企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

転職相談で「ガス抜き」する求職者

2014/4/7

異動の季節が過ぎる頃――

転職希望者が増える?

4月は入社の季節。街中で真新しいスーツを身にまとった若者たちを目にする機会が増える。自分が新人だった頃を思い出して初心にかえる人も多いことだろう。同時に期の変わり目でもある春は、組織変更や人事異動がもっとも多い時期でもある。新しい部署に慣れるまでには何かとストレスもたまりやすい。自分の希望とは違う部署に異動になった場合には、「このまま続けられるのだろうか」と悩むこともあるだろう。「いっそのこと転職してしまおうか」と、初めて人材紹介会社を訪ねる人も珍しくない。
(1/2ページ)

転職市場での価値が気になるのです

「自分の将来のキャリアを考えると、転職も選択肢の一つかもしれないと思ったのが、今回登録したきっかけです」

人材紹介会社では、転職相談の最初に「転職理由」を聞くことが多い。その人がどんなスタンスで相談(面談)に臨んでいるのかを確認するためだ。急いでいる人にはまず企業情報を見てもらうことを優先するし、そうでもない人には転職で何を実現したいのかを一緒に考えることが重要になる。Nさんは後者だった。

Photo

「私の会社は同業に比べるとどうも動きが遅いんです。企画を提案してもいろいろな部署の人が出てきて、調整がつかずに白紙になってしまう。これではいつまでたっても業界三位のままだと、よく同僚とも話をするんです」

Nさんが今働いている企業は、大手で歴史もあるので、その話はなんとなくイメージできる。そんな古い体質の大手企業に長く勤務していると、自分の「転職市場での価値」が上がらないのではないか――そんな心配が転職活動に踏み切った動機なのだという。


「では、新しい企業でスピード感のある仕事を希望されているということでしょうか?」

紹介先のイメージをつかむために、そんな質問を投げかけてみる。

「それも選択肢に入るかもしれませんね」

Nさんから「選択肢」という言葉が何度も出てくる。つまり今は「選択肢」をたくさん持っていたいのだろう。当然そこには「転職しない」という選択肢も含まれる。急いで転職したいわけではなく、いろいろな可能性を探りたいということだ。

このような人材の登録は決して珍しくない。というのも、紹介会社が「今すぐ転職するつもりはなくても、キャリア全般の相談に乗ります」とアピールしている場合が多いからだ。では、なぜすぐに転職する気のない人の相談に乗るのか。

一つには「紹介会社に登録したら、無理やり会社を紹介されて転職させられるのではないか」という利用者の警戒心を解くためだ。「転職する気がなくても構いませんよ」と言うことで問い合わせをしやすくしているのである。もう一つは「転職を急いでいない人の方が決まった時に大きい」というのもある。転職を急いでいない人は、今の会社でもある程度の仕事を任され、それに見合った年収を得ている場合が多い。多少時間がかかっても転職を成功させれば、採用した企業の満足度は高くなり、紹介料も十分に得られることになる。

そんなわけで、私もNさんの面談に粘り強く付き合っていた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. 縁さん 商社(専門) 東京都
昨年面接フェーズまでいった候補者に、やっと面接できお話を始めたところ、本人は如何に自分が今の会社で活躍し忙しくしているか、を熱く語り、どう見ても転職希望というより、自分はすごい、という自慢をしたかったのではないか?と思われる人がいました。この記事を読んで思わず彼を思いだしてしまいました。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
週末出勤や夜勤が前提の転職 社会を支える大事な仕事だが
残業が多い仕事や休日出勤が頻繁にある仕事だと言われたら、できるだけ避けたいと考えるのが、転職活動をしている人の本音だろう。では、もともと平日が休みで週末は出勤と...
2019/11/05掲載

関連する記事

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ ジョブ・カード制度 総合サイト

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...