企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パート・アルバイト定着の第一歩

古橋 孝美(ふるはし たかみ)

3月から4月にかけては、生活の変化(異動・転勤・卒業など)に伴い、人が入れ替わる時期でもあります。新しいスタッフを迎え入れる企業も多いのではないでしょうか。

新しい環境に足を踏み出すときに“不安”はつきもの。それは、パート・アルバイトとして働く人々も例外ではありません。「たかがパート・アルバイト」といって適切なフォローを行わなければ、あっさり退職などということも……。そういった損失を避けるために、企業側はどのような手を打てばいいのでしょうか。

毎年発行している『パートタイマー白書』では、パート・アルバイトの雇用管理や戦力化の課題について考え、提案しています。『平成21年版パートタイマー白書』では、パート・アルバイトで働く方に対し、「現在の職場に入社した際に不安を感じたか」を聞いています。結果は、71.6%が「不安を感じた」「ある程度不安を感じた」と回答しました。

■入社時に不安を感じたか

図表 入社時に不安を感じたか

さらに、具体的にどんな不安なのかを聞くと、下記のような回答がありました。

1.「仕事に慣れることができるか」75.8%
2.「職場になじむことができるか」68.4%
3.「具体的にどのような内容の仕事をするのか」41.5%
4.「店長や正社員はいい人か」39.5%

具体的業務や職場への適応について、多くの人が不安を感じている様子がうかがえます。もしもこれらの不安が払拭されないまま業務に就いた場合、その延長から職場への不信・不満が蓄積していくであろうことは、想像に難くありません。そして、職場への不信・不満は、“退職”にもつながります。

■入社時にどのようなことを不安に感じたか(複数回答)

図表 入社時にどのようなことを不安に感じたか(複数回答)

では、企業側はそんな新人パート・アルバイトたちの不安を軽減するために、どのように対応すればいいのでしょうか。

前述の『平成21年版 パートタイマー白書』では、企業に「新規入社のパート・アルバイトが早く職場になじむために何か工夫をしているか」を聞いています。すると、「工夫をしている」という企業は42.4%に留まり、「工夫をしていない」と回答した企業が44.9%、「わからない」と回答した企業が12.7%となり、6割近い企業が特に何も行っていないという結果になりました。

■新規入社のパート・アルバイトが早く職場になじむために何か工夫しているか

図表 新規入社のパート・アルバイトが早く職場になじむために何か工夫しているか

一方、「工夫をしている」と回答した企業に対し、具体的な内容を聞くと、下記のような回答がありました。

1.「勤務中は積極的に声をかける」59.8%
2.「業務説明やオペレーションの指導など導入教育を行う」50.8%
3.「新規入社のパート・アルバイトが来ることを既存スタッフへ周知徹底しておく」44.2%
4.「休憩時間などはコミュニケーションを積極的にとる」43.9%
5.「勤務中は積極的に声をかけるように既存スタッフに意識付けをする」42.2%

■パート・アルバイトが早く職場になじむための施策の内容(複数回答)

図表 パート・アルバイトが早く職場になじむための施策の内容(複数回答)

各社とも、何か特別なイベントを催したり、手の込んだ施策を行っているわけではありません。ただ、“声かけ”や“ちょっとした配慮”など、新人パート・アルバイトに対して積極的にコミュニケーションを取ろうという姿勢を持っていることがうかがえます。人は、他人から「あなたを気にしている」「あなたに関心がある」というサインを示されると、承認欲求が満たされ肯定感や自信が生まれると言います。「新しい職場で迎え入れられた」という安心感に満たされた状態で勤務をスタートするのとそうでないのとでは、今後のモチベーションのあり方も違ってくるのではないでしょうか。

また、業務説明などの導入教育を行うことは、パート・アルバイトが挙げていた“具体的な業務への不安”を軽減することにつながります。そして、業務の進め方だけではなく、その業務の意味や役割、さらには、自社の社会での在り方・理念などについても併せて教育することで、彼らの帰属意識や愛社精神を育むことが可能です。

最近は、新規求人倍率が上昇の傾向を見せています(2013年2月:2.06倍 → 2014年2月:2.41倍)。働く側にしてみれば、企業を“選べる”状況です。また、景気回復が進めば、人材の獲得がより難しくなるでしょう。経費と労力をかけて採用したパート・アルバイトには、自社の戦力として成長してもらわなければなりません。それにはまず、入社したての新人パート・アルバイトの気持ちを理解し、スムーズに仕事・職場に溶け込める工夫を施すことが重要です。

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズム検索

アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。 パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所

●文/古橋 孝美(ふるはし たかみ)
2007年、株式会社アイデム入社。求人広告の営業職として、人事・採用担当者に採用活動の提案を行う。2008年、同社人と仕事研究所に異動し、毎年パートタイマー白書の企画・調査・発行をトータルで手がける。2012年、新卒採用・就職活動に関する調査等のプロジェクトを立ち上げ、年間約15本の調査の企画・進行管理を行う。2015年出産に伴い休職、2016年復職。引き続き、雇用の現状や今後の課題について調査を進める一方、Webサイトの記事・コンテンツ制作、顧客向け販促資料などの編集業務も行っている。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定...
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
女の敵は女!? 時短 vs フルタイム
共働き世帯が増え、法整備もすすみ、以前に比べれば出産を経て職場復帰がしやすい環境となりました。しかし、実際にはまだまだ問題は多いようで――。短時間勤務者とフルタ...
2017/05/08掲載新卒・パート/アルバイト調査
パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制...
2014/10/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
「認めとやる気」
~働きぶりを評価して、きちんと相手に伝えよう~
働きぶりを評価して、これを賃金に反映させる「評価制度」の導入が、モチベーションや定着率の向上に有効であることは、過去のパートタイマー白書の調査結果に表れています...
2014/09/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材確保のために他社より高い採用時の賃金設定はどこまで有効か?
パート・アルバイトの人件費が「割高になった」要因の一つとして、人材確保のために他社より高い採用時の賃金設定をすることが挙げられています。これは企業にとって、果た...
2014/06/02掲載新卒・パート/アルバイト調査
【用語解説 人事キーワード】
コンプレストワークウィーク

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...