企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業会社での幅広い経験を生かして、
コンサルティング会社へ転身
多様な人事の専門家を率い、顧客の課題を解決

マーサー ジャパン株式会社

鴨居達哉さん

鴨居達哉さん

今、企業は、グローバル化や顧客ニーズの複雑化、多様化の中、いっそう難しい経営のかじ取りが求められています。そのような中で、「人と組織」を活性化し、多様化するタレントを大きな資産に変えることが、かつてないほど重要な時代となってきました。マーサー ジャパンは、1978年の設立から30数年あまり、グローバルなネットワークを活かしながら、多くの企業の人材・組織の課題解決に取り組んできた、世界最大級の人事コンサルティング会社。2014年8月に社長として就任された鴨居達哉さんに、これまで培われてきた知見を伺うとともに、同社の「強み」や具体的な取り組み内容、課題などについて、詳しいお話を伺いました。

Profile
鴨居達哉さん
マーサー ジャパン株式会社 代表取締役社長

かもい・たつや/セイコーエプソン株式会社、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、IBM ビジネスコンサルティング サービス (IBCS)、米国IBMを経て、2006年日本IBM 執行役員兼 IBMビジネスコンサルティングサービス取締役、2012年日本IBM常務執行役員に就任。2014年8月、マーサー ジャパン株式会社代表取締役社長兼 Mercer Far East Market Leaderに着任。事業会社、コンサルティング会社双方における経営の経験を有し、15年以上に亘り国内外のグローバル企業のコンサルティング、IT構築の推進に従事。 10年以上の海外業務経験を生かし、ビジネスのグローバル化に関する豊富なコンサルティング経験を持つ。上智大学外国語学部卒。1961年長野県生まれ。

事業会社での幅広い経験を生かしたいと考え、コンサルティング会社へ

 鴨居さんは事業会社からコンサルティング会社へと転じ、その後、マーサー ジャパンの代表取締役社長に就任されました。キャリアの変遷についてお聞かせください。

高校生の頃から、海外で仕事をしたいと考えていたこともあり、大学は外国語学部(ドイツ語専攻)を選択しました。就職する際も、メーカーなど海外におけるビジネスの割合が高い会社を考えていました。そして、いくつかあった選択肢の中から、地元の長野県に本社を置くセイコーエプソンに入社しました。セイコーエプソンでは、海外で新規事業の立ち上げを経験。新しく会社を設立するミッションを課せられ、オランダに赴任したのですが、そこでは多様なバックグラウンドや国籍を持つ人たちと一緒に仕事することができました。モバイルや通信など、新しい商品の事業企画も担当していました。

鴨居達哉さん インタビュー photo

「経営」に近い場面で仕事をしていく中で、その経験をさらに幅広く生かせる仕事が「コンサルティング」ではないかと考えました。そこでコンサルティング会社のプライスウォーターハウスクーパース(PWC)に転職することにしましたが、この時、私は38歳。コンサルタントというプロフェッショナルの仕事に就くには遅い年齢です。周囲からは心配する声がありましたし、入社後は相当苦労しました。リスクを冒してまでコンサルタントの仕事にチャレンジしたのは、新しいステージで、事業会社の経験を生かし、活躍したいと考えていたからです。

しかし、実際にコンサルティング会社に入ってみると、それが甘い考えだったことを痛感しました。事業会社では、自社の中で企画や戦略を立てるため、お互いを知っているという甘さがありました。たとえば、提案書の内容が論理的でなかったり、事前に十分に調査していなくても “あうんの呼吸”で許されるなど、組織の中では緩やかな部分があったように思います。しかし、コンサルティング会社では、そうはいきません。顧客からは、コンサルティングの対価をいただくわけです。当然、事業会社にあった「論理的な不整合」や「不十分な調査」などについては、許容される範囲が非常に狭くなります。事業会社の中で行っていた仕事とコンサルティング会社の仕事は、似て非なるものだとわかりました。

PWCの通信メディア事業部に配属されたのですが、その事業部は日本で立ち上がったばかりで、非常に若い組織でした。そのため、PWCのグローバルなタレントが来日し、一緒にプロジェクトを進めることが多かったのです。当時、通信の自由化が叫ばれ新規のモバイルビジネスが立ち上がっていて、幅広い知見や知的資産が期待されていましたが、私はグローバルのチームで仕事をすることで、非常に恵まれた経験を積むことができました。また、日本だけでなく、イギリスや韓国でのプロジェクトにも携わったこともあります。日本から出て、グローバルのメンバーと海外の顧客のプロジェクトに携わる機会に恵まれ、コンサルタントとしての「基盤」をつくることができたので、PWCの経験は非常に良かった。最初は非常に苦労しましたが、私にとって貴重な経験でした。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載
真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載
吉村慎吾さん(株式会社ワークハピネス 代表取締役会長):
大学留年、異例の出世、会社上場を経て “ワークハピネス”を追求
「働くことは楽しい」を世界中に広げる
新型コロナウイルスの影響が広がりを見せる2020年4月13日、株式会社ワークハピネス代表取締役会長の吉村慎吾さんは社員に100%テレワーク・オンラインデリバリー...
2020/08/20掲載

関連する記事

「ジョブ型」というマジックワードから制度議論へ(リクルートワークス研究所)
「リモートワークは仕事の進捗が把握しづらいので、職務を詳細に定めたジョブ型制度を導入して成果を評価していくべきだ」。そんな記事を目にする機会が増えた。たしかにリ...
2020/10/09掲載HR調査・研究 厳選記事
酒場学習論【第10回】船橋「増やま」と人事制度設計のオリジナリティ
かつて私は、非常勤で代表をつとめていた千葉にある子会社のオフィスに、1週間から2週間に1日の割合で勤務していました。長時間の残業はありませんが、職場の仲間には一...
2020/07/15掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第9回】釜石「岬」と、会社は誰のもの?
ラグビーワールドカップの会場にもなった、釜石市の「鵜住居復興スタジアム」近くの海辺に一軒の旅館があります。名前は「宝来館」。ここの女将から、津波に襲われた際のお...
2020/06/18掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
職能資格制度

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...