リカバリー経験
SOC(首尾一貫感覚)
レジリエンス
役割曖昧性
ストローク
ポジティブ・メンタルヘルス