企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

カギは「トップと現場の共創」と「仕掛けづくり」にあり
クリエイティビティが高まるオフィス空間づくりとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
稲水伸行さん(東京大学大学院 経済学研究科 准教授)

国を挙げての推進もあり、多くの企業が本腰を入れている「働き方改革」。具体的な取り組みを見ると、有給休暇の取得や残業時間の削減、作業の効率化など、「人の作業をどうするか」に注力するケースが多いことがわかります。しかし、「働く環境」が生産性に影響を与えている部分もきっと大きいはず。近年、快適なオフィス空間への関心が高まっていますが、ワークスペースとビジネスパーソンのクリエイティビティにはどのような関係性があるのでしょうか。日本の職場環境に詳しい東京大学大学院 経済学研究科 准教授の稲水伸行先生に、最近話題の「ABW(Activity Based Working)」を中心に、次世代型オフィスにより期待できる効果と導入時の注意点についてお話をうかがいました。

Profile
稲水 伸行(いなみず・のぶゆき)さん
東京大学大学院 経済学研究科 准教授

東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員、同特任助教、筑波大学ビジネスサイエンス系准教授を経て、2016年より現職。著書に『流動化する組織の意思決定』など。

パフォーマンスの最大化だけでなく採用効果も

ここ数年、フリーアドレスやABW(Activity Based Working)など、新しいオフィスの在り方が注目されています。

かつて日本企業の執務スペースは、机が向かい合ったおなじみの“対向島型”など、部署やチームごとに座席が固定され、作業のほとんどを自席で行うことが一般的でした。それに対して、フリーアドレスは座席を固定しない仕組みで、各自が座る場所を選ぶことができます。

稲水伸行さん(東京大学大学院 経済学研究科 准教授)

フリーアドレスは1980年代の半ばに日本で生まれましたが、当初はスペースの節約を目的に、オフィスワークの時間が限られている営業職などで採用するケースが主流でした。しかし、現在は人と人との交流など、コミュニケーションの活性化を狙ってフリーアドレスを取り入れる企業が増えています。

近年注目を集めるABWは、簡単に説明すると「仕事の内容にふさわしい場所で作業する」という概念です。オフィスの場合、ブレストなら周囲を巻き込める壁のないオープンスペース、少人数のミーティングならファミリーレストランにあるようなソファ席、一人で作業に集中したいなら防音設備のある個室といったように、狙いに応じた空間を選択することでパフォーマンスの最大化を図ります。ABWは、欧米で先行して導入の動きがあり、日本でも2014年頃から徐々に広まりつつあります。

フリーアドレスとABWの違いが、よく分からないという人もいます。

現在の文脈で言うと、フリーアドレスはABWを実践する手段の一つと言えます。2000年代半ばにフリーアドレスブームが訪れましたが、今振り返ると明らかな失敗でした。これまでの島型オフィスの延長上で、席だけ「ご自由にどうぞ」としてしまったからです。従業員はどうすれば良いのかわからず、結局毎日同じ場所に座ったり、同じチームのメンバーで固まったりと、期待する効果が得られなかった企業が多かったのです。

ABWは“仕事内容に合わせて席を選びましょう”という考えですから、「席を固定させない=フリーアドレス」へとつながってくるわけです。

そもそもオフィス空間とビジネスパーソンや組織の間には、どのような関係があるのでしょう。

オフィスの環境によって集中力が高まったり、会議で議論が活発になったりするなど、働く人の気持ちや態度に影響する、ひいては組織の在り方につながってくることは、おそらく皆さんも感覚的に理解できるでしょう。しかし、私も企業と共同でいろいろな調査を行っていますが、残念ながら現時点では決定的な統計や研究があるわけではありません。

生産性の向上、組織活性化はいろいろな要素が複雑に絡み合っています。環境の影響を本格的に調べるとなると、オフィスでの人の行動や感情の動きを細かく計測する必要もあります。近年はオフィスのセキュリティーが厳しく、プライバシーへの配慮も欠かせません。そうした背景を踏まえると、空間による効果だけを抽出して定量的に調査することはとても難しいのです。

それでも多くの企業が、次世代型オフィスの導入に関心を示しています。

「ICT(情報通信技術)」の発達が大きいと思います。たとえばネットワーク環境を考えると、10年ほど前まではLANケーブルが欠かせませんでしたが、現在はWi-Fiが当たり前になって、行動の制約がなくなりました。ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどのデバイスもハイスペックなものが持ち歩けるようになり、情報のペーパーレス化やクラウドの進化なども大きく影響しているはずです。

また、近年は採用戦略の一つとして、先進的なオフィスを取り入れる企業も増えています。企業のイメージアップにつながるからです。例えば、学生がインターンでオフィスを訪れたとき、旧態依然とした空間で黙々と作業しているよりも、きれいなカフェスペースで明るく活発に議論している企業のほうが良い印象を持つでしょう。

また、IT系企業では、エンジニアの獲得競争が過熱化しています。都内の一等地にあるIT系企業の方は、「良い立地やオフィスのリノベーションは、採用のための投資だと考えている」と話していました。優秀な人材を一人獲得できるだけで売上がかなり変わってくること、また優秀な人材を自社に確保するためのリテンションの観点からも、オフィスへの投資は妥当なのだそうです。少し前ならオフィスはコストと捉えられていたことを思うと、価値観が大きく変化していることを感じます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
島津明人さん~「ワーク・エンゲイジメント」―組織を元気にする“攻め”のメンヘル対策
“限られた人材で最大の成果を上げなければならない職場”にこそ、組織を活性化する“攻め”のメンタルヘルス対策が必要と指摘する島津准教授。メンタルヘルスの新概念――...
2011/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
住友スリーエム株式会社
「ダイバシティ」を実現するための条件
グローバルな競争が激しくなるなか、企業が勝ち残っていくためには、性別や年齢、人種や信仰などにこだわらず、優秀な人材を採用し、活用していかなければならない。その際...
2007/08/06掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
休み方改革
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...