企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

職場のメンタルヘルス最前線
増加する“新型うつ病社員”への対処法 (5/5ページ)

オフィスプリズム/臨床心理士・社会保険労務士 涌井美和子

6.コミュニケーションのヒント

対応に苦慮するケースの場合、担当者が彼らに振り回されているうちに疲弊し、うんざりした気分になっていることも少なくないでしょう。しかし、このようなネガティブな感情に敏感に反応するのも彼ら彼女らの特徴の1つですので、問題がさらにこじれないよう充分に配慮する必要があります。

人のコミュニケーションにおいては、言葉そのものが相手に伝える内容はわずか約7%、残りはボディ・ランゲージと声のトーンで、それぞれ55%、38%と言われています。つまり、うんざりしたネガティブな感情を抱えていると、知らず知らずのうちに相手に伝わってしまうのです。

より良いコミュニケーションのためには、担当者がまず自分の気持ちの整理をしてから臨むこと、感情と行動の不一致に気をつけること、などがポイントになるでしょう。

7.社会や企業の問題でもある

「新型うつ病」と呼ばれるケースが増えてきた背景には、性格形成や精神的な発達の過程でつまずいていたり、不幸な家庭環境で育っていたり(物質面では恵まれていても精神的な暴力を受けてきた人も少なくありません)、葛藤経験が少なく精神的に未熟な人が増えてきたことと無関係ではないでしょう。

しかし一方で、商品を偽装して消費者をだます企業や、二重派遣に象徴されるような、労働力の搾取に対して何も感じない自己中心的な企業が増えたことも、無関係ではないと筆者は考えます。社会規範や倫理観が弱くなり、ずるく上手に立ち回った者ばかり利を得る社会であれば、自分を見失ったり、自分の殻に閉じこもったり、はみ出ようとする者がいても不思議ではないでしょう。

人と人との関係は「鏡」だと言う人もいます。つまり、相手に問題があるのは必ずしも相手の問題ばかりではなく、自分の反応を映し出している部分があるというのです。「新型うつ病」の出現は、社会や企業の問題を映し出す「鏡」なのかもしれません。

【 参考文献 】
  • 笠原嘉「軽症うつ病」講談社現代新書
  • 貝谷久宣「気まぐれ『うつ』病」ちくま新書
  • 「職場のうつ」アエラムック
  • 香山リカ「仕事中だけ《うつ病》になる人たち」講談社
  • 石井妙子「『問題社員』対応の法律実務」日本経団連出版
  • 「DSM-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引」医学書院
  • Marilyn Pincus:Managing Difficult People,adamsmedia,2002.

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想5
オススメ5
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2012/08/28

新型うつ病も結局は真面目な人がなりやすい、という所がちょっと驚きでした。しかし、実際今休職中のスタッフはそれにあたるのかもしれません。復職後の対応に参考になりました。

*****さんがその他の感想でオススメしました
2012/07/20

同僚に症例と同じ方が居たので、理解の参考になりました。
新型鬱病というのは仕事を一方的に与える会社側の責任という印象があります。
適切な納期で、残業を極力少なくという努力を怠っている企業に多いのではないでしょうか?
私はNo.1のコメント(引用してごめんなさい)の方が言っている"会社のためになるのか"という言葉が非常に気になりました。
修羅場は極力減らすのが管理する側の仕事で、仕事も残業前提のスケジュールで組んでいる現状はおかしいと思います。
景気が悪いことを理由に、適切なリソースも与えずに仕事をさせているのでは人は折れますよ。
"会社のために生きる力を出し切らせる"という考え方には到底同意できません。
人材を疲弊させて、"劣化"させているのは企業の側ではないでしょうか?

*****さんがその他の感想でオススメしました
2012/04/02

わが職場にも一人おり、対処方法は大いに参考になりました。
新型うつ病は、日本の人材劣化のサインではないかとも思います。無理はしなくともいいのですが、どんな仕事でも修羅場に出会う場面は出てくると思うのですがそれを病気ということで一旦離れることが果たして社会のため、会社のため、本人のためになるのか(当然病気だからまずは治療して回復することが必要であり、仕方のないことですが)。人間として必要な「生きる力」が日本人に徐々になくなりつつあるのかなと感じます

*****さんがその他の感想でオススメしました
2011/12/20

未だこのようなケースは出ていないが,今後の参考になると思う。

Eiji Kawakamiさんがその他の感想でオススメしました
東京都 フードサービス 2011/10/26

非常に役に立ちました。従来型うつと新型うつについての相違、また対応方法も明快で、読んでいてすぐに実践できそうに感じました。社会、会社のせいと他罰的な人材が多いのも事実ですが、彼らも貴重な戦力になると信じて、対応していく元気が湧きました。

5件中 1~5件を表示
  • 1

人事・労務関連コラムのバックナンバー

今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載
五輪、災害対策で需要急増!ボランティア休暇制度 導入の手順と留意点
多発する災害や五輪でのボランティア需要などから、ボランティア休暇制度の導入を検討する企業の増加が見込まれます。今回は、ボランティア休暇制度を導入する場合の手順と...
2019/11/22掲載

関連する記事

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
「社外からの 社外への」×「セクハラ パワハラ」対応策
職務上や取引上の優位な立場を悪用して、相手に身体的・精神的苦痛を 与える社外セクハラ・パワハラ。商取引上の違法性などを鑑み、社内で起きた 場合とは違った視点での...
2018/11/08掲載人事・労務関連コラム
働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは
2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査結果によると、過去3年間にうつ病などメンタルヘルスの不調を理由に休職制度を利用した社員の退...
2016/05/23掲載注目の記事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...