企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事担当者157人に聞いた「メンタルヘルス対応の実際」

一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、メンタルヘルス対応に関して、企業の現場はどう変化しているのか、人事担当者はどういうことに悩んでいるのか、どんな点が課題なのかを浮き彫りにするため「メンタルヘルス対策“本音”アンケート」を実施。本記事では、その調査結果の中から「メンタルヘルス不調による休職者の有無、人数、増減傾向」「メンタルヘルス対応で苦慮した場面やケース」を中心に、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「メンタルヘルス対策“本音”アンケート」

1. 調査対象:『労政時報』定期購読者向けサイト「WEB労政時報」の登録者から抽出した人事労務・総務担当者5281人と、弊所で展開するセミナー「労政時報カレッジ」に参加いただきアンケートにご協力いただいた方16人の計5297人

2. 調査期間:2012年10月2日~11日

3. 調査方法:WEBによるアンケート

4. 集計対象:157人(1社1人)。今回のアンケートは300人以上の会社の回答が多いのが 特徴である

メンタルヘルス不調による休職者の有無

休職者がいる企業は84.7%

2012年9月時点でメンタルヘルス不調を理由に休職している社員が「いる」企業は、全体で84.7%に達しており、「いない」の15.3%を大きく上回りました。前回の10年調査(63.5%)と比較すると21.2ポイント増えています。

規模別に見ると、1000人以上98.4%、300~999人75.9%、300人未満66.7%というように、規模が大きいほど休職者の「いる」割合が高くなっています。

【図表1】メンタルヘルス不調を理由に休職している社員の有無(n=157)

【図表1】メンタルヘルス不調を理由に休職している社員の有無(n=157)

メンタルヘルス不調を理由とした休職者の人数

人数は1~2人に半数が集中している

メンタルヘルス不調を理由とした休職者のいる企業133社を対象に、具体的人数を集計しました。規模計の分布を見ると、「1人」が27.8%と約3 割を占めます。以下「2人」が22.6%、「3人」が6.0%と続き、「5人」で12.8%となっています。「1人」と「2人」の割合を足し上げると 50.4%となり、この階級に半数が集中しています。規模計の平均は8.5人です。なお、前回10年調査の平均(5.5人)と比較すると3.0人増えてい ます。

休職者の人数は企業規模によって幅広く分布しているため、平均を算出すると、より高いほうに引っ張られ、実感より高めの数値になってしまいます。そこで、全数値のちょうど真ん中に位置する「中位数」で見てみると、2.0人となりました。

規模別に見ると、1000人以上では平均が15.4人、中位数が5.0人で、休職者が「20人以上」という企業も15.9%に上ります。300~999人と300人未満の平均はともに2.3人となっています。規模の大きいほうで休職者数も多いことが分かります。

【図表2】2012年9月現在でメンタルヘルス不調のため休職している社員の人数

【図表2】2012年9月現在でメンタルヘルス不調のため休職している社員の人数

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第113回
「ストレスチェック」が義務化されて3年が経過
従業員のストレスへの気づきや対処の支援、職場環境の改善はどう進んだのか?(前編)
2015年12月に「労働安全衛生法」の一部が改正、「ストレスチェック」「面接指導」の実施などを義務付ける「ストレスチェック制度」が導入された。制度導入から3年以...
2019/10/03掲載人事マネジメント解体新書
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
有所見率は53.2%!〔平成26年〕ストレスチェックとの違いは?
健康診断での有所見者に対する対応
健康管理の基本は健康診断です。では、健康診断において“有所見”となった社員への対応はどのようにすべきでしょうか。受診勧奨のやり方とともに、健康診断にまつわる会社...
2016/07/11掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...