企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

職場における喫煙対策の実態

喫煙や受動喫煙が身体に及ぼす有害性についての知識の普及や健康志向の高まりなどから、公共の場での禁煙化が進んでいます。企業においても、職場環境面や社員の健康対策の観点から、喫煙対策に取り組むところが多くなっています。こうした中、民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「職場における喫煙対策に関するアンケート」を実施。本記事では、その中から喫煙対策や禁煙に関する意識啓発の実施状況、喫煙対策における今後の方針について、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「職場における喫煙対策に関するアンケート」

1. 調査対象:労務行政研究所ホームページ上で「労政時報クラブ」(現「WEB労政時報」)に登録いただいている民間企業から抽出した人事労務担当者5615人

2. 調査期間:2011年2月2~9日

3. 調査方法:ウェブによるアンケート(本アンケートは(株)マクロミルのアンケートシステムを使用)

4. 集計対象:前記調査対象のうち,有効回答541社(1社1人)

就業場所における喫煙対策の実施状況

過半数の企業が「喫煙室」を設置。「全館禁煙」も4社に1社

厚生労働省の「職場における受動喫煙防止対策に関する検討会」が2010年5月にまとめた報告書(以下「報告書」という。こちらからご覧いただけます)によると、職場における受動喫煙を防止するためには、タバコの煙に曝露(ばくろ)(さらされること)しない対策を講ずる必要があり、その方法として「全面禁煙または空間分煙とすることが必要」とされています。

そこでまず、就業場所における喫煙対策の実施状況を尋ねました。なお、本社・支社・工場・店舗等で異なる場合は、回答者が勤務している場所について回答いただきました。

今回のアンケートに回答のあった541社では、「就業場所については、特に喫煙対策を実施していない」はわずか3社(0.6%)にとどまり、ほとんどの企業が何らかの喫煙対策を行っている結果が得られました。

具体的には、「喫煙室(※)を設置している」が最も多く、回答企業全体の57.3%と過半数を占めています。「喫煙コーナー(※)を設置している」は25.1%、「換気等により、有害物質濃度を低くする等の措置をとっている」は18.7%でした(複数回答)。

(※)アンケートでは、「喫煙室」「喫煙コーナー」を以下のように定義した。 喫煙室…出入り口以外には非喫煙場所に対する開口面がほとんどない、喫煙のための独立した部屋。 喫煙コーナー…壁やついたて等で区画された、喫煙可能な区域。

さらに、25.7%と4社に1社が「全館禁煙としている(社屋内に喫煙可能な場所は設けていない)」と回答。「喫煙室の設置」は規模が大きいほうで、「全館禁煙」は反対に規模が小さいほうで多くなっています。

なお、「その他の喫煙対策を行っている」(6.7%)の内容は、“(全館禁煙で)ビルから離れたところに喫煙場所がある”“(喫煙室を設置したうえで)喫煙タイムを設けている”といったケースでした。

ちなみに、「就業場所については、特に喫煙対策を実施していない」と回答のあった3社にその理由を尋ねたところ、「喫煙室等を設けるスペースがないため」「社内の合意が得られないため」といった内容が挙げられました。

【図表1】就業場所における喫煙対策の実施状況(複数回答)]

【図表1】就業場所における喫煙対策の実施状況(複数回答)]

[注] 1. 本社・支社・工場・店舗等で異なる場合は、回答者が勤務している場所について回答いただいた。 2. 本アンケートでは、以下のように定義した。 喫煙室…出入り口以外には非喫煙場所に対する開口面がほとんどない、喫煙のための独立した部屋。 喫煙コーナー…壁やついたて等で区画された、喫煙可能な区域。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載

関連する記事

今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載人事・労務関連コラム
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
花王株式会社
健康づくりの本質は人材育成
ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは
厚生労働省や経済産業省の推奨もあり、健康配慮への取り組みを進める企業は増えていますが、なかでも際だって先進的と評価されるのが花王株式会社の「健康づくり事業」です...
2012/06/04掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
コラボヘルス
健康経営
分煙

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...