企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣社員を連絡網に組み込むことについて

いつも参考にさせていただいております。

当社では災害に備え、緊急連絡網を作成しています。
社員でない派遣社員を緊急連絡網に組み込み、有事の際(契約時間外)、連絡網に沿って連絡するよう指示することはできますか?

投稿日:2009/01/29 14:24 ID:QA-0014986

*****さん
東京都/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

荒川 大
荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

派遣社員の個人情報の取り扱いにご注意

結論から言えば、派遣会社と本人の同意を得られるならば、可能と考えます。

派遣社員を緊急連絡網に組み入れる場合、いくつかの注意事項があります。

1.所属会社は派遣会社なので
出勤管理は、派遣会社が行うものとなっており、出勤の事実を確認するためにタイムカードと派遣受け入れ企業の所属組織の責任者の捺印という形になっていると思います。
契約時間外は、御社とは全く関係がないというのが派遣法ですので、派遣会社に確認して頂くのがよろしいでしょう。

2.個人情報の取り扱いは他社社員と同等に
実際に、派遣社員を緊急連絡網に取り入れたことがありますが、本人達から聞いたのは、自宅に電話を引いていないことと、携帯電話の番号を社内に知られたくないというもの。特に女性事務派遣社員は、嫌がるようです。
対応策はいくつかありますが、まずは本人同意を得られるかの確認が必要だと思います。

3.本人同意にはバラツキがでるもの
派遣社員によっては、連絡網に入っても良いという社員と、絶対に電話番号は教えないという社員が出てくると思います。
緊急連絡網の趣旨を説明し、個人情報として他の正規社員も含めて取り扱いを厳格にし、派遣社員に納得してもらう必要があります。

学校でクラス名簿が作られなくなるくらいの影響力を持つ個人情報保護法ですので、運用は慎重に行ってください。

投稿日:2009/01/29 18:28 ID:QA-0014988

相談者より

 

投稿日:2009/01/29 18:28 ID:QA-0035898大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

派遣社員の位置付けを

派遣社員は御社の社員ではありません。法的にも業務外の指示と拘束を行うのはお止めになった方がよろしいかと存じます。

基本的に派遣社員を御社の社員の一部として扱っておられないでしょうか。昨今の派遣切り報道など、素人のマスコミ等は、そこをごっちゃにしていますが、当然正社員と派遣社員は全く別の位置付けになります。

コンプライアンスの観点から、今一度、社内においての認識をお広めいただきたいと思います。

投稿日:2009/01/29 22:17 ID:QA-0014991

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員紹介の合否連絡について
現在、社員紹介制度の導入を検討しておりますが、紹介者に対して合否の連絡をして良いものかどうなのか、教えていただけますでしょうか? 気になるのは不合格の場合の連絡です。 よろしくお願いいたします。
派遣・業務委託の緊急連絡先提出について
掲題の件についてご質問させてください。 現在、派遣・業務委託者に緊急連絡先の提出を会社として求めています。 会社が緊急連絡先を調べていない場合の法的責任の有無について改めてお聞かせください。 ①大規模災害などで多数の派遣・業務委託者についてご家族等に連絡取れない、かつこちらも派遣・業務委託者につ...
無断欠勤者への対応の件
社員が現在無断欠勤を続けています。電話連絡・メールともに取れない状況です。ご実家へも連絡しましたが連絡先電話番号が変わっており連絡がとれません。このような時は会社側としてどのようにしたら良いでしょうか? また、他社事例としてお伺いしたいのですが身元保証人の連絡先等を年1回、従業員から確認するなどの対...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
  • 退職連絡票
    退職連絡票
    退職について管理するための連絡票です。退職事由・離職票交付の希望の有無、健康保険証の返還、健康保険証の任意継続手続きの希望、住民税の徴収方法などを書く欄があります。どうぞご利用ください。
    ダウンロード
この相談に関連する記事
  • 派遣の終了・更新・解除の実務
    スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
  • 中途採用の「実務」【4】事前準備
    中途採用を行うにあたり必要な事前準備(ツール準備、担当者設置・社内広報、応募対応・連絡)を、項目別に詳しく解説する。
  • 6. 人材派遣会社の選び方と契約
    人材派遣サービスを利用する場合に企業は、派遣開始から終了までの期間、派遣会社と継続的に良い関係を保っていかなくてはならない。長期的な関係が前提となる人材派遣会社を選ぶ際には、細かい気配りをしてもらえそうかどうか、つきあいやすい会社かどうかなどを、じっくり見きわめていく必要がある。
あわせて読みたいキーワード
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務付...
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...