無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

転職と人脈
マネジャーが採用権限を持つ外資系企業などに見られる 転職した元上司に引っ張られての「転職」

「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密なケースもある。時には、上司が転職後、元の職場の部下を転職先に連れてきて再び一緒に仕事をする、といったケースも珍しくないようだ。

尊敬できる上司との出会い

『なお、これまでの転職はすべて引き抜き(人脈によるもの)です』

Aさんの職務経歴書にはそんな一文が書き添えられていた。これまでに外資系企業を4社経験しているが、その在籍期間は最初の1社を除くと平均して2年ほど。キャリアコンサルタントの目から見ても、年齢の割にやや転職回数が多く、在籍期間が短いことが気になった。「今までの転職はすべて請われての転職であって、自分はそれだけの市場価値のある人間です」と伝えたくて、Aさんは冒頭の一文をつけ加えたのだろう。

Photo

念のため、Aさんに転職相談で面談した際にこの文の意味するところを確認してみた。

「おっしゃる通りです。すべて1社目の会社で上司だった人に一緒にやらないかと誘われて転職したんです。ですから、人材紹介会社にお世話になるのも初めてなんです」

いかにも外資系経験者らしいスマートな雰囲気だが、話し方や物腰は丁寧なAさん。詳しく聞いてみると、やはりその上司にかなりほれ込んでいるようだった。

「経験豊富で非常に優秀な方でしてね。私も多くのことを学びました」

Aさんが最初の会社に勤めている時に、その上司が転職してきたのだという。一緒に仕事を進めていくうちに仕事観などが似ていることがわかり、何かとかわいがってくれた。ところが3年もしないうちに、その上司が再度転職してしまう。

「新しい上司の下で働きはじめたわけですが、どうしても以前のやり方と比較してしまう。ある時、思い立って今後のことも含めて元上司に相談に行きました」

すると話を聞いた元上司が、「だったらうちの会社に来ないか。ちょうど増員を考えていたし、もし君が来てくれるならぴったりだ」と誘ってくれたという。外資系企業の場合、各部署のマネジャーが採用権限を持っているケースも多い。

「うれしかったですね。人脈というのはこういう時に生きるのかと思いました」

それから上司が転職するたびにAさんも同じ会社に移り、そうこうしているうちに一緒に4社も経験することになったという。マーケティングのプロである上司はAさんが言う通り、おそらく非常に仕事のできる人物なのだろう。そうでなければキャリアップしながら何度も転職を繰り返せるわけがない。その仕事ぶりを目の当たりにして、「この人からもっと学びたい」と思ったというAさんの気持ちもまた、本物だったのだろう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
35歳限界説
Oターン
ジョブホッピング
嫁ブロック
カウンターオファー
リベンジ転職
リファレンスチェック
パラレルキャリア
キャリア権