企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事白書調査レポート2020 働き方
新型コロナウイルス感染症に対し、
半数以上の企業が働き方の変更や、対策範囲・時期の判断に課題を感じている

6割前後の企業が「時差出勤」と「ウェブ会議や電話会議の導入・推奨」を講じる

新型コロナウイルス感染症にどのような措置を講じたかを聞きました。3月中旬~4月上旬調査時点での数字となりますが、多かったのは、「時差出勤」(65.4%)と「ウェブ会議や電話会議の導入・推奨」(59.0%)。いずれも6割前後の企業が導入していました。以下はかなり差があいて「既にあるテレワーク制度を推進した」(31.2%)、「年次有給休暇の取得促進」(30.1%)、「制度がなかったため緊急でテレワーク制度を設置した」(21.4%)という結果になっています。

また、「時差出勤」と「ウェブ会議や電話会議の導入・推奨」は、従業員数が多い企業の方が導入されている傾向がありました。「その他」の措置としては、「手洗い奨励、消毒薬の増設」「不要・不急な他社への外出・出張をしない、接待を含めた社外者との飲食禁止」「任意出社」「出張自粛」などの回答が寄せられています。

■新型コロナウイルス感染症に関して、講じた措置

新型コロナウイルス感染症に関して、講じた措置

半数以上の企業が、判断時期や働き方の変更を課題として挙げる

新型コロナウイルス感染症に関し、どのような課題が生じているかをたずねたところ、回答が多かったのは、「どこまで・いつまで対策を講じるべきかの判断に迷う」(71.1%)と、「業務の性質により働き方の変更(リモートワーク・時差出勤・休業や時短など)が困難な労働者への対策が難しかった」(51.0%)でした。いずれも5割以上の企業が挙げています。程度の差はあるものの、判断時期や働き方の変更を課題とする企業が多いことがわかります。

また「その他」には「マスク等備蓄増が品薄で見込めない」「感染者が実際に発生した際の対応が不明瞭」「部門により対応の温度差がある」「営業していることへのクレーム増加」などの課題が寄せられました。

■新型コロナウイルス感染症対策に関する課題

新型コロナウイルス感染症対策に関する課題

『日本の人事部 人事白書2020』は7月発刊予定。ご購入予約はこちらから。

【調査概要】
実施時期2020年3月16日~4月10日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,620社、4,783人(のべ)
質問数168問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/
7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2020』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった2
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ2
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2020/06/04

 

キングペンギンさんが参考になったでオススメしました
東京都 HRビジネス 2020/05/24

 

2件中 1~2件を表示
  • 1

人事白書 調査レポートのバックナンバー

HRテクノロジー導入は人事部門主導が50%
人材の育成・配置には課題も
HRテクノロジー導入企業に導入背景を聞いたところ、最も多かったのが「人事部門が主導で進めた」が50.0%でした。ただし、人材の育成・配置までの対応に至っていない...
2020/09/15掲載
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載
半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載

関連する記事

今からできるBCP(事業継続計画)策定と準備しておきたいツール
~平時からの取り組みが「非常事態に強い」企業をつくる
今、BCP(事業継続計画)の重要性をあらためて見直す動きが活発化しています。自然災害や感染症といった非常事態でも事業を継続するには、行動計画の策定と日頃からの備...
2020/07/22掲載人事支援サービスの傾向と選び方
テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
酒場学習論【第7回】 素晴らしい酒場たちと「レジリエンス」
今年の正月に、今の世界を想像できた人はいるでしょうか。現実は人間の想像を超えます。まさに世界史的出来事の真っただ中に私たちはいるのです。そして、愛すべき酒場の皆...
2020/04/17掲載編集部注目レポート
95.2%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、戦略人事として活動できている企業はわずか25.8%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。現在の人事部門は、経営と連動する戦略人事の重要性を強く認識しているが、その認識と実態は大きく乖離して...
2016/07/04掲載人事白書 調査レポート
【用語解説 人事キーワード】
内部通報制度
戦略人事
モバイルワーク

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...