企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

Q&Aでわかる!
改正法施行後の厚生年金基金の選択肢と実務上の留意点
(1/5ページ)

特定社会保険労務士 野中 健次

2014/4/1
ビジネスガイド表紙
『ビジネスガイド』は、昭和40年5月創刊の労働・社会保険の官庁手続、人事労務の法律実務を中心とした月刊誌(毎月10日発売)です。企業の総務・人事・労務担当者や社会保険労務士等を読者対象とし、労基法・労災保険・雇用保険・健康保険・公的年金にまつわる手続実務、助成金の改正内容と申請手続、法改正に対応した就業規則の見直し方、労働関係裁判例の実務への影響、人事・賃金制度の構築等について、最新かつ正確な情報をもとに解説しています。ここでは、同誌のご協力により、2014年3月号の記事「Q&Aでわかる 改正法施行後の厚生年金基金の選択肢と実務上の留意点」を掲載します。『ビジネスガイド』の詳細は、日本法令ホームページへ。

のなか・けんじ ● 1965年生まれ。特定社会保険労務士、M&Aシニアエキスパート。青山学院大学卒業、同大学院法学研究科修士課程修了。日興證券を経て1994年開業(現社会保険労務士法人野中事務所)。著書に『実録!厚生年金基金脱退とM&A・ICのはなし~ある社労士の告白』(日本法令)、『M&Aの人事労務管理』(中央経済社)など。

2014年4月1日から「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」が施行され、適格年金と同様に10年かけて厚生年金基金制度が原則廃止されます。

今後、それぞれの厚生年金基金は代行部分に対する純資産額の積立状況に応じて三つに分けられ、区分に応じて用意されている選択肢の中から対応を決定することとなりますが、設立事業所(基金に加入している会社)においては、どのように準備し、また、どのようなことを検討していけばよいのでしょうか。

本記事では、総合型厚生年金基金(以下、「基金」という)を前提として、まず三つの区分について解説し、区分ごとに改正法施行後の基金への対応および実務上の留意点をわかりやすく、Q&Aの形で紹介したいと思います。ただし、本稿の内容については、執筆時点のもので、2014年3月24日に発出された政省令等によって規定されている事項もありますので、ご留意ください。

また、設立事業所では、今後の対応を検討するにあたり、とかく資金面や経理面を優先しがちですが、基金は「公的年金」および退職金から派生した「企業年金」の両方の性格を有しています。ですから、退職金制度の一形態として検討する必要があるのは当然のことですが、従業員の処遇全般に影響を及ぼしますので、賃金体系を含む人事制度の見直しと一体で考える観点を持つことが大切です。

1. 改正後の基金の選択肢

改正後、基金の採り得る選択肢にはどのようなものがありますか?
それぞれの基金の代行部分に対する純資産額(時価)の積立状況に応じて、大まかに五つの選択肢が用意されています。

代行部分に対する当該基金の純資産額の積立状況を基準にして、表1のように「代行割れ」「代行割れ予備軍」「健全な基金」の三つに区分(注1)し、対応策を検討することになります。

(注1)代行割れ基金約4割、代行割れ予備軍約5割、健全な基金約1割(2011年度末)。
■表1 厚生年金基金の区分と対応策
表1 厚生年金基金の区分と対応策

2. 代行割れ基金が採り得る選択肢と実務上の留意

特例解散制度って何ですか?
代行割れしている基金に対して早期解散を促すために法施行日から5年間について特別に認められた制度で、(1)分割納付の特例、(2)納付額の特例、(3)「自主解散」または「清算型解散」の解散プロセスの見直し等が特徴です。

今回の改正で、2012年8月からスタートした「特例解散制度」を見直すことになりました。具体的には、(1)分割納付の特例(改正法附則13・22条の事業所間の連帯債務外し、改正法附則16・23条の利息の固定金利化、改正法附則14・23条の最長納付期間の30年への延長)、(2)納付額の特例(現行通り。改正法附則11・20条の「通常計算した額」と「基金設立時から厚生年金本体の実績利回りを用いて計算した額」のいずれか低い額)、(3)自主解散を基本としますが、一定の要件に適合する基金に対しては、厚生労働大臣が社会保障審議会(第三者委員会)の意見を聴いて清算型基金に指定することにより解散を促す(改正法附則19条)こと等が、主な改正点です。

自主解散は、解散しようとする日において代行割れしている限り、申請の要否および時期等に関する意思決定が基金の裁量に委ねられているのに対し、清算型解散は、厚生労働大臣から指定を受けると、将来返上(将来分の代行部分の支給義務免除)や上乗せ給付の支給停止等、諸々の対応を求められるのみならず、清算計画の承認が得られるまで解散することができません。

photo

なお、今回の改正で「事業所間の連帯債務の適用」を外すことにより、解散後、返済途中の会社が倒産した場合、その債務について最終的に厚生年金本体で負担することが懸念されますが、これに対しては、すべての基金で最低責任準備金を精緻化(代行給付費の簡便計算に用いる係数の補正等)すること、すなわち、最低責任準備金の計算方法を変更することで積立不足を減少させることによる対策が用意されています。具体的には、最低責任準備金の総額が、精緻化前ではマイナス約1兆1、000億円であったのに対し、精緻化後はマイナス約6、000億円と、約5割も減額になると試算されています(2011年度末時点)(注2)

また、分割納付の特例で無理なく返済できるように最大30年まで返済期間の延長策が用意されることからも、厚生年金本体で肩代わりするリスクは相当軽減されたと思います。

(注2)精緻化しても約90の基金では負担が減らないと言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載
五輪、災害対策で需要急増!ボランティア休暇制度 導入の手順と留意点
多発する災害や五輪でのボランティア需要などから、ボランティア休暇制度の導入を検討する企業の増加が見込まれます。今回は、ボランティア休暇制度を導入する場合の手順と...
2019/11/22掲載
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載

関連する記事

「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業...
2007/09/10掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
楠田丘さん
「日本型成果主義」の新しい賃金システム
新旧のシステムのいいところをミックスして、今の企業の実情に適した賃金システムを生み出せないものか。日本の賃金システム研究の第一人者であり、「職能資格制度」の生み...
2005/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
荻原博子さん
「日本版401k」のための正しい投資教育 
日本の401kはどのような方向に向かうのか。人事・労務担当者が留意すべき点は何か? 経済ジャーナリストの荻原博子さんが従業員の側の視点に立って分析・提言します。
2004/11/01掲載キーパーソンが語る“人と組織”
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...