企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
となりの人事部人事制度掲載日:2016/10/31

男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)[前編を読む]

株式会社ローソン 人事本部 人事企画 部長

山口 恭子さん

株式会社ローソン 山口恭子さん

男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。男性の育児休職と女性の活躍推進がどう結びつくのか、一瞬疑問を抱いてしまうところですが、同社人事企画部長・山口恭子さんは、「男性社員が圧倒的に多い会社の企業文化を変えるには、男性社員の意識改革が不可欠。イクメン促進はその原動力となる」と言います(前編参照)。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効果を社内にもたらしたのかを、詳しくうかがいました。イクメン支援を通じて企業の活性化を意図する人事担当者にとって、貴重なアドバイスとなるはずです。

Profile
山口 恭子さん
山口 恭子さん
株式会社ローソン 人事本部 人事企画 部長

やまぐち・やすこ●1993年4月 新卒で入社。店舗勤務後本社に異動。約1年の産休・育児休職取得後2001年復職し人事業務に従事。2012年から女性・外国籍社員・障がい者を中心としたダイバーシティ推進などを担当し、事業所内保育施設・障がい者雇用の特例子会社などを設立。2015年より人事本部 人事企画部長。特例子会社(株)ローソンウィルの取締役も兼任。

育児休職取得率8割強。男性の育児参加が社内の意識変革のきっかけに

 男性の育児休職取得促進に対する社員からの反応はいかがでしたか?

最初は管理職を中心に「男性が育休なんてありえない」という反応がありました。その「ありえない」を「どら焼きをもらえるなど、ローソンらしく、面白くていいんじゃないか」という風土に持っていけるように、できることはいろいろとやりましたね。その結果、男性の育児に対する関心が徐々に上がっていきました。それは数値を見ても顕著で、2013年度は育児休職の取得者および取得率は共にゼロでしたが、短期間育児休職制度を新設した2014年度は取得者23名・取得率16%、2015年度は取得者93名・取得率70%、2016年度は上期時点で取得率が85%。通期で取得者は100名を超えそうな勢いで、かなり浸透してきたと考えています。最近では、子供が生まれる前に育児休職のスケジュールを調整している社員もいるようです。

当社では「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、女性が活躍できる環境を実現するための行動計画を策定していますが、そこには男性社員の育児休職取得率を80%にすることも目標として記されています。女性活躍推進を掲げていても、当社が男性8割を超える会社なので、男性の意識が変わることに着手しなければ、女性がどんなに頑張っても会社の文化が変わらないと考えているからです。現在、85%まで来ているわけですから、数字には満足しています。もちろん制度があるからといっても、活用するかどうかは個人の事情によるので、絶対に100%でなければいけないとは思っていません。やりすぎると、無理が生まれかねませんからね。むしろ私は、育児休暇を取得した社員が満足してくれたかどうかを気にしています。それだけに、2015年度上期に取得者に対して行ったアンケートで、全員が「男性社員の育児休職を周囲に勧めたい」と回答してくれたことがうれしかったですね。

関心の高まりは、こうした数値以外でも実感できるようになってきました。例えば、当社は2014年7月29日にコンビニエンスストアとして初めて、事業所内保育施設「ハッピーローソン保育園」を開園したのですが、その事前説明会に驚くほど多くの男性社員が参加してくれたのです。どういう思いで参加したのかが気になって、何人かに聞いたところ、「妻が出産と同時に退職したので、保育園を利用できるかどうかを確認したかった」「パパ予備軍なので将来的なことではあるが、会社がどのような施策を行っているのかを知りたくて参加した」という声がありました。ハッピーローソン保育園のオープン後も、父親が送迎している姿が目立ちます。これも、短期間育児休職制度を導入した結果として、男性の育児参加が広がってきている一例と言えるのではないでしょうか。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

ユニバーサル ミュージック合同会社:
リアルとオンラインが共存する職場へ
ユニバーサル ミュージックが創るニューノーマルでの働き方
インターネットの発展にあわせて、社会は目まぐるしく変化しています。現金は電子マネーに、情報収集はテレビからSNSに、そして音楽はCDからストリーミングに……。世...
2020/11/19掲載
サトーホールディングス株式会社:
サトーホールディングスが実践する「あくなき創造」を実現するための組織づくり
自ら考え、行動し、変化を起こす人財を生み出す「三行提報」と「タレントマネジメント」
2020年10月に創業80周年を迎えたサトーホールディングス株式会社。ラベルやラベルプリンタの製造・販売、自動認識ソリューションなどを主力事業に、国内26都道府...
2020/10/14掲載
ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載

関連する記事

半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載人事白書 調査レポート
中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~
グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく変わろうとしている。企業もビジネスモデルの変革を余儀なくされているが、こうした環境の中にお...
2018/06/11掲載注目の記事
男性社員の育児休業取得率9割を実現
バリューを徹底し、社員を信頼することで急成長したメルカリ
フリマアプリ「メルカリ」のサービスを展開し、急成長している株式会社メルカリ。「バリューに基づく評価制度」や「積極的なリファラル採用」など、人事関連で先進的な取組...
2017/10/20掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。