企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

転職相談で「ガス抜き」する求職者
異動の季節が過ぎる頃―― 転職希望者が増える?

4月は入社の季節。街中で真新しいスーツを身にまとった若者たちを目にする機会が増える。自分が新人だった頃を思い出して初心にかえる人も多いことだろう。同時に期の変わり目でもある春は、組織変更や人事異動がもっとも多い時期でもある。新しい部署に慣れるまでには何かとストレスもたまりやすい。自分の希望とは違う部署に異動になった場合には、「このまま続けられるのだろうか」と悩むこともあるだろう。「いっそのこと転職してしまおうか」と、初めて人材紹介会社を訪ねる人も珍しくない。

転職市場での価値が気になるのです

「自分の将来のキャリアを考えると、転職も選択肢の一つかもしれないと思ったのが、今回登録したきっかけです」

人材紹介会社では、転職相談の最初に「転職理由」を聞くことが多い。その人がどんなスタンスで相談(面談)に臨んでいるのかを確認するためだ。急いでいる人にはまず企業情報を見てもらうことを優先するし、そうでもない人には転職で何を実現したいのかを一緒に考えることが重要になる。Nさんは後者だった。

「私の会社は同業に比べるとどうも動きが遅いんです。企画を提案してもいろいろな部署の人が出てきて、調整がつかずに白紙になってしまう。これではいつまでたっても業界三位のままだと、よく同僚とも話をするんです」

Nさんが今働いている企業は、大手で歴史もあるので、その話はなんとなくイメージできる。そんな古い体質の大手企業に長く勤務していると、自分の「転職市場での価値」が上がらないのではないか――そんな心配が転職活動に踏み切った動機なのだという。

「では、新しい企業でスピード感のある仕事を希望されているということでしょうか?」

紹介先のイメージをつかむために、そんな質問を投げかけてみる。

「それも選択肢に入るかもしれませんね」

Nさんから「選択肢」という言葉が何度も出てくる。つまり今は「選択肢」をたくさん持っていたいのだろう。当然そこには「転職しない」という選択肢も含まれる。急いで転職したいわけではなく、いろいろな可能性を探りたいということだ。

このような人材の登録は決して珍しくない。というのも、紹介会社が「今すぐ転職するつもりはなくても、キャリア全般の相談に乗ります」とアピールしている場合が多いからだ。では、なぜすぐに転職する気のない人の相談に乗るのか。

一つには「紹介会社に登録したら、無理やり会社を紹介されて転職させられるのではないか」という利用者の警戒心を解くためだ。「転職する気がなくても構いませんよ」と言うことで問い合わせをしやすくしているのである。もう一つは「転職を急いでいない人の方が決まった時に大きい」というのもある。転職を急いでいない人は、今の会社でもある程度の仕事を任され、それに見合った年収を得ている場合が多い。多少時間がかかっても転職を成功させれば、採用した企業の満足度は高くなり、紹介料も十分に得られることになる。

そんなわけで、私もNさんの面談に粘り強く付き合っていた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2014/04/08

昨年面接フェーズまでいった候補者に、やっと面接できお話を始めたところ、本人は如何に自分が今の会社で活躍し忙しくしているか、を熱く語り、どう見ても転職希望というより、自分はすごい、という自慢をしたかったのではないか?と思われる人がいました。この記事を読んで思わず彼を思いだしてしまいました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載

関連する記事

中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...