企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社内緊急連絡網の作成

特に休日の非常時、災害時に備え社内緊急連絡網を作成しようと考えております。各社員の自宅の電話番号と携帯の電話番号を載せることになりますが、このこと自体は個人情報保護法等に抵触しないでしょうか。また、電話番号を載せることを拒否する社員がいた場合の対処の仕方を併せてアドバイス戴ければ幸いです。

投稿日:2006/10/03 10:03 ID:QA-0006207

morinoさん
神奈川県/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

本件の場合、社内規定に個人情報取り扱いに関する規定があり、かつその該当する利用目的が示されていれば問題は無いと思います。

そのような規定が無い場合ですが、「社内緊急連絡網」の必要性が会社運営上どこまで認められるかにもかかってきます。
通常会社について重要な連絡については会社→管理職(上司)→一般社員(部下)という順で行われるでしょうが、そういった方法以外の対応をとらざるを得ない緊急の場合とはどういうものか、さらにはその場合においてこうした多数の個人情報を掲載したものを使わなければならないものなのか等について社で検討の上、社員にも説明し理解を求めるべきではないでしょうか。
合理性があれば強制も可能でしょうが、本件の場合は内容的に微妙ともいえます。

基本的には社内名簿と同様に慎重な取り扱いをする方がトラブル回避の為好ましいといえるでしょう。

投稿日:2006/10/03 11:27 ID:QA-0006210

相談者より

 

投稿日:2006/10/03 11:27 ID:QA-0032571大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣社員を連絡網に組み込むことについて
いつも参考にさせていただいております。 当社では災害に備え、緊急連絡網を作成しています。 社員でない派遣社員を緊急連絡網に組み込み、有事の際(契約時間外)、連絡網に沿って連絡するよう指示することはできますか?
緊急連絡網
いつも大変お世話になっております。 毎年期首に社員の緊急連絡網を配布しております。 その中にある情報は以下の通りです。 1.携帯番号 2.自宅の電話番号(電話がある人のみ) 3・携帯メールアドレス エクセルで作成し、メールに添付。 全員に開示の旨は承諾を得てますが、上記を行なうにあたり 注意...
電話勧誘の際の対処策について
毎々お世話になります。最近、勤務時間中に弊社社員宛に電話による勧誘(マンション経営、先物取引等々)がしばしば発生しているのを確認しています。電話を受けた者は、全く関心がない事を伝え、電話を切ろうとしても相手は一方的に話を続け電話切らせて貰えません。一方的に電話を切って相手から言いがかりをつけられても...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 転職活動と電話
    ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくない。人材紹介においてこの状況は、色々と困ったことを引き起こしている――。
  • 中途採用の「実務」【4】事前準備
    中途採用を行うにあたり必要な事前準備(ツール準備、担当者設置・社内広報、応募対応・連絡)を、項目別に詳しく解説する。
  • 人材採用“ウラ”“オモテ”  企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係 ~「電話での転職相談」増加中~
    求職者の職務経歴や、転職にあたっての希望などを聞く「転職相談」は、人材紹介会社と転職希望者が接点を持つ機会であり、転職を成功させるために欠かせない意思共有の場。ところが、その転職相談に、少しずつ変化が見えはじめている。「できれば電話などで済ませてほしい」といった声が増えているのだ。しかし、転職希望者...
あわせて読みたいキーワード
つながらない権利
「つながらない権利」とは、労働者が勤務時間外や休日に仕事上のメールなどへの対応を拒否できる権利のことです。2016年5月、フランスにおける労働法改正の一環として、すべての被雇用者に対し勤務時間外の業務連絡の電話や電子メールからの解放を保障する新法が成立し、今年1月から施行されました。海外メディアなど...
個人情報保護法
現代社会において情報は重要な資源です。情報を得ることでさまざまなビジネスチャンスにつながるため、多くの企業が個人情報の獲得を目指しています。そのなかで、個人情報の漏えいなど情報管理に関する問題を頻繁に耳にするようになりました。企業としても、個人情報が外部に流出すると多大な損害を被る可能性があります。...
ビジネスマナー
「ビジネスマナー」とは、社会人が企業で働く上で必要とされるマナーの総称のこと。一言でビジネスマナーといっても、カバーする領域は幅広く、身だしなみや服装、挨拶・言葉遣い・名刺の渡し方といった社会人としての最低限のマナーから、電話対応・ビジネス文書の作成など、仕事をする上で習得しておくべきビジネススキル...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。