イベントレポート

≪JSHRMリサーチプロジェクト「人事の役割」オープンディスカッション≫
世界に通用する人事を考える
~ヨーロッパ、アメリカ、アジアからみた“日本の人事”~
(2014/3/31掲載)

2014年3月8日(土)に、日本人材マネジメント協会(Japan Society for Human Resource Management =JSHRM)は、「人事の役割」リサーチプロジェクトに関するオープンディスカッションを、同イベントを共催する学習院大学にて開催しました。JSHRMでは、2010年度より会員(公募メンバー等)によるリサーチプロジェクトを実施しており、2013~2014年度にかけては「人事の役割」をテーマとして活動しています。本ディスカッションでは、プロジェクトの中間報告に続き、3人のゲストスピーカーが、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの人事の経験から、現状における“日本の人事”を論評。その後、ディスカッション、ワークショップにおいて、世界に通用する人事について、参加者が熱い議論を展開しました。本レポートでは、当日の模様をダイジェストでお伝えします。

JSHRMリサーチプロジェクト「人事の役割」オープンディスカッションの様子
【開催概要】
日時 2014年3月8日(土) 13:00~17:30(12:30開場)
会場 学習院大学 東2号館13階第1会議室
主催 日本人材マネジメント協会(JSHRM)
共催 学習院大学経済経営研究所
後援 公益財団法人 日本生産性本部
【プログラム概要:スケジュール構成】
13:00~13:05
■開会の挨拶
JSHRM執行役員(リサーチプロジェクト担当)山崎京子氏
13:05~13:30
■リサーチプロジェクトの課題設定
リサーチプロジェクト・メンバー 堤敏弘氏
13:30~14:00
■ゲストスピーカー報告~ヨーロッパからみた“日本の人事”
AIG富士生命保険株式会社人事部長 古川明日香氏
14:00~14:30
■ゲストスピーカー報告~アメリカからみた“日本の人事”
元アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.人事部長 日本・韓国担当 唐澤一彦氏
14:40~15:10
■ゲストスピーカー報告~アジアからみた“日本の人事”
グローバル人材戦略研究所所長 株式会社ジェイエーエス代表取締役社長 小平達也氏
15:10~15:25
■質疑・ディスカッション
15:25~15:45
■ワークショップの説明とグルーピング・会場移動
15:45~16:35
■ワークショップ「世界に通用する人事を考える~“日本の人事”で残す、捨てる、そして進化させるもの」
16:35~16:50
■会場移動
16:50~17:20
■ワークショップの発表
17:20~17:30
■総括と閉会の挨拶
リサーチプロジェクト・リーダー 松浦 民恵氏

まずは、JSHRM執行役員(リサーチプロジェクト担当)山崎京子氏による「開会の挨拶」があり、次に、リサーチプロジェクト・メンバー堤敏弘氏から「リサーチプロジェクトの課題設定」についての説明がありました。

山崎京子氏 photo
山崎京子氏
堤敏弘氏 photo
堤敏弘氏

その次は、ゲストスピーカーによる講演。AIG富士生命保険株式会社人事部長の古川明日香氏はフランス企業の人事部門に勤務した経験、元アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.人事部長の唐澤一彦氏はアメリカ企業の人事部門に勤務した経験、グローバル人材戦略研究所所長 株式会社ジェイエーエス代表取締役社長の小平達也氏は日本企業のアジア展開の支援を行っている経験を基に、それぞれヨーロッパ、アメリカ、アジアからみた「日本の人事」を語りました。

古川明日香氏 photo
古川明日香氏
唐澤一彦氏 photo
唐澤一彦氏
小平達也氏 photo
小平達也氏
須藤健太郎氏 photo
須藤健太郎氏

ゲストスピーカーによる講演が終わると、いよいよグループに分かれてのワークショップ。まず、プロジェクトメンバーの須藤健太郎氏からワークショップのグループ分けや進行についての説明がありました。


そして、グループに分かれてのワークショップがスタート。プロジェクトメンバーがファシリテーターになって、「世界に通用する人事を考える」をテーマに、約50分間、参加者同士の熱い議論が展開されました。

ワークショップの様子
ワークショップの様子
ワークショップの様子 ワークショップの様子

ワークショップ終了後、再度全員が集まり、各グループで行われた議論の内容が発表されました。

ワークショップ発表の様子 ワークショップ発表の様子
ワークショップ発表の様子 ワークショップ発表の様子
松浦民恵氏 photo
松浦民恵氏

最後は、リサーチプロジェクト・リーダーの松浦民恵氏による「総括と閉会の挨拶」により、本イベントは締めくくられました。


「世界に通用する人事を考える」という壮大なテーマについて学び、議論するために、多くの人事担当者が集結した今回のイベント。ゲストスピーカーの講演や参加者同士の議論を通じて、「日本の人事」が向かうべき方向について深く考える貴重な機会となったのではないでしょうか。『日本の人事部』編集部では、これからもJSHRMの活動に注目してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. イッセイさん その他メーカー 福岡県
写真が多い。内容が薄い。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

イベントレポートのバックナンバー

『健康経営会議2016』
2016年9月5日(月)経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2016」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つと...
2016/11/01掲載
ATD International Conference & Expo 2016 参加報告
~ATD2016に見るグローバルの人材開発の動向~
2016年5月22日~25日に、米国コロラド州デンバーにて、“ATD ATD 2016 International Conference & Expo(ICE)...
2016/07/06掲載
『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』開催レポート
2016年3月18日(金)お茶の水のソラシティカンファレンスセンターにおいて、株式会社ヒューマンバリューは、『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』を開催...
2016/04/13掲載

関連する記事

社員研修・人材育成の実務(3)近年の教育研修の傾向と対応
「基本」を押さえつつ効果と実効性を高める教育研修のポイントについて、近年の傾向から分析する
2017/02/28掲載よくわかる講座
コンプライアンス対策における今後の課題
コンプライアンスの推進に欠かせない経営トップのリーダーシップとは?グローバル化を見据えた企業倫理の確立を目指して。
2017/01/31掲載よくわかる講座
ユニ・チャーム株式会社:
「共振の経営」を実現する「共振人材」はいかに生まれるのか
社員の自律的行動を促す“ユニ・チャーム流”人材育成術(後編)
ユニ・チャームでは創業者による「トップダウン型経営」から、「共振の経営」へと経営スタイルを大きく変革しましたが、その際に重要なポイントとなったのが「SAPS手法...
2016/12/21掲載となりの人事部
ユニ・チャーム株式会社:
「共振の経営」を実現する「共振人材」はいかに生まれるのか
社員の自律的行動を促す“ユニ・チャーム流”人材育成術(前編)
ユニ・チャームでは、異なる経験や知恵を持つ人が力を出し合えば、一人の経験・知恵の何倍もの力を発揮できると考えています。同社ではその状態を「共振の経営」と呼んでい...
2016/12/14掲載となりの人事部
異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す
多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企業の人材に対する評価は決して高いものではありません。真のグローバル人材を生み出すために、日...
2016/10/25掲載注目の記事
ダイバーシティ&インクルージョン特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。