企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

不人気職種に人を集めるには?

古橋 孝美(ふるはし たかみ)

営業職

「営業職」を「やってみたい」と肯定的に捉えている者は、その理由として「人とのコミュニケーションが多そう」と「専門知識や技術が身につく/身につきそう」を挙げ、期待感を持っていることがわかります。

一方で、「やりたくない」と思う理由には、「精神的な負担が多い/多そう」が挙がっており、「営業職」に抵抗のある方の多くは、この点がネックとなっているようです。

「営業職」のイメージ

「営業職」のイメージ

介護職

「介護職」を「やってみたい」と思っている者では、その理由として「専門知識や技術が身につく/身につきそう」「社会への貢献度が高い/高そう」「今後成長する/しそうな分野である」が挙がりました。自身や家族の今後に備えて介護の知識を備えておきたいという意向や、高齢化社会の影響による業界の需要増大を期待して、介護職に興味を持っていることが垣間見えます。

一方で、「体力的な負担が多い/多そう」「精神的な負担が多い/多そう」が、「介護職」を「やりたくない」理由として挙がっています。介護職は、身体介護や家族のケアなど、肉体的・精神的にも強さが求められる仕事です。加えて、長らく人手不足と低待遇が課題とされており、厳しいイメージを持っている者が多いことがうかがえます。

「介護職」のイメージ

「介護職」のイメージ

サービス職

「サービス職」を「やってみたい」と思っている者の多くは、「人とのコミュニケーションが多い/多そう」という点に魅力を感じています。一方、「やりたくない」と思っている者にとっては、「体力的な負担が多い/多そう」「精神的な負担は多い/多そう」というイメージが強いようです。顧客や個人に対して接客を行う機会が多いサービス職は、人とのふれあいが楽しめる半面、気を遣う場面も多くあることが影響しているように感じられます。

「サービス職」のイメージ

「サービス職」のイメージ

※上記の3職種以外について知りたい方は、『平成25年版パートタイマー白書』の下記をご覧ください。

『平成25年版パートタイマー白書』 →第2章「求人・求職の傾向」- 15.やってみたい/やりたくないと思う職種とそのイメージ

これらを見ていくと、その職種に興味を持っている求職者が、どのような点に魅力を感じているのかが見えてきます。そのポイントを押さえて自社をアピールすることで、求職者に対してより的確に、深く訴求できるのではないでしょうか。

また、その職種に対してあまり良いイメージを持ってない求職者にとって、何がネックとなっているかが推測できます。もし、自社にそのような要素がない、または杞憂であるならば、そういった不安材料がないことを強調することで、求職者の興味を喚起できるかもしれません。

【参考資料】平成25年版パートタイマー白書

調査対象:直近1年以内にパート・アルバイトでの仕事探しをした者で、現在無職またはパート・アルバイトで働いている者 有効回答者:1,438人 調査期間:平成25年4月11日~15日

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます> TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。 パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所

●文/古橋 孝美(ふるはし たかみ)
2007年、株式会社アイデム入社。求人広告の営業職として、人事・採用担当者に採用活動の提案を行う。2008年、同社人と仕事研究所に異動し、毎年パートタイマー白書の企画・調査・発行をトータルで手がける。2012年、新卒採用・就職活動に関する調査等のプロジェクトを立ち上げ、年間約15本の調査の企画・進行管理を行う。2015年出産に伴い休職、2016年復職。引き続き、雇用の現状や今後の課題について調査を進める一方、Webサイトの記事・コンテンツ制作、顧客向け販促資料などの編集業務も行っている。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

「給与の即日払い」は問題ないのか?
ペイミーの後藤社長に疑問をぶつけてみた
株式会社ペイミー 代表取締役CEO 後藤道輝さん
スマホを使って「給与の即日払い」を手軽に行えるサービス「ペイミー」が急速に導入企業を増やし、2017年11月のサービス開始からわずか半年で約100社・1万500...
2018/06/27掲載注目の記事
採用活動で、最も大切にしたいこと
十年ひと昔。変化のスピードが激しい現代においては、10年前ともなると、かなり昔のことのように感じます。この10年で、雇用を取り巻く環境はどのように変化したのでし...
2018/03/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
若手社員の不足 どう解決するか
労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。...
2015/08/06掲載新卒・パート/アルバイト調査
どうする? 迫る社会保険の適用拡大
パートタイマー白書や就職活動の意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査を考察。今回は「厚生年金・健康保険の適用拡大」について。厚生年金・健康保...
2015/05/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
あなどるなかれ。実は経験豊富な主婦パート
あなたの会社では自社のスタッフに何を求めているでしょうか。企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法...
2014/07/28掲載新卒・パート/アルバイト調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...