企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

顧客の人材開発課題に的確に応える
「キャリア開発支援ナンバーワン企業」を宣言

株式会社日本マンパワー

加藤智明さん

「キャリア開発支援」は「イノベーション」の源となる

 現在の「教育研修業界」「人材サービス業界」について、どのような課題があると思いますか。

業界内の企業の数が、非常に多いと思います。特に、教育研修業界で顕著です。そのため、規模の小さな企業では、必要以上に安売りをするケースが少なくありません。一方で、お客さまは定期的に、継続的に研修を実施するためにも、安心感・安定感を求めて大手の研修会社に依頼する傾向があります。ですから、規模の小さな企業は値段を下げるような対応ではなく、品質や独自性を前面に打ち出していかないことには大きく成長することができません。これができないとなると、今後、業界の再編成が進んでいくように思います。

 企業の人事・教育部門については、どのようなことをお感じになっていますか。

加藤智明さん インタビュー photo

企業を取り巻く環境変化が激しくなる中、企業の経営戦略を実現するための人材戦略の重要性は、高まっています。そうなると、今以上に企業の人事・教育部門としての高い専門性や新たな発想力が求められます。専門性という意味では、企業の人事・教育部門の担当者の方々が、当社のキャリアカウンセラー(CDA)養成講座で、対人支援の専門性を身に付け、キャリアについての理解を深めていただいていることは、非常に良いことだと感じています。また、最近はITを活用した新しいコンセプトの学習方法や、ミュージカルのエッセンスを活用した研修など、今までにない教育技法にも注目が集まっています。これからの人事・教育部門はそういった新たな試みに対しても、常にアンテナを立てて、チャレンジしていただきたいと思います。

 そうした中で、キャリア開発支援には、どのような意味があるのでしょうか。

キャリア開発支援は、単に個人が将来ありたい姿を考えることで終わってはなりません。今、企業のトップの最大の関心事は「グローバル」と「イノベーション」です。トップマネジメントの方に対しては、キャリア開発支援は「イノベーション」を創出する源になると捉えていただきたいと思います。

では、これを「MUST・CAN・WILL」の関係を使って説明しましょう。まずMUST(やるべきこと)は、組織の必達目標(コミットメント)で、CAN(できること)は社員の専門能力、そしてWILL(やりたいこと)は社員の望んでいる仕事です。「能力開発」とは、これら一つひとつの輪を大きくするために行う研修によって実現されるものです。当社では、この三つの輪が重なる部分を大きくすること(MUST・CAN・WILLの重複面積の最大化)を、キャリアカウンセリングを含め「キャリア開発支援」と呼んでいます。

三つの輪の重なる面積が大きい状態は、社員が専門性を発揮しながらモチベーションや生産性が高い状態で組織に貢献することを意味します。社員はワクワク・イキイキしながら働くことができていますので、知的想像力も刺激され、イノベーション創出の源が個人や組織に現れてくることが期待できるのです。ところが、MUST・CAN・WILLの三つの輪の重なりが非常に小さい状態では、社員はイライラしながら仕事をしている状態。モチベーションは低く、組織の生産性も低く、期待する成果は出ません。

つまり、キャリア開発研修は個人の将来ビジョンを作るだけではなく、イノベーションの源を創出させる仕掛け作りなのだということです。まだまだこのようなキャリア開発の考え方が、人事・教育部門の方にあまり理解されていないように思います。

 その点からも、人事・教育部門の方がCDAの勉強をしながら、キャリア開発支援の目的を理解することは、とても意味があるように感じます。では、貴社の今後の展望をお聞かせください。

政府が、労働施策の柱の一つとしてキャリア・コンサルティングの整備を打ち出したわけですが、現代社会では「生きること」と「働くこと」が重なり合う部分が大きくなっているからです。そのために必要なのがキャリア開発支援なのです。この点において、国が民間企業で先駆的に取り組んでいるキャリア・コンサルティングの成功事例を基に、キャリア形成支援の仕組みのコンセプトを明確にして、体系的に施策に取り入れてきています。昨年には、企業内キャリア・コンサルタントに向けた、当社独自の学びとネットワーキングの場「企業内キャリア・コンサルタントの寺子屋」を誕生させました。そのような動きを通じて、日本におけるキャリア・コンサルティングの発展にさらに寄与していきたいと考えています。

働く人、一人ひとりの可能性を最大限に発揮できるようにして、組織の生産性を向上させることが、これからのキャリア開発支援の大きな目的となります。そうした点からも、今後、キャリアカウンセリングを含め、キャリア開発の研修プログラムは企業の「人事教育システムのOS」になっていくと考えています。その上に様々な目的別の研修がアプリケーションとして動いていきます。

 最後に、人材サービス業界に携わる皆さまや後に続く若い方々にメッセージをお願いします。

ライフキャリアの視点から、メッセージを伝えたいと思います。人は誰でも「もっと大きな幸せを手に入れたい」と思いますが、この考え方ではきりがなく、幸せになるのは難しいと思います。幸せとは、何かを追い求めたり、誰かと比べたり、何かと比較したりすることではなく、「今ある幸せに気づくこと」ではないかと、私自身、最近思うようになってきました。このように幸せを思うことによって、いつでも、いつまでも幸せを感じることができ、自分の人生が充実し、面白くなっていきます。また、何と言っても、このように思うことにより「楽しい、明るい家庭を作る」ことができるのではないでしょうか。私生活が充実せず、自分を不幸せと思う人で、仕事がうまくいっている人などいないと思うのです。

加藤智明さん インタビュー photo

(2015年6月25日 東京・千代田区・日本マンパワー本社にて)

社名株式会社日本マンパワー
本社所在地東京都千代田区神田東松下町47-1
事業内容企業向け教育・研修
通信教育・通学講座
キャリアカウンセリング
人材評価
再就職支援
人材紹介
ジョブカフェ等就業支援
設立1967年9月

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

秋好陽介さん(ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO):
「スマート経営」を推進し、日本企業の可能性を拡げる
クラウドソーシングが生み出す、理想的な未来の働き方
「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンを掲げ、日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト「Lancers」を提供することで、業界を...
2020/06/19掲載
荻原 英人さん(ピースマインド株式会社 代表取締役社長):
一人ひとりに向き合うメンタルケアで「はたらくをよくする®」
創業22年目の今、働く人にとって一番頼れる存在へ
事業者に従業員のストレスチェックを義務づける改正労働安全衛生法が施行されたのが2015年。それ以来、心の健康も含めた「健康経営」への関心が高まっています。こうし...
2020/05/21掲載
羽生 崇一郎さん(エムスリーキャリア株式会社 代表取締役):
仕事への原動力は一貫して「好奇心」
今は日本の医療に人材という観点から向きあう
日本社会の少子高齢化とともに、医療に対する需要も急速に変化しつつあります。さまざまなニーズに対応できる医療提供体制をスムーズに整えるには、医師や看護師、薬剤師な...
2020/02/21掲載

関連する記事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...